栄養と栄養素の違いと五大栄養素はなぜ必要?その働きと機能性成分とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

栄養素 五大栄養素

人が成長し、生きていくためには絶対に欠かせない「栄養」

でもそもそも栄養って何なのでしょうか?
私たちの体の中でどのように働いているのでしょうか?

今回は「栄養学」という視点からのぞいてみたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

栄養素と栄養のちがい

牛乳といえばカルシウム。これは栄養でしょうか、それとも栄養素でしょうか?
こたえは、栄養学の分野から見ると
カルシウムは「栄養素」であって「栄養」ではありません。

栄養素とは

食べ物に含まれるさまざまな物質のうち、体の働きに必要なモノの名前。

栄養とは

食べ物が体に消化吸収されることでエネルギーになったり、体の組織に変化していく
「仕組み・営み・処理・活用される状態」のことをいいます。

つまり「栄養」のもととなる物質のことを「栄養素」とよんで区別されています。

五大栄養素とは

食品に含まれる「栄養素」のうち

この3つは、人間の体を維持するために絶対必要不可欠な3栄養素とされています。
まずこれを「三大栄養素」といいます。

これに

を加え「五大栄養素」と呼びます。

五大栄養素はなぜ必要?それぞれの働きは

  • 糖質…おもに心臓を動かし、体温を保ち、筋肉を動かすエネルギー源
  • タンパク質…糖質の働きプラスおもに筋肉や内臓、骨の組織を作る材料
  • 脂質…おもにエネルギー源と体の組織をつくる材料
  • ビタミン…体の調子をととのえ、三大栄養素が体でスムーズに働けるようにサポート
  • ミネラル…骨格を作り、神経や筋肉の機能をスムーズにするために使われる

栄養素のだいじな3要素

以上をまとめると五大栄養素には、私たちが生きていくうえで必要な

  • エネルギー源
  • 体の組織を作る
  • 体の調子を整える

おもにこの大事な3要素で成り立ちます。

五大栄養素に次ぐ機能性成分とは

人間が生きてく上で絶対に欠かすことのできない五大栄養素。

それに対し、生命の維持に必ず必要ではないけれど
健康維持や病気の予防に有効とされている成分が沢山あります。

それを「機能性成分」と呼んでいます。

参考 機能性成分の栄養学的な定義とは?

機能性成分って例えばどんなもの?

食べ物、飲み物にふくまれる

  • 緑茶のカテキン
  • ワインのポリフェノール
  • 大豆のイソフラボン

など、名前は聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

意外ですが、キノコや海藻、果物、野菜に多く含まれる「食物繊維」
厳密にいえば「栄養素」ではありません。

なぜなら食物繊維は人の体で分解したり、体に吸収することができないからです。

しかし食物繊維といえば腸をすっきりきれいにしてくれたりと、健康増進に必要なことは言うまでもありませんね。

ですから機能性成分のうち、食物繊維だけを五大栄養素に加えた
6種類のことを「六大栄養素」と呼ぶこともあります。

関連 食物繊維は2種類あり!賢くえらんで腸活しよう

まとめ

栄養素と一言で言っても、体にあたえる働きや役割はさまざまですね。

これらを理解すれば、例えば

“ダイエットのために食事をとらずにサプリメントでビタミンだけとる”

なんていう事が、どれほど体に逆にダメージを与えてしまうことが分かると思います。

基本の栄養素を意識したうえで、適度な食事量と運動を心掛けるようにしたいですね。

関連 タンパク質のもと必須アミノ酸の語呂合わせ!

関連 必須ミネラル16種類の働きと栄養素は?

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます