ものもらい・めばちこの方言の違いや原因と正式名は?うつる目の病気なの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ものもらい 方言

本格的な夏到来!そろそろプールや海水浴に出かける計画の方も多いのではないでしょうか。

しかし、気をつけたいのが目の病気。

一般的に「ものもらい」などと呼ばれている「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」

まぶたの脂腺に細菌が感染して起こる疾患の一つです。

痛いし発症するとやっかいですよね。

今回は

  • 麦粒腫の原因や予防法
  • 方言がいろいろ!あなたの県は?

について調べてみました。

スポンサーリンク

麦粒腫(ものもらい)とは

まぶたの脂や汗を出す分泌腺に細菌が感染したり、脂肪が詰まることで起こる、急性の炎症のことです。おもに

  • まぶたの一部が赤く腫れ上がる
  • まばたきをしたり指で押したりした際、痛みをともなう
  • 目がごろごろする
  • 目が充血する

などの症状が一般的です。

麦粒腫(ものもらい)はうつる?原因は

雑菌による炎症や、脂肪の固まりが原因である「ものもらい」は、病名から伝染するイメージがありますが、

伝染性ではないため、人から人へうつることはありません。

麦粒腫

麦粒腫 引用:ウィキペディア

原因は、誰の肌にも存在する細菌が、

なんらかのきっかけで分泌腺の出口からまぶたに入り込み、炎症を起こしてしまうものです。

ですから、周りの人がものもらいになったからと言って神経質になる必要はありません。

麦粒腫(ものもらい)の予防

日ごろから予防するには、とにかく目の周りを清潔に保つしかありません。

とくにまつ毛の根元はもともと雑菌がたまりやすい場所だからです。

  • 汚れた手指やタオルでこすらない
  • アイメイクはほどほどに
  • 前髪が目にかからないようにする
  • コンタクトレンズは清潔に

など日ごろから目を労わりましょう。

感染してしまうと、刺激の強い食べ物・アルコール類は症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

ものもらい?めばちこ?あなたは何て言う?

そんな「ものもらい」に関して最近おもしろいサイトが話題になっています。

その名も、ロート製薬ウェブサイト内の『ものもらいMAP』です。

地方によってこんなに違いが!

なんと10年以上前から存在していたということサイト。

“ものもらい”がその土地でどう呼ばれているかを知ることができるというもので、

都道府県別ランキング形式で、かつ年齢や性別ごとに絞って表示ができます。

↓ざっと16種類

もあるなんてビックリです。

ものもらいマップ

ものもらい めばちこ

そのクオリティの高さに、ネット上では

○スゴイ手が込んでる!

○呼び方が地方によってこんなにあるなんて!同じ土地でも年齢層で違うのはおもしろい

○この力の入れ方に敬意を…好きかも

○かるいカルチャーショック!

とかなり高評価のようです。

全国[ものもらい]ランキング!

このものもらいMAPによると、まず「ものもらい」の呼び方ですが、

  • 1位「ものもらい」34.5%
  • 2位「めばちこ」 27.5%
  • 3位「めいぼ」  7.2%

「めんぼ」、「めぼ」、「めっぱ」…などと続くようです。

「ものもらい」と呼ぶ人は、東日本を中心に分布していて

  • 1位 神奈川県 91%
  • 2位 千葉県  89%
  • 3位 埼玉県  89%

と、とくに首都圏の率が高いようですね。

一方「めばちこ」と呼ぶ人は、ほとんど関西中心。

  • 1位 大阪府 91%
  • 2位 兵庫県 90%
  • 3位 奈良県 88%

と続きます。

とくに宮城の「ばか」、熊本の「おひめさん」とは面白いですね。

大学教授の解説とともに方言が生まれた背景なども紹介されていて面白いので一度覗いてみては?

まとめ

ものもらいMAP、あなたの言い方はありましたか?

ちなみに私は大阪出身なので「めばちこ」が標準語だと信じて最近まで生きていました(笑)

ばちこって何だよ~(大爆笑)”と関東の人にからかわれたことを思い出しましたが、もっと面白い表現が全国にはありましたね!

なんとも不思議な目の炎症・麦粒腫、それだけ昔から身近な症状だったということでしょうか。

スマホやパソコン、コンタクト…確実に誰もが昔より目を酷使する状況にあると思います。

いつでも目を清潔に保って労わるように心がけたいですね。

おススメの目の関連記事

目がチカチカ・目の奥が痛い…これって熱中症?

サケの成分が食べる目薬と言われる理由

目のピクピクけいれんの治し方

【画像】急に目の前に現れる黒い物体の影の正体は

白目にぶよぶよゼリーが出現!これは一体何?

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます