熱中症予防対策の市販飲み物!アクエリアス,ポカリスエット,ダカラ,ゼロ,ビタミンガードおすすめで効果的なのは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

熱中症対策 スポーツドリンク

熱中症になりにくい強い体をつくるため、また万一熱中症にかかったとしても、
早く回復できるような栄養を普段から意識して摂っていくことは大切なことではないでしょうか。

水イメージ

とくに気になるのは

「熱中症予防対策には、どんなスポーツドリンクが有効なのか?」

ということ。

今回は

“熱中症予防対策”の視点からいちばんおすすめのスポーツドリンクの見極め方

ついて紹介していきます!

スポンサーリンク

熱中症の定義とは

まず何よりも確認したいのが熱中症とは何かという点です。

一言で熱中症といっても、段階や症状はさまざま。それによって応急処置の方法も異なります。

まずは「【重要】熱中症になったら?体を冷やす場所もイラストで確認」をチェックしてみてくださいね。

気になるスポーツドリンク5選

スポーツドリンクというのは、

運動や日常生活などで、発汗によって体から失われた水分ミネラルを効率良く補給することを目的とした飲み物のこと。
脱水症状の回復や、スポーツ時の熱中症防止などの目的で飲まれるもの。

で、メーカーごとにたくさん種類がありますね。

そんな中、みなさんが“熱中症予防&対策“のために選ぶスポーツドリンクのうち、気になるトップ5

  • アクエリアス
  • ポカリスエット
  • DAKARA(ダカラ)
  • アクエリアス・ゼロ
  • アクエリアス・ビタミンガード

のようです。

関連 必須ミネラル16種類とは?誰よりも分かりやすくまとめました

熱中症予防に有効な飲み物(水分)の定義は

そもそも「熱中症の予防に有効な飲み物」とはどんなものなのでしょうか。

《水分・塩分の摂取量等》
身体作業強度等に応じて必要な摂取量等は異なるが、WBGT基準値を超える場合は、少なくとも、

  • 0.1~0.2%の食塩水、
  • ナトリウム40~80mg/100mℓ

スポーツドリンク又は経口補水液等を、20~30分ごとにカップ1~2杯程度を摂取することが望ましい。

(引用元:厚生労働省ホームページ)

と推奨されています。

つまり、スポーツドリンクを選ぶときにまず確認したいのは

ナトリウム(塩分)がどれくらい含まれているのか

という点になりますね。

各社ドリンクの栄養成分を比較

この定義を踏まえて主な栄養成分を比較してみましょう。

(100mlあたり)

エネルギー 糖質(炭水化物) ナトリウム(塩分) 糖の種類

経口補水液os1

10 kcal 2.5g 115mg ブドウ糖・果糖
アクエリアス 19 kcal 4.7 g 40mg ブドウ糖・果糖
ポカリスエット 27 kcal 6.7 g 49mg ブドウ糖・果糖
DAKARA 17 kcal 4.2 g 40mg ブドウ糖・果糖
アクエリアスゼロ 0 kcal 0.7 g 40 mg 果糖(ブドウ糖無し)
ビタミンガード 17 kcal 4.6 g 40 mg ブドウ糖・果糖

アクエリアスの特徴

アクエリアス(コカ・コーラ)

スポーツ科学に基いて、汗と同じミネラル比率に調整。

特に運動後の疲労回復に効果的とされる、アミノ酸クエン酸が含まれているので、運動する体をさらにサポートしてくれます。

関連 必須アミノ酸って何種類?語呂合わせで覚えよう

関連 クエン酸が体の疲労回復に効く理由

ポカリスエットの特徴

ポカリスエット(大塚製薬)

体液の成分組成を考えてつくられた体液の性質に近い飲みもの

水分と一緒に失いがちなナトリウムイオンカリウムイオンなどの電解質をほどよく含んでいる。

よく点滴と同じ成分ともいわれ、風邪をひいて脱水した時や食欲がない時の水分栄養補給をするために効果的です。

関連 イオンとは?どうして体にだいじなの?

DAKARAの特徴

DAKARA(サントリー)

現代人に不足しがちなミネラルのひとつであるカルシウムをたくさん含んでいます。

関連 ミネラルを誰よりも分かりやすく簡単に解説

アクエリアスゼロの特徴

アクエリアスゼロ(コカ・コーラ)

アクエリアスの効果はそのままで、燃焼系サポート成分カルニチンを配合しているのでダイエットサポートに効果的。ブドウ糖が使われていないので、熱中症対策の飲み物としては疑問符。詳細は後述。

アクエリアスビタミンガードの特徴

ビタミンガード(コカ・コーラ)

皮膚と粘膜の健康維持成分・ビタミンを4種類配合。筋肉痛をやわらげる効果でスポーツに最適です。

熱中症予防対策にいちばん効果的なのは?

スポーツドリンクには、成分によってそれぞれ特徴がありましたね。

厚生労働省が推奨する、熱中症に適した水分・塩分は、少なくとも

  • ナトリウム40~80mg/100mℓ

以上でした。

どのスポーツドリンクをみても適した範囲内ですが、

熱中症の初期症状は大量の汗をかくため、まず必要なのは

体から失われた水分・塩分を調整する

ということ。

このことから、熱中症予防対策としては

ナトリウム(塩分)が一番多く含まれている

ポカリスエット

がより効果的だと言えます。

関 連 スポーツドリンクの「イオン」って何だろう?

経口補水液とは

もし、熱中症にかかってしまった場合は、迅速な水分補給が必要になります。
そんな時は、スポーツドリンクよりも経口補水液が適しています。

スポーツドリンク

あくまで発汗時の水分補給という役割に対して、

経口補水液

多量の発汗や下痢・嘔吐・発熱などで脱水状態になった時に、すみやかに水分と塩分(ナトリウムとカリウム)・糖質を補給出来る専用の飲料水のことだからです

関 連 熱中症と脱水症状の違いとは

経口補水液は消費者庁からの表示許可を取得

経口補水液とは、食品の表示許可を消費者庁から取得していて、期待できる効果の根拠が医学的、栄養学的に明らかにされている食品となります。

経口補水液OS1(大塚製薬)

経口補水液OS1(大塚製薬)

予防で飲むと、少ししょっぱい&苦く感じられて飲みにくいと言う方もいますが大量の汗をかいた後では、しょっぱさも感じにくいです。

それだけミネラルが発汗によって失われているんですね。

自分で熱中症ドリンクをつくってみる

経口補水液がない場合も多いですよね。

NHKの『あさイチ』で紹介されていた経口補水液の作り方をご紹介します。

  • 水・・・1リットル
  • 塩・・・3g(小1/2)
  • 砂糖・・・40g(大4と1/2)

以上をペットボトルなどに入れて、よく振ったら出来上がり♪
飲みにくい場合は

  • レモンの搾り汁
  • グレープフルーツ果汁

などを適量加えて調整して下さい。

関連 熱中症予防の飲み物の最適温度とは

気をつけたい[糖]のこと

熱中症対策の飲み物としてのスポーツドリンクを紹介しましたが、摂取したいのは塩分だけではありません。

実は「糖」も、体に水分を効率よく吸収する上でとても大事な役割を果たしています。

なぜ糖が必要?

体は、発汗などにより血液から失われる塩化ナトリウムを、腸管への吸収を速やかに促すためには、ブドウ糖の力が必要だからです。

糖を含んだ飲料が推奨される理由としては、腸管での水分吸収を促進することが挙げられます。主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると速やかに吸収されます。そしてそれらに引っ張られ水分も吸収されるというのがそのメカニズムです。(大塚製薬-熱中症から体を守ろう-)

糖分とナトリウム

関連 塩分はナトリウム、糖分はブドウ糖の理由

スポーツ飲料に含まれる砂糖の量

一般的なスポーツ飲料に含まれる糖分、ペットボトル1本500mlあたりの含有量は

  • 平均20~30g

という結果に。

砂糖 イメージ

これは、スティックシュガー10本分、角砂糖なら8個分の糖分が、1本(500ml)のペットボトルに入っていることになります。

一般成人の砂糖の一日適量摂取量は

  • 25g前後

と言われていますので、

つまり、ペットボトル1本を飲んでしまうと、一日に摂ってよい砂糖の量を軽くオーバーしてしまうのです( ゚Д゚)

カロリーゼロは「ゼロ」ではない?!

「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」といった、カロリーを含まないと思われる表示。

じつは、

  • 100mLあたり5kcal以下であれば表示ができる

と食品表示法で定められています。

例えば「アクエリアス ゼロ」の原材料名には、一番前に「果糖」と明記されていて、炭水化物も100mLあたり0.7gが含まれています。

しかも、肝心な体に吸収しやすくするためのブドウ糖は含まれていないので、熱中症対策の飲み物としてはあまりおススメではないと言えます。

まとめ

スポーツドリンクを飲む目的は、あくまで大量の汗をかくことで不足した水分や塩分を補うためです。

1日に何mlまでなら飲んでも大丈夫というよな決まりは明確にはありませんが、少なくとも、

冷房の効いた室内でのんびりとしている時に飲むものではありません

また、熱中症の発症が疑われた際、飲んでもすぐに吐いてしまったり、悪化する場合は、ためらわずにすぐに病院に行くようにしましょう。

【イオンのこと詳しくまとめました】


参考 スポーツドリンクに含まれるイオンとは?どうして体に大事なの?

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます