ベジタリアン&ビーガンの意味と違いは?寿命と健康に問題ないか心配

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ベジタリアンとビーガンの違い

世の中には様々なおいしい肉や魚料理があり、グルメな人たちが好んで毎日のように食べている中、ベジタリアン、ビーガンという「野菜中心の食生活」という独自のライフスタイルを貫き、動物系の食材とは敢えて無縁の生活を送っている人たちが世界中で沢山います。

日本ではまだまだ聞きなれないかもしれませんが、現在私の住んでいるカナダでは
「ビーガン」という人(特に若い女性が中心)が周りに本当に多く
ベジタリアンともはっきり区別がされています。

果たしてその違いとは何なのでしょうか?
そして彼らはなぜそのような食生活になったのでしょうか?

スポンサーリンク

ベジタリアン&ビーガンの違いとは

Vegetarian (ベジタリアン)という人たちがいます。

1847年にイギリスから発祥した言葉、考え方と言われていて
ざっくりいうと野菜や穀物などの食品を中心に食べる「菜食主義者」のことです。

しかしながらベジタリアンと一言で言っても、その食生活は国や文化によってずいぶん異なる点が多く、ベジタリアンのタイプも様々分かれています。

「ベジタリアンってお肉は食べないけど、卵や乳製品(バターやチーズなど)は食べる?」
と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
実はこれも、食べる主義のベジタリアンの人もいれば、そうでない人もいます。

ベジタリアン ビーガンの違い

ベジタリアン ビーガンの違い

ビーガンとは食生活をふくむ生き方の総称

これに対しVegan (ビーガン)という人たちがいます。

これもイギリスから発祥した言葉といわれていますが、ベジタリアンの“菜食主義者”に対し
動物系のものは一切受け入れないという意味で「絶対菜食主義者・完全ベジタリアン」などと呼ばれて区別している人たちのことです。

つまり卵、乳製品をはじめ、はちみつや、革や毛皮製品なども生活に取り入れないという
食だけに限らず、できるだけ動物由来のものを避けることで、無用な暴力を減らそうという生き方なのです。

なぜベジタリアン&ビーガンになるの?

これについては人それぞれの考え方によりますが
大きく分けて以下の5つと言われます。

  • 健康上の理由
  • 動物愛護など倫理的な理由
  • 地球環境による理由
  • 宗教上の理由
  • 霊的な理由

これらの詳細については、あえてここで説明することはできませんが
その人の歴史的、社会的な背景が様々かかわっています。

寿命と健康上は問題ない?

どのような考えがあったとしても、食生活の大前提は「健康的な食事」であることは絶対欠かせません。

しかし、健康志向が強い人たちほど特に陥りやすいのは「ヘルシーでありすぎるゆえの偏食」ではないでしょうか。

あやまったやり方で取り入れてしまえば、体力不足や倦怠感、突発的なアレルギー症状などを発症し、逆に体調不良を招いてしまっているケースが頻繁に紹介されていることも事実です。

ヘルシー偏食による体調不良の原因

ヘルシー偏食がからだの異常につながっている主な原因は、人にとってもっとも重要な三大栄養素の一つ「タンパク質」が圧倒的に不足しているからです。

タンパク質は糖質、脂質とならぶ人が生きていくうえで絶対必要な三大栄養素のひとつで
人の筋肉や皮膚、内臓、骨にいたるまでそのほとんどの主成分はタンパク質でできています。

主に卵や肉、魚、大豆製品に多く含まれているタンパク質をどうやって確保しつつ
健康な体を維持していくか、これがポイントではないでしょうか。

関連 タンパク質の「質」は数値で表せる便利な“アミノ酸スコア”って何?

まとめ

何かしらの信念や理念を持って生きることはとても素晴らしいことだと私は思います。

しかしながら、私の周りの若い女性のなかには、トレンド、おしゃれだからというイメージで
ベジタリアンやビーガンをとらえ、逆に周りの人が気を遣ったり、勉強不足ゆえの体調不良に陥る人が少なからずいます。

どのようなことも正しい知識をもって、健康的に楽しくおいしい食生活を送りたいものですね。

関連 タンパク質のもとはアミノ酸!必須アミノ酸の9種類の語呂合わせ

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます