手足口病熱が39度で下がらない!期間いつまで? お風呂でうつる(感染)リスクも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

手足口病 熱が下がらない

「子どもの手や足にぶつぶつが!」
「ごはんを食べる時に痛がってしまう」

5歳児以下のお子さんを中心にこんな症状が出る「手足口病」

毎年5月~8月ごろに流行する感染症ですが、大人であっても油断はできません。

国立感染研究所によると、初期症状の発熱の特徴

  • 発病患者のうち発熱は3人に1人程度の比率
  • 38℃くらいの軽度
  • だいたい3日程度で治まる

ことが多いのだとか。

ですから、39℃以上の高熱が一週間以上続いたりした場合は「合併症」を引き起こしている場合があります。

今回は、

  • 手足口病で高熱が続くときの合併症の種類
  • 手足口病になったらお風呂に入っていいタイミング

などを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

手足口病で一番怖いのは合併症

手足口病事態はそこまで危険な病気ではありませんが

最初にお話しした、手足口病の初期症状の特徴に当てはまらないような症状、

例として

  • 39℃から40度の高熱が5日以上も続いて下がらない
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 表情の硬直
  • けいれん

を伴う場合は、手足口病だけでなく

「髄膜炎」
「脳炎」
「小脳失調症」

などの中枢神経系の合併症と言われるものを併発している恐れがあり、

過去にはこれらの合併症で死亡例も報告されています。

関連 手足口病の大人の初期症状は軽い?

手足口病の合併症症状とは

これらの合併症の症状はどんな特徴があるのでしょうか。

ウィルスが頭(脳みそ)に入ってしまう!

「脳炎」「髄膜炎」とは、風邪をこじらせたときに起こりやすい症状で、

風邪の原因となるウイルスや、その他の細菌が「脳」に感染して炎症を起こす病気です。

高熱や微熱が続くだけでなく頭痛・おう吐の症状もあらわれ、ひどい時には意識障害が起こり身体に麻痺が残ったり、死に至るケースも報告されています。

「小脳失調症」の「小脳」とは、脳の機能の中でも主に運動機能の信号器の役割がある部分。

小脳に異常が起こることで、普段当たり前にしている、歩く・話すなどが難しくなります。

脳の合併症の特徴

このように脳に菌が入ってしまう症状はさまざまあります。

  • 表情がおかしい(目の向きがおかしい、表情が歪んでいるなど)
  • 熱が上がったり下がったりを繰り返す
  • おう吐
  • けいれん
  • 眠気がひどい

など、合併症を引き起こしている場合に治療が遅れてしまうと、非常に危険な状態になってしまう可能性があります。

このような症状がある時は、子供でも大人でもすぐに医療機関を受診しましょう。

関連 大人の初期症状と主な感染経路とは

手足口病でお風呂に入れる目安は

手足口病は、お風呂に入ることで悪化させるということではないので、

体を清潔に保つためにも入りたいですよね。

私自身、娘(2歳)が手足口病にかかったとき、小児科の先生に尋ねてみたことがあるのですが

目安としては、

  • 高熱が出ていないこと
  • 下痢をしていないこと

であれば大丈夫とのこと。

ただし、湯船に浸かるのは体力を消耗してしまうので、まずはシャワーから始めてみましょう。

関連 手足口病になったら何日休む?口が痛い時の食べ物も!

お風呂場で気を付けたい感染リスク

気を付けたいのは、手足口病は強い感染力のあるウィルスだということ。

感染経路は主に3つあります。

  • 飛沫感染(感染者のつば・くしゃみなどを吸い込んで感染)
  • 接触感染(手をつなぐなどしてウィルスが自分に付着、その手を口元にもっていくことで感染)
  • 糞口感染(うんちやおしっこから排出されたウィルスが口を通して感染)

となっていますので

特に高温多湿でウィルス感染しやすい条件がそろっているお風呂場では要注意です。

手足の水泡が消えた

  • 口などから1〜2週間
  • 便から2〜4週間

はまだウィルスが残っていると言われています。

関連 手足口病を家庭内感染で防ぐ工夫は

お風呂場のリスクは[接触感染]

お風呂が問題になるのは、先ほどの3つの感染経路のうち、主にこの「接触感染」によるものです。

お風呂で同じ桶やスポンジ・タオルを共用したりすることは、

物を通じて水疱部位に触れることになり、接触感染の可能性が非常に高くなります。

手足口病の症状として知られる水疱性湿疹の中にもウイルスが含まれているため、身体を洗ってあげる際にうっかり水疱へ触れてしまうことにも注意が必要です。

ご自身が感染してしまわないように

  • マスクを着用する
  • お風呂から上がったらアルコール剤などで消毒する

などは必ず心掛けたいですね。

関連 強いウイルス手足口病に有効なアルコール消毒剤は?

お風呂場で感染しないように細心の注意を

特に他の家族にうつらないようにするためにも、感染リスクを下げる工夫が必要です。

  • 体を洗うスポンジやバスタオルを共有しない
  • 他のきょうだいと一緒に入れさせない
  • 感染したお子さんの入浴を最後にする
  • 入浴後は念入りな掃除と換気

など、とくに小さなきょうだいがいるお家では気を付けたいところですね。

関連 手足口病のウイルスにおススメのアルコール消毒剤

まとめ

手足口病自体はそこまで危険な病気ではないですが、

  • 合併症については命に関わるものもある
  • とにかく感染力が強く長引くので油断はできない

という特徴があります。

高熱が予想以上に続く場合は、必ず病院で診察を受けるようにしてくださいね。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます