膝の黒ずみケア!即効治すには重曹がいい?ドラックストアーで買えるクリームは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

膝の黒ずみ

カサカサになりがちな、かかとや指先のケア…

一生懸命やっていても

『膝のケア』

はつい見落としがちですね。

特に肌を露出する春以降、どんなにキレイなスラリとした美脚であっても

膝がカサカサ黒ずんでいたら…かなりガッカリ!

年齢や生活感をどうしても感じてしまいます。

  • 膝の黒ずみになる原因
  • 膝の黒ずみ予防対策
  • 膝の黒ずみおすすめクリーム

などポイントをおさえて、

普段からしっかり膝の黒ずみケアをやっておきましょう!

スポンサーリンク

膝が黒くなる原因行動

膝が黒くなってしまう原因はさまざまあります。

生活スタイルの中にある「原因行動」をまずは突き止めてみましょう。

・膝立ちになって膝を床につけることが多い(雑巾がけなど)

・正座する・足を組む・あぐらをかいて膝を圧迫

・きつめのパンツ・ストッキングでなどで膝を圧迫

・デスクワークで膝がデスクに擦れて刺激を与えている

・過度なゴシゴシ洗いで角質ケアのしすぎ

・紫外線による日焼け

・乾燥している

原因行動を挙げてみると、

どんな人でも当てはまりそうなものばかりです。

膝の黒ずみ原因4つ

膝の黒ずみの原因になるものは主に次の4つです。

原因1)摩擦・刺激

膝や肘の黒ずみ原因として最も多いのが

「摩擦・刺激」

によるもの。

肌はザラザラしていないのに、明かに皮膚だけが黒くなるのが特徴です。

肌には、外の刺激から肌を守ろうとする働きがあります。

その結果

角質が分厚くなる=メラニン色素をつくり黒ずむ

という結果に。

特に肘や膝などの関節部分

  • 洋服との擦れ
  • ゴシゴシ洗い

などで摩擦が起こりやすい場所です。

原因2)圧迫

「摩擦・刺激」原因と重なりますが、膝や肘は圧迫による黒ずみも大きな原因となります。

  • 膝を床につける
  • 圧迫するズボン・パンツなどをはく
  • あぐらをかく
  • 肘をつく

何気ないこれらのクセや行動が、血流を悪くし圧力をかけています。

パンスト

圧迫されることで皮膚を守ろうとメラニン色素が多く生成され、

結果、角質が硬くなり、皮膚がゴワゴワする原因になります。

原因3)乾燥

膝や肘は、体の中でももともと

「皮脂の分泌」が少ない部分。

“ガサガサ&白い粉をふく“タイプに多いのが乾燥です。

皮脂は

  • 肌の潤いをたもつ
  • 肌のターンオーバー機能を高める
  • 外の外敵から皮膚を保護

という大事な役割がありますが、

皮脂や汗がほとんど出ないこの部位は、もともと刺激や乾燥に対してかなり弱いのです。

原因4)日焼け

日焼けも黒ずみの大きな原因の一つ。

降り注ぐ紫外線が肌のメラニン色素を生成し、シミソバカスなどの原因に!

紫外線

に紫外線対策をする人は多いと思いますが、膝など身体全体にまで気を付けている人は少ないのではないでしょうか。

紫外線の量には増減がありますが、夏だけでなく1年中降り注いでいます。

露出しやすい膝はうっかり日焼けを起こしてしまいがちです。

膝の黒ずみ=メラニンって何?

膝の黒ずみの一番の原因で何度も登場した「メラニン」という物質。

顔のシミのもと=メラニン色素

というイメージが強いので悪者扱いされてしまいがちですが、

そもそもメラニンって何なのでしょうか。

メラニンは肌・髪の色のもと!

メラニンは人間だけでなく、あらゆる動物や植物に形成される色素のこと。

黒人・白人・黄色人種で肌や髪の色に違いがあるのは、このメラニンの量が違うためです。

加齢によって白髪になるのも、毛根でメラニンが生産されなくなるためと考えられています。

メラニンは肌を保護する役割

紫外線をあびて日焼けをしたり、摩擦などの刺激が強くて膝が黒くなるのは、

メラニンが過剰な刺激から体を守りバリア機能が働いているという証拠。

生成されたメラニン色素が過剰に蓄積されることで、

色素沈着をおこして黒ずみ・シミの原因になるのです。

膝はメラニン色素沈着を起こしやすい

そもそも膝や肘の関節部分は、

皮脂腺が少なく潤いが不足しているにも関わらず酷使しやすい場所。

顔と同じように刺激を減らし、しっかり保湿&乾燥しにくい環境を整える必要があるのです。

膝の黒ずみ対策・基本の3ステップ

膝の黒ずみをキレイにするには、

  • 皮膚科
  • 美容クリニック

で相談して、手っ取り早く薬の処方やレーザー治療という方法もありますが、

“とりあえず自分で手軽に手入れを“

という方におすすめの方法を紹介します。

基本の3ステップとは?

『重曹を使う』

『黒ずみ専用クリームを使う』

など沢山口コミはありますが、どんな方法を使うにしてもまずは

押さえておきたい基本の3ステップ

があります。

ステップ1) 古い角質をとる

ステップ2) 保湿をする

ステップ3) 美白ケアをする

この3ステップが大前提となります。

どんなに重曹で角質を取っても、その後の肌のケアをしなければ肌を傷つけるだけですし、

黒ずみ専用クリームを使う前に不要な角質をとらなければ成分が浸透しないからです。

ステップ1)古い角質をとる

まずはどんなタイプの黒ずみでも必要なこと。それは

『角質ケア』

です。

皮膚の表面に

  • 古い細胞
  • 溜まって固くなった角質
  • 余分な皮脂

が残っていると、どんな保湿成分や美白成分も肌に浸透せず、

メラニンの生成を抑えることはできませんね。

お風呂

まずは肌に要らないものを落としてキレイにしましょう。

普段は石けんなどで、ゴシゴシ洗い避けて優しく丁寧に洗うことを基本とします。

定期的に古い角質を溶かす

「ピーリング」「スクラブ」といったものを使うと、古い角質を取るのにより効果的です。

ただ、これらはやりすぎると刺激が強く、人によって赤みや痒みがでるなど、肌に合わない場合もあるので、様子をみながら使うようにします。

多くても1週間に1度程度が目安とされています。

【ピーリング】

主な成分はフルーツ酸や酵素。皮膚の表面にある古い角質を溶かして除去します

【スクラブ】

天然成分は米ぬか、合成成分ならナイロンパウダーなどがあります。

ステップ2)保湿をする

角質ケアの次は保湿です。

肌はどの部分も《ターンオーバー機能》と言って肌が再生される機能があり、

溜まった古い角質やメラニン色素などが排出されます。

その働きを阻害する一番の原因は

「乾燥」。

乾燥

角質ケアをしてもその後に保湿をしなければ、

肌を傷つけるだけで余計に黒ずみがひどくなってしまいます。

ですから

ステップ1) 角質ケア

ステップ2) 保湿ケア

この二つは必ずセットで行うようにします。

[化粧水+保湿クリーム]が基本

まず化粧水をなじませて肌を柔らかく整え、保湿効果の高いクリームを塗りましょう。

【市販の薬局・ドラッグストアで購入できる人気クリーム】

  • ワセリン
  • シアバター・ホホバオイルなどの植物性天然オイル
  • ニベア
  • オロナイン
  • 馬油(ソンバーユ)
  • 豆乳ローション
  • キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム
  • ちふれ 濃厚 保湿クリーム  …etc

などは、保湿効果が高く赤ちゃんから大人まで使えて、手軽な値段で買うことがで出来るのでおすすめです。

ステップ3)美白ケア

既に色素沈着してしまった黒ずみのケアや予防に、最後のステップは美白です

「美白成分入りの保湿ケア用品」

を使えば、手間も省けて一石二鳥。

ぜひ、保湿剤を選ぶときの参考にしてくださいね。

成分 効果
トラネキサム酸 メラニン生成や活性化させる物質を抑制。炎症をおさえ肌を整えます
プラセンタエキス 動物の胎盤から抽出される成分。メラニン生成のもとになるチロシナーゼを抑制。肌にハリを与えるコラーゲン生成も
ビタミンC誘導体 メラニンを薄く還元・活性酸素の働きを抑えてメラニン生成を抑えます
ハイドロキノン メラニンを活性化させるチロシナーゼの活性化をおさえ・美白効果が高い成分
トレチノイン 肌の代謝を促進、メラニン色素を排出
尿素 肌細胞を作る保湿成分、肌を柔らかく保ちます
アルブチン メラニンの生成を促すチロシナーゼの働きを抑え色素沈着を防ぎます

保湿や美白効果がある商品はさまざま、人によって肌質も異なります。

効果を確認しながら、状況や用途に合わせて選んでくださいね。

膝の黒ずみケア・重曹が良い理由

膝の黒ずみケアに「重曹」がいい!とよく言われます。

これは重曹の研磨力を利用して、先ほどお話しした

ステップ1) 角質ケア

に有効とされているからで、重曹だけを使えば良いというワケではありません。

ステップ2) 保湿

ステップ3) 美白

のために、別途、他のモノを同時に用意する必要があります。

重曹

【必ず用意するもの】

重曹 (粒子が細かく肌に優しい&値段も手ごろな[食品用]がおススメ)

化粧水や乳液などの保湿・美白アイテム(普段顔用ケアとして使っているものでOK)

[重曹パック]のやり方

・重曹100g
・水100ml
・蒸しタオル

【やり方】

①蒸しタオルを膝に当ててそのまま数分間放置、毛穴を広げます

②重曹と水をペースト状になるまでしっかり混ぜます

③膝の黒ずみが気になる部分に②の重曹ペーストを塗ります

④5~10分ほど放置

⑤お湯でよく洗い流し、タオルでやさしく水分をふき取る

⑥化粧水&保湿クリームで保護

[重曹ペーストマッサージ]やり方

・重曹…大さじ1
・水…小さじ1

【やり方】

①重曹に水を加えてペースト状になるまで混ぜます
(硬すぎたら水を少しずつ足して調節)

②膝の黒ずみに①を塗ります

③指の腹を使って円を描くように優しく、ゴシゴシこすらないように丁寧に!

④お湯でよく洗い流し、タオルでやさしく水分をふき取る

⑤化粧水&保湿クリームで保護

重曹ケアの注意点

重曹を使ったケアはとても簡単ですが、毎日やるものではありません。

少なくとも1週間以上は間隔を空けて行うようにします。

保湿・美白ケアは必ずセットで行ってくださいね。

膝

角質がとても硬くなって、ゴワゴワ感が取れない場合は、

顔用の保湿クリームではなく、

「膝専用の保湿クリーム」

を試してみるのもおすすめです。

膝の黒ずみ通販おすすめクリーム4選

口コミで高評価だった通販の

「膝専用保湿クリーム」

を紹介します。

①アットベリー(医薬部外品)

②ラスター(医薬部外品)

ラスター

引用:http://www.fcafe-hanna.com/

③ロコシャイン(医薬部外品)

④シルキークイーン(医薬部外品)

まずは生活習慣の見直しから

膝の黒ずみになる原因いくつかお伝えしましたが、

思い当たる点はありましたでしょうか?

黒ずみの原因となっている“習慣”を見直さなければ、

手厚いケアをしても再び黒ずみを作ってしまいますね。

一度できてしまった黒ずみは、皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進んでいきます。

まずは、普段のバスタイム時に、湯船にゆっくりと入ったり、

膝の皮膚を柔らかくしてゴシゴシ刺激を与えずやさしく洗うということを心掛けてください。

重曹などの角質ケアは効果的ですが、やりすぎもかえって刺激になります。

せいぜい月に2.3回程度にして、お風呂から出たあとは、

顔だけでなく膝も化粧水・クリームやオイルで潤し保湿を!

毎日の心がけで黒ずみゼロの美しい膝を目指しましょう。

虫刺され跡を消す方法!子どもや赤ちゃん・顔にアットノン&バイオイル薬は効果的?
“虫刺され”と一言でいっても原因は 蚊 ブヨ ダニ などさまざまありますね。 跡が残ると見た目も悪...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます