【画像】とびひが大人のおしり・背中・指ににうつる原因や症状は?仕事は休めるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

とびひ 二次感染

虫刺され、あせもなどが重症化してかゆみが全身にひろがる「とびひ」

主にこどもがかかる皮膚の感染症の一つですが、大人も油断はできません。

特に大人は子供よりも

  • 強い炎症や痛み
  • 発熱やのどの痛み
  • 全身が真っ赤になる

というような重症化するケースも。

仕事や生活に支障が出ないように、早めの対策が必要ですね。

今回は、大人のとびひについての原因や対策を見てみましょう。

スポンサーリンク

とびひとは

とびひとは民間で言われる俗名で、正式病名は

「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」

といいます。

「膿を持ったような痂(かさぶた)のある発疹が、全身へ広がっていく」

という意味で、「強いかゆみ」をともなう水泡が、

全身に「火事の飛び火のようにあっという間に広がる」ことが病名の由来です。

とびひの原因

とびひは、細菌による皮膚の感染症のひとつ。

  • 虫刺され
  • 湿疹(しっしん)
  • あせも
  • アトピー性皮膚炎
  • 転んでできた傷

など、原因はさまざまありますが、肌をひっかいて「二次感染」を起こすことで「とびひ」になります。

特に鼻孔の入り口(鼻の穴付近)には様々な細菌が常在するため、鼻をほじるクセがある子供などは、特にとびひになりやすいといわれます。

とびひ 子供

引用:日本皮膚科学会

関連 細菌とウィルスの違いは?マダニの例で見てみよう

とびひの原因菌は2種類!

とびひは細菌に感染によって発症しますが、原因菌によって種類も二つにわかれます。

 種類 原因菌 主な症状と季節 なりやすい人
水疱性膿痂疹 黄色ブドウ球菌 ・透明の膿を持った水ぶくれ

主に夏場

・夏場に子どもにできやすい・かゆみを伴う
痂皮性膿痂疹 A群β溶血性連鎖球菌
(溶連菌の一種)
・赤いかさぶた

一年中発症

・大人に多い

・痒みの他発熱・のどの痛み等

一般的なとびひは水泡性膿痂疹

水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)は、主に夏場に発生し、0~6歳の乳幼児に多い症状で、黄色ブドウ球菌が原因です。

黄色ブドウ球菌が、虫さされやあせも・すり傷などの部位に入りこんで繁殖すると、

水ぶくれができます。

かゆみを伴うので患部を掻いてしまい、中の液が周囲に染み出て症状が広がってしまいます。

関連 黄色ブドウ菌をスマホで見る時代が来た!新商品がスゴイ

大人に多い痂皮性膿痂疹

痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)の原因菌は、溶連菌の一種。

[体の免疫力の低下]などが原因で、季節や年齢に関係なく、大人に多く感染します。

皮膚の一部にできた水ぶくれが悪化して厚くなり赤いかさぶた(痂皮)になります。

とびひ

引用:日本皮膚科学会-アトピー性皮膚炎に合併した溶連菌による痂皮性膿痴疹-

水ぶくれができるとびひとは異なり、かさぶただけでなく、ひどい場合は菌が生み出す毒素によって

  • リンパ節が腫れる
  • 発熱
  • のどの痛み
  • 全身が真っ赤になる(おしり・背中・ゆびなど)

こともあります。

とびひになったら出社はできる?

子どもの場合、とびひは「学校保健安全法」という法律で

「学校感染症、第三種(その他の感染症)」

として扱われ「出席停止の必要はない」という部類です。

ですから、ほかの園児・学童にうつさないためにも、まずは医師にみてもらい、治療して、患部をガーゼや包帯で覆って露出させずに出席するよう定められています。

いっぽう大人のとびひに関しては、法律や規定はありませんが、

子供と同じく周りの人にうつさないためにも、医療機関を受診し周りの人への感染を防ぐようにする配慮が必要です。

関連 とびひになったらプールやお風呂はどうする?

とびひの感染経路

とびひはいずれも、肌にばい菌が入り込むことが原因です。

主な感染経路は

  • 「接触感染」… 他人の水ぶくれに触れることで感染
  • 「自家感染」 傷口に自分の体の細菌が入り込む感染

があります。

先ほどお話しした、とびひの原因菌は、いずれも健常者の体に生息しているため、

外からバイ菌を取り込むことなく感染してしまうからです。

関連 キレイに消したい!とびひの跡は残る?

とびひは何度もかかる感染症

このようにとびひ感染原因は、身体にもともと存在する常在菌です。

ウイルス感染とは異なり、“免疫”というものはありません。

ですから、皮膚のバリアを侵して、ブドウ球菌や溶連菌に感染すると、

何回でもとびひにかかります。

とびひにならないように皮膚を清潔にする、傷つけないようにする、爪を短く切っておく、手をよく洗うなどの予防が重要です。

関連 免疫力・抵抗力の意味や違いは?上げるための食事も!

とびひを早く治すために

とびひを早く完治させるためには、なんといっても原因菌をこれ以上繁殖させないために

体を清潔な状態に保つことが鉄則です。

  • お風呂に入った時は患部を石鹸でキレイに洗う
  • 長時間、汗で皮膚を湿らせた状態にしないようにする
  • 爪を短く切る
  • かゆくても絶対にかかない

など、自宅で出来るセルフケアも大切です。

おわりに

このように大人のとびひは、主に

  • 肌のバリア機能
  • 体の免疫力が低下

などが原因で感染しやすくなります。

また、アトピー性皮膚炎の方は感染率が高くなっているので、とくに注意が必要です。

症状の悪化や、感染を拡大させないためにも、とびひには早めの治療が肝心です。

感染の疑いがある場合は、自己判断せずにすみやかに医療機関を受診し、

原因菌と肌にあった抗菌薬を処方してもらうことも大切です。

免疫力を上げる関連記事

免疫力は測定できる!あなたの免疫年齢を知るメリット

免疫力は腸に7割・メンタル3割!笑うことが良い本当の理由

免疫力・抵抗力の違いは?現役型免疫低下とは

免疫力アップに必要な栄養素や食事とは

虫刺され関連記事

虫刺されスプレーで子どもにも効く成分は

山の虫刺されは何がある?種類や対処法も

虫刺され跡をスッキリ!魔法の市販薬は

山の虫刺されは何がある?種類や対処法

殺人ダニ「マダニ」の恐怖!感染症の種類と対処法

ツツガムシとマダニの違いや予防策は

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます