陳皮(チンピ)みかんの皮はがん予防に効果的!驚きの使い方とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

みかんの皮 漢方 生薬

2月11日のテレビ番組「ジョブチューン」で
“がん予防になるみかんの皮で作る漢方!陳皮”というテーマで
陳皮が取り上げられ、その素晴らしいパワーが紹介されました~。

かくれ陳皮ファンだった私にとっては、
「よくぞ紹介いただいた!」ととてもうれしい気持ちになりました( ;∀;)

冬は毎日1~2個のみかんを、こたつで美味しく食べて
残った皮も捨てずに超カンタンに「漢方薬」をお家で作っちゃいましょう♪

スポンサーリンク

チンピは漢方薬!みかんの皮は捨てないで

中国語:陳皮(チェンピ)
英語:Chenpi/dried citrus peel

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~

《かんぽう薬膳的な視点からとらえる主な働きや特性と効能》

気を巡らせ「脾」の働きを助けるので食欲不振、ストレスに

五性は温性なので胃腸をあたため新陳代謝アップ&デトックス効果

五味・・「苦」「辛」
五性・・「温」

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~

陳皮とは、みかんの皮を乾燥させた、漢方では昔から重宝されている生薬の一種です。

気の巡りをよくしてくれるので、お腹のはりや食欲不振、吐き気やつわりのストレス
また代謝を良くしてデトックスに効果的とされてきました。

現代においては、科学的にもその通りの効果が証明されていて
香り成分「リモネン」や「テルピネン」というアロマオイル精油の主成分を多く含み
リラックス効果があります。

それ以外にも下記のような効果が期待されています。

陳皮の健康効果

  • 胃腸の機能を高める
  • せきや痰(たん)を抑える
  • むくみを予防・改善する
  • 血流を改善し体の代謝を上げる
  • 肝機能を高める
  • アレルギー症状の緩和
  • リラックス効果

チンピはがん予防って本当?

「ジョブチューン」の番組の内容によると

がんの原因となるのは主に「活性酵素」

それを抑える効果は「β(ベータ)カロテン」という成分
そしてそれ以上に効果が高い成分が「β-クリプトキサンチン」という成分です。

カロテノイド

引用:わかさ生活

関連 カロテンとはニンジンの「キャロット」が語源

研究によると、この摂取量が多い人は
肺がん・子宮頸がん・食道がん共に発症リスクが全体で6割から8割も下がる
ことが分かっているそうです。

この「β-クリプトキサンチン」が多く含まれている食べ物が
そうジャパニーズ「みかん」です!

温州ミカン

引用:ウィキペディア

オレンジと比べても温州みかんの方が

約60倍

も多く含まれてるんですって!

そして、みかんの皮には多くこの「β-クリプトキサンチン」がより多く含まれているうえに、
発がん性物質を抑えるリモネンが豊富に含まれています。

こたつみかん

・・でも、みかんの皮ってなんかゴワゴワして
正直そのままでは食べにくいですよね。

そこでおすすめの食べ方が、乾燥させて「陳皮」にする方法なのです!

チンピの使い方 上手に生活に取り入れたい

食べ終わったみかんの皮をざるなどに広げて
風通しの良いところに10日間くらいおいて乾燥させておくと
家庭でも簡単に陳皮がつくれます。

番組で紹介されていた作り方

  1. 約80度のお湯に皮を3分間ほど漬ける
  2. ざるにあけ、皮を流水で洗い、キッチンペーパーでしっかりと水気を取る
  3. 風通しのよい場所に置き、カリカリになるまで天日干しにしたら完成です
  4. カリカリになったら麺棒で上からたたいて、細かく砕いてジップロックなどで保存

これを紅茶やヨーグルトにいれたり、調味料として香りづけに使ったり
お味噌汁などに入れたりすると食べやすくなります。

(ちなみに人気調味料の「七味唐辛子」には、ほぼどのメーカーも陳皮が入っています。
陳皮って意外と身近な存在だったんですね)

みかんの皮ごと!活用方法

また、陳皮にしなくてもみかんの皮は風邪などで咳や痰が出るときに
そのまま少し煮立たせてハチミツなどを加えて飲むと効果的ですよ。
(はちみつは咳止めの作用があるとされています)

または、ゆず風呂のように、皮をそのままお風呂に入れると
リウマチ、冷え症、痛風にも効果があるといわれます。

まとめ

いつもは食べ終わったらそのまま捨てていたみかんの皮。

これからはおいしく丸ごと食べて
ごみも出さずエコ&リラックス&がん予防に役立ててみませんか。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます