【写真】とびひが大人にうつると危険!?重症化例や治療、自然治癒や市販薬は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

とびひの細菌

とびひは皮膚に細菌が感染して起こる症状で、正式な病名を

「伝染性膿痂疹」でんせんせいのうかしん

といいます。

  • 虫刺され(蚊・ダニ・ブヨなど)
  • あせも
  • 湿疹
  • ケガ
  • アトピーで皮膚を掻きむしる

など原因はさまざま。

ちょっとした傷口から皮膚の表面に存在している菌が傷口から体内に入り込むことで発症し、人にもうつる病気です。

  • とびひの原因となる細菌
  • 重症化するとは?
  • 薬はどんなものが有効か

などを主に見ていきましょう。

スポンサーリンク

とびひの原因菌は2つ

とびひの原因となる主な菌は、もともと私たちの皮膚の表面にいる「常在菌」

おもに次の2種類があります。

水ぶくれは[黄色ブドウ球菌]

水ぶくれから始まる一般的なとびひは皮膚感染症の原因菌の代表格、黄色ブドウ球菌」が原因です。

見た目通り、丸いぶどうの房が連なっていることから名付けらたそうです。

黄色ブドウ菌

引用:maruho.co.jp

【特徴】

  • 正式な症状名は「水泡性膿痂疹」すほうせいのうかしん
  • 水ぶくれが膿をもって皮膚が破れてただれる
  • 夏場、子供に多い

かゆみがあり、そこを掻いた手で体の他の部分を触ると、症状が体のあちこちに広がってしまいます。

日本皮膚学会

水ぶくれからとびひの例(引用:日本皮膚学会)

かさぶたは[化膿連鎖球菌]

「溶連菌(ようれんきん)」という名前のほうが良く知られているかもしれません。

  • 「化膿連鎖球菌」
  • 「A群β溶血性連鎖球菌」

とも言われます。

黄色ブドウ球菌と同じく、人間の皮膚やノドなどに存在している細菌です。

こちらも、丸い菌(球菌)が数珠のように連鎖している見た目から名付けられたそうです。

溶連菌

引用:maruho.co.jp

【特徴】

  • 正式な症状名は「痂皮性膿痂疹」かひせいのうかしん
  • 水ぶくれが、厚いかさぶたになる
  • 強い炎症症状を起こす場合もある
  • 一年中、大人に多い

炎症が強く、リンパ節が腫れたり、発熱やのどの痛みを伴うこともあります。

これらの症状は主に化膿連鎖球菌が原因となりますが、黄色ブドウ球菌も同時に感染していることが多いです。

とびひ 足

厚いかさぶたができるとびひ例(引用:日本皮膚学会)

大人のとびひは主に後者

大人の場合、多くは免疫力の低下などが原因の「溶連菌」に感染することが多いです。

それゆえ重症化することが多く、全身に症状が現れやすくなります。

高齢者のとびひの感染

高齢者は皮膚が薄いため、傷つきやすく肌のバリア機能も低下しています。

細菌に感染しやすい状態のため、どちらの菌にも感染しやすい肌の状態になっています。

妊婦のとびひの感染

妊娠中も免疫力が低下しているため、とびひの感染には注意が必要です。

疑わしい場合はすみやかに医療機関を受診しましょう。

塗り薬による胎児への影響は極めて低いとされており、飲み薬についても妊娠中でも安全に使える抗菌薬があります。

とびひの重症化とは

とびひは通常、感染した部分だけに症状がみられます。

しかし、

  • 適切な治療をしない
  • 体の免疫力が追い付かない
  • 予防対策をとらず悪化させる

などした場合、全身に感染が広がり重症化することもあります。

関連 とびひになったら幼稚園や会社は休める?

全身性疾患[SSSS]

先ほどの原因菌である、水泡性膿痂疹の黄色ブドウ球菌が出す毒素によって火傷のように皮膚が剥がれてしまう症状

SSSS (ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群・staphylococcal scalded skin syndrome)

といいます。

とびひ

引用:㈱マルホ とびひの重症化例「SSSS」

小さな子どもに多いですが、早期の抗生物質治療をすれば食い止められるようになっています。

敗血症(菌血症)

アトピー性皮膚炎の方で、特に溶連菌による場合に多いのですが、黄色ブドウ球菌によるものもまれにあります。

菌が血液中に侵入して高熱を発し、重症の状態になることがあります。

腎臓の障害

溶連菌が原因のとびひの場合、まれに腎障害が併発する可能性があります

とくにとびひを発症している最中に次のような症状がある場合は、早期に医療機関を再受診することをおすすめします。

  • 突然38度以上の高熱が出る
  • 目、口、鼻のまわりが赤く腫れ、首のリンパも腫れる
  • 全身の炎症部分が水ぶくれになり、非常に痛がる
  • 皮膚がむけてやけどのようになる
  • 寒気、食欲不振、衰弱

治ってからも数週間は皮膚科へ通って尿中の蛋白値をチェックしてもらうほうが安心です。

関連 とびひの跡をキレイに消すおすすめ市販薬は

とびひと間違いやすい病気

とびひ以外でも、発疹や水泡がでる皮膚疾患は多数あります。

初期症状でとびひと間違いやすい病気として、

  • あせも
  • 水いぼ
  • 水疱瘡(水ぼうそう・水痘(すいとう))
  • 接触性皮膚炎
  • アトピー性皮膚炎

などがあります。

初期症状の段階では、よく似ているので見分けがつかないものも多いですが、これらの症状の原因や治療法も異なります。

安易な自己判断は症状の改善を遅らせたり悪化の原因につながります。

とくにお子さんの皮膚疾患は悪化のスピードが速いため、異常を感じたらすぐに小児科、または皮膚科を受診しましょう。

関連 【画像&写真】とびひに似た症状!自己判断は禁物な理由

とびひの治療

とびひには、ひどくならないうちに治療をすればより早く治すことができるので早めに皮膚科や小児科を受診するのが先決です。

治療の薬の種類

とびひの治療には、基本的には、原因となる細菌に対する抗菌薬で退治する治療を行います。

また、必要に応じて「かゆみを抑える薬」なども使われます

とびひの治療につかう基本の薬
薬の種類 作用
抗菌薬(飲み薬・ぬり薬) 原因となる細菌を退治する

症状により必要に応じて使われる薬
薬の種類 作用
抗ヒスタミン薬(飲み薬) かゆみを抑える・アレルギー物質を無効化する働き
抗アレルギー薬(飲み薬) かゆみを抑える・アレルギーの初期反応である細胞からアレルギー物質が出るのを防ぐ働き
亜鉛華軟膏(あえんかなんこう) 炎症を抑えて、患部を保護する・患部の浸出液を吸収して乾燥させる働き

とびひの処方薬

とびひは、単純な皮膚の炎症ではなく、その炎症部位に

  • 「黄色ブドウ球菌」
  • 「溶連菌」

といった細菌が入ることで発症する感染症です。

それぞれの菌に症状の特徴はあったとしても、初期段階で自分でどちらの菌に感染しているか判断はできません。

病院できちんと診断してもらうことで、

  • 皮膚の中で繁殖している細菌に効果的な抗菌薬の飲み薬
  • 皮膚の炎症部位に応じて治す塗り薬

を処方してもらえます。

とびひは他の人にうつす恐れもあるため、自然治癒させることはおすすめできません。

関連 とびひはなぜ何度も感染する?

関連 黄色ブドウ菌はスマホで見る時代!新商品のススメ

とびひのおすすめ市販薬

このようにとびひの治療は「抗菌薬」が基本になるため、できる限り原因にあった抗菌薬を病院で処方してもらうことが大切です。

スキンケアを丁寧に行ったり、初期段階で市販薬を上手く使ったりすることにより病院へ行かないで治療することも可能です。

  • 軽い症状のとき
  • 病院が対応している時間帯に行けない
  • 予防で肌のかゆみを抑えたい

ときなどにつかえる有効な市販薬をご紹介します。

とびひの初期や化膿予防には

◆ドルマイシン軟膏【ゼリア新薬・第二類医薬品】

ゼリア新薬

引用:ゼリア新薬HP

ドルマイシン軟膏は2種類の抗生物質を配合しているので、とびひ以外にもやけどやただれなど多くの菌に対して有効な軟膏です。

患部に塗ればとびひの

  • 初期の治療
  • 化膿の予防

にも使うことができます

ドルマイシン軟膏はステロイドを配合していない薬のため、副作用の心配はあまりありませんが、まれにかゆみ、かぶれなどを起こします。

しかし抗生物質なので長期的に使用すると効果が薄れる可能性があります。

1週間以上使用しても治らない場合は使用を中止し、病院を受診するようにしましょう。

ドルマイシン軟膏と同じように、抗生作用のある市販薬には、テラマイシン軟膏などもあるので、ドルマイシン軟膏が手に入らなければ代用してみると良いでしょう。

◆テラマイシン軟膏【ジョンソン&ジョンソン・第二類医薬品】

テラマイシン

じゅくじゅく化膿のとびひには

■クロマイ-P軟膏【第一三共ヘルスケア・指定第二類医薬品】

クロマイ

引用:第一三共ヘルスケアHP

2種類の抗生物質とステロイドを配合しているため

  • じゅくじゅくして化膿してしまったとびひ
  • 炎症を鎮めたい

ときに高い効果がある軟膏です。

ただし、ステロイドに関しては、皮膚炎などまれ副作用があらわれることもあるので長期使用には適していません。

1週間以上塗り続けても治らない場合・症状が悪化してしまったときは早めに専門医を受診しましょう。

ステロイド剤の使い過ぎに注意

「ステロイド」は塗り薬の成分でよく聞かれますね。

  • アトピー
  • 皮膚炎
  • 気管支ぜんそく

などの症状でよく処方されていて、正しく使えば炎症やかゆみを抑えるのに効果的です。

とびひで病院を受診したときも、

  • リンデロン
  • ロコイド

といわれるステロイド系軟膏薬を処方されることもありますが、これらの薬ではとびひがなかなか治らないことがあります。

なぜかというと、

「ステロイドには皮膚の免疫を低下させる作用」

もあるため、細菌がかえって繁殖してしまい、とびひの炎症が悪化するためです。

ですので先ほどの市販薬でも、ステロイド軟膏薬はとびひの症状が【初期状態】の場合に限り効果的です。

  • 炎症部位に薄く適量のみ使用
  • 使用期間を守る
  • 副作用が出たら(悪化するなど)使用を中止

などに十分注意しましょう。

軟膏を塗るときは

軟膏を塗るときは、入浴後など必ず清潔にした患部に薬を塗るのが鉄則です。

うつらないようにガーゼなどで覆って、絆創膏は菌が繁殖するため使用は避けましょう。

まとめ

とびひは早めに治療を開始することで、重症化を防ぐことができます。

また、皮膚疾患は似た症状が多いため、自己判断せずに原因菌に合わせた薬を病院で処方してもらうことが完治への近道です。

またとびひは、人間の体の中に住みつく細菌で起こる感染症ですので、治っても何回でもかかります。

  • 爪は短く切る
  • 手洗いを励行
  • 皮膚は清潔に

など基本的な予防をこころがけましょう。

[体の抵抗力が弱くなった時]にも感染しやすいので、日頃から規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を心がけることも大切です。

免疫力を上げる関連記事

免疫力は数値で測定可能!あなたの免疫年齢を知るメリット

免疫力はメンタル3割!笑うことが良い本当の理由

免疫力・抵抗力の意味や違い!現役型免疫低下とは

免疫力アップに必要な栄養素・食材・食事とは

虫刺され関連記事

山の虫刺されは何がある?種類や対処法

ツツガムシの刺し口写真やマダニとの違い

殺人ダニ「マダニ」の感染症種類は

虫刺されスプレーで子どもに安心の有効成分は

虫刺されに冷えピタはいい?薬以外の対処法も

虫刺され跡をスッキリ消える?!魔法の市販薬は

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます