ポリフェノール抗酸化作用とは?ワインやチョコだけじゃないその免疫効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ポリフェノール チョコとワイン

ヨーロッパ地域の国の人たちがバターやお肉など、動物性脂肪たっぷりの食事をとっているに
フランス人だけ動脈硬化が少ない!なぜ・・?

その理由は「赤ワインからポリフェノールを摂っているから」という学説が発表され
一躍ポリフェノールは脚光を浴びることになりました。

赤ワインやお茶などで知られているポリフェノール。
健康に良いと言われているその理由はどこにあるのでしょうか。
ポリフェノールがもつ働きや健康への効果などもご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポリフェノールってどんなもの?

ポリフェノールは、ほとんどの植物に含まれていて、成分自体は珍しいものではありません。
植物が光合成のときにつくる糖の一部が変化したもの
植物がもつ苦味や渋味、色素の成分やアクなどを総称してポリフェノールと呼んでいます

ポリフェノールの効果といえば抗酸化作用

ポリフェノールは、虫などの攻撃や紫外線を浴びることで発生する活性酸素を無毒化する働きを持っています
これは植物が自らを守るための役割も持っています。

活性酸素とは?

酸素が変化した物質のことで、人は体内に酸素を取り込むと、代謝の過程でその一部が必ず活性酸素に変化します。

人が老化していく一番の原因はこの活性酸素と言われますが、同時に体の免疫を守る働きもあります。

しかしながらこれが体内で増えすぎると細胞を傷つけたり、動脈硬化や老化を加速させてしまうのです。避けて通れない活性酸素ですが、これをなるべく減らすような効果を発揮してくれるのがポリフェノールなのです。

ポリフェノールの種類

自然界には5000種類以上のポリフェノールが存在すると言われています。
そのうちの代表的なものをご紹介します。

アントシアニン

赤ワインにふくまれる。ベリー類に特に多く含まれる成分で、特に眼精疲労を回復し視力改善の働きがあるとされています。

カテキン

お茶(主に緑茶)の渋み成分のこと。

カテキンは、体脂肪を燃焼させる効果が確認されていてダイエットをサポートしてくれます。
またウィルスなどが体内に入るのを防いでくれるためインフルエンザ予防にも効果的とされています。

カカオマスポリフェノール

チョコレートの原料であるカカオ豆に含まれる。
非常に強い抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの発生を抑えて血液をサラサラにし
動脈硬化を予防が期待できる。

大豆イソフラボン

女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをすることから、別名「植物性エストロゲン」とも呼ばれるほど、骨粗しょう症や更年期障害の改善に効果があるとされる。

クルクミン

うこん(ターメリック)に含まれる黄色の色素成分。
クルクミンは、肝臓の解毒機能を強化する作用を持っていて、肝機能を向上させ、コレステロール値を低下させる効果がある。

ショウガオール

ショウガの辛み成分。体をあたため血行を良くする効果がある

ごぼうのポリフェノール

ごぼうを切って水にさらすと黒っぽいアクが出てきます。このアクの正体は実はポリフェノール。このアク抜きをしすぎてしまうと、実はせっかくの栄養とおいしさがも逃げてしまいます。ごぼうの抗酸化能は野菜の中でもトップクラス。

まとめ

体の老化防止にとても有効なポリフェノールの抗酸化作用。
ポリフェノールの多くは、食べてから30分ほどで効果や作用があらわれますが、2~3時間ほどで効果が消えてしまいます。
少しずつでも毎食摂ることがポリフェノール効果を発揮させるコツですね(^^♪

ポリフェノール関連記事

白菜の黒いツブツブはポリフェノール!黒班病との違い

大豆イソフラボンはなぜ女性の味方?男性は摂りすぎ注意

ポリフェノールが栄養学的に優れた理由

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます