【重要】熱中症になったらまずどうする?応急処置と冷やす場所をイラストで見てみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

熱中症対策 まず確認

毎年気温が上がって暑くなりだすとテレビで毎日のように取り上げられる熱中症。

・熱中症とは具体的にどんな症状?
・まずどんな対処をすればいい?

前もって知っているかどうかで、あなたも、あなたの身の回りの人たちも、重症化するかどうかの分かれ目かもしれません。

知識を身につけて、万一の時でも慌てることなく熱中症を予防しましょう。

スポンサーリンク

熱中症ってどんな症状?

熱中症とは気温が高いことで引き起こる体の様々な不調の総称です。

特有の症状を知ることで、どのくらいの危険度なのかが分かるようになります。

また、症状の危険度によって、取らなければいけない対応も変わってきます。

ハナ
ここは本当に大事!まずどんな症状があるのか見てみましょう!

危険度3段階と症状名

熱中症には症状の進行具合によって主に3段階のステージ4つの症状名があります。

環境省 熱中症対策リーフレットより抜粋

引用元:環境省 熱中症対策リーフレットより抜粋

軽度(I度)…現場の応急処置で対応できる軽症
からだの状態 暑さで一気に汗をかいたことで、体内の水分と塩分が一時的に不足
主な症状 めまい 立ちくらみ 筋肉が痛い 汗をふいてもふいても出てくる
具体的な病名 熱けいれん 熱失神
適切な処置 まずは涼しい場所に移動→衣服をゆるめて体をひやす→水分・塩分を補給

中度(II度)…様子次第では病院への搬送を必要とする中等症
からだの状態 水分と塩分の欠乏が進行して、汗による体温調節ができなくなりつつある。身体に溜め込まれた熱が、身体機能に影響を及ぼし始めている状況
主な症状 体温は40度以下 頭ががんがんする(頭痛) 吐き気がする・吐く 体がだるい(倦怠感)
具体的な病名 熱疲労
適切な処置 まずは軽度と同じ応急処置を→足を心臓より高くして休む→自分で水分が飲めない状態ならすぐ病院へ

重度(III度)…救急搬送して集中治療の必要性のある重症
からだの状態 汗を出す体の調節機能が完全に壊れてしまい、身体が熱を保ち続けることで脳にまで影響がでている危険な状態
主な症状 体温は40度以上 意識がない けいれんがある 体温が高い 呼びかけに対して返事がおかしい まっすぐに歩けない、走れない
代表的な病名 熱射病
適切な処置 応急処置をとりながらすぐに救急隊を要請

関連 熱中症になったら病院は何科に行くべき?どんな治療をするの?

とり
同じ熱中症といっても3段階もあったんだね!
ハナ
そうなの!とくに重度の場合はすぐ救急車を呼ばないといけないね!大切な命を守るためにもここはしっかりおさえておこうね

具体的な応急処置のやり方

では具体的に応急処置は何をすればいいのでしょうか。まずはこちらの図をみてください。

消防庁 熱中症対策リーフレット

引用元:消防庁 熱中症対策リーフレットより

具体的には

  • 日陰や、クーラーの効いた涼しい場所へ移動する
  • 衣服をゆるめ、体を濡れたタオルや氷などで冷やす
  • 水分・塩分の補給をする

など

とにかく体を安静にリラックスさせた状態で冷やす

ことが一番大切になります。

冷やす場所も大切

図のように、特に体を冷やす際には、保冷材や氷をタオルでくるみ、

  • 首まわり(特に両脇の頸動脈の部分)
  • 脇の下
  • 足の付け根の前部分

などの太い血管がある部分を集中的に冷やすことが効果的です。

皮膚を通して静脈血を冷やし、結果として体内を冷やすことができます。

熱中症 冷やす場所

このとき、市販のおでこに貼る冷却シートを当てるだけでは、体の芯まで冷やさないので熱中症の応急処置としては適切ではありません。

すぐに救急車を呼ぶときはどんな時?

熱中症は適切な処置を取らずに放置していると、重症になると命に関わる怖い症状です。

以下のような症状は、体温調節機能が失われたことで、脳まで影響が出ている危険な状態です。

  • 意識がない
  • 意識障害が見られる(自分で動けない、受け答えがおかしいなど)
  • けいれんがある
  • 自分で水が飲み込めない

進行すると、肝臓や腎臓など他の重要な臓器にも機能障害を起こしてしまいます。

救急車

消防庁では「このような症状の場合には必ず救急車をよびましょう」と正式に呼びかけていますので、絶対にためらうことのないようにしてください。

熱中症を引き起こす3つの要因

熱中症を引き起こす条件は、

「環境」

「からだ」

「行動」

によるものが考えられます。

「環境」のこと

エアコンの無い部屋や、閉め切った室内など、屋内であっても注意が必要です。

熱中症要因

引用:環境省 熱中症予防情報サイト

「からだ」のこと

体が「暑熱順化(しょねつじゅんか)」できていない方も熱中症を引き起こしやすい要因です。

・高齢者や乳幼児、肥満の方
・低栄養状態の方
・糖尿病などの持病がある方
・下痢やインフルエンザで脱水状態の方
・二日酔いや寝不足などの体調不良
引用:環境省 熱中症予防情報サイト

引用:環境省 熱中症予防情報サイト

とり
しょねつじゅんかってなぁに?
ハナ
体温調節ができやすいかどうかっていうことだよ!熱中症を防ぐにはとても大切なの。それを改善してくれる飲み物が牛乳!ぜひ下記もチェックしてくださいね

「行動」のこと

水分補給できない状況や、慣れない運動や行動も引き起こしやすい原因です。

熱中症を引き起こす行動

引用:環境省 熱中症予防情報サイト

関連 水分補給にスポーツドリンクはどれがおすすめ?

熱中症予防のために日頃からの心がけ

自分でできる熱中症の予防、対策を普段から心がけましょう。

熱中症予防のために

引用:環境省 熱中症予防情報サイト

関連 熱中症は何度(℃)以上からが危険なの?その基準とは

行動・衣服の熱中症予防ポイント

  • 外出の際は日よけ対策をする
  • 体をしめつけない涼しい服装で、速乾素材の衣服なども効果的

住まいの熱中症予防ポイント

  • エアコンや扇風機を活用、部屋の温度をこまめにチェック
  • ブラインドやカーテンで日よけする
  • 向き合う窓を開けて風通しを良く
  • 打ち水やドライミストで気化熱を利用

水分補給の熱中症予防ポイント

  • 汗で失う水分や塩分を適切に補給する
  • 喉が渇く前にこまめに水分補給
  • 起床時や入浴の前後にも水分補給を
  • 尿量がいつもより少なくなったり、尿の色がいつもより濃くなったら要注意!脱水症状が進んでいるサインです。
  • アルコールは水分補給になりません利尿作用で脱水症状が進行する原因です。

関連 熱中症対策の水分補給に最適な水の温度は?

体調管理の熱中症予防ポイント

  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを心がける
  • 睡眠不足、下痢、熱がある、風邪気味などのときは特に注意が必要です
  • 基礎疾患(高血圧、心疾患、慢性肺疾患、肝臓病、腎臓病、内分泌疾患)がある方は特に注意する
  • 子どもは、地面の照り返しで大人よりも高い温度さらされています。また、汗腺の数など体温調節機能が未熟なため特に注意する
  • 高齢者は、体温調節機能が低下してくるため暑さを感じにくいです。自覚がないのに熱中症になる危険があります
子供と高齢者の熱中症

引用元:牛乳による熱中症対策の有効性 Jミルク 監修:能勢博教授

関連 子供から大人までできる!熱中症に負けない体をつくるには牛乳がカギ!

まとめ

熱中症の疑いの症状がでたらまず何をすればいいのか。

  • 涼しい場所に避難する
  • 体を冷やす
  • 水分補給をする

など、まずは体を休めて冷やすことが大切です。

もし他の人が熱中症で倒れたら、涼しい場所に移し体を冷やすということは同じですが、

  • 水分補給が自力でできるか
  • 受け答えがおかしくないか、様子は大丈夫か
  • 意識があるか

をすぐ確認しましょう。

これらがなければすぐに救急搬送が必要になりますが、体を冷やしてあげることは応急処置としてやっておきたいですね。

万一の時に慌てることのないように、日頃からあらゆる角度で熱中症予防になる生活スタイルを作っていくことが大切です。

【水分補給のイオンとは】
【新用語・スーパー猛暑と猛暑日のちがい】
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます