マヨネーズは健康に良い?悪いし太る?意外な効果と相性のいい食品も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

マヨネーズ健康効果

みんな大好きマヨネーズ!
なんにでもマヨネーズをかけて食べるマヨラーなんていう流行語も昔ありましたね( ;∀;)

コクのある旨みと酸味がたまらない、どんな食材とも合う万能調味料です。

一方で、コレステロールやカロリーが気になる健康志向の人には敬遠されがち。

今回は、意外と知られていないマヨネーズの健康効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

手作りマヨネーズは意外とカンタン

実はマヨネーズは、とてもシンプルな材料でできた調味料。

  • 植物油
  • 卵黄
  • 塩・コショウ

を混ぜてミキサーにかければ、あっという間に保存料無しの手作りマヨネーズがご自宅で簡単にできてしまいます。

マヨネーズの栄養成分

以上の材料を使うので、マヨネーズはビタミンE,K,A,B2などを含む栄養豊富な調味料です。

また、卵黄にはコレステロールが含まれていますが、お酢の主成分である酢酸
血中コレステロールの上昇をおさえてくれるため、さほど心配する必要はありません。

しかし、原料の約70%は油。高カロリーであることは間違いないので要注意!

マヨネーズの本家2社のカロリーを調べてみました

言わずと知れた日本製マヨネーズの大手2社のカロリーはどの程度なのでしょうか。

≪15g(大さじ1杯程度)の成分表≫

エネルギー タンパク質 脂質 炭水化物
キューピーマヨネーズ 100kcal 0.4g 11.2g 0.1g
味の素ピュアセレクト 110kcal 0.21g 11g 0.54g

カロリーについてはほぼ卵と油でできているだけあって、やはりどちらも高カロリーですね。
わずか大さじ1杯が約100kcalなので、それだけで唐揚げ3個ほど変わらないカロリーを摂取することになります。

意外!マヨネーズの良い効果

サラダにマヨネーズ

マヨネーズのかけすぎにはもちろん注意したいところですが、そんなマヨネーズも意外な健康効果があります。

相性の良いビタミンとは

マヨネーズをかけることで、食品に含まれる栄養素の吸収がスムーズになるうれしい効果があります。

たとえば、マヨネーズに含まれているビタミンE,Kなどの「脂溶性ビタミン」は、油に溶けなければい体に吸収されません。

その点、マヨネーズはほぼ油でできていますので、これらのビタミンをマヨネーズから摂取することができるのです

関連 あなたにサラダにノンオイルドレッシングをすすめたくない理由

脂溶性ビタミンとは

脂溶性ビタミン(しようせいビタミン)とは、水に溶けにくく油(脂)に溶けやすいビタミンの総称です。

水洗いや加熱調理による損失が少なく、油と一緒に調理し摂取することにより吸収率がアップする特徴があります。

代表的なものに

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

があります。

関連 「脂溶性ビタミン」のビタミンDをグーンとアップさせるきのこの秘密

まとめ

ということでマヨネーズをかけすぎるのも、気にしすぎて全く使わないのも、実はソンな選択だったんですね。

大さじ1程度の少量のマヨネーズなら、おいしくとったほうが、栄養面からみても良い選択と言えると思います。

マヨネーズの正しい効果と適量を理解して、健康的なマヨラーライフを送ってくださいね♪

関連 クルミも意外と高カロリー!一日の摂取量に注意して賢くアンチエイジング

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます