クドア食中毒とはマグロやヒラメの寄生虫!症状や菌の画像も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

食中毒

梅雨も終わりに近づくこの時期、湿気の多さに加えて気温が急上昇し、早くも日中30度を超すようになってきました。

暑さが本格化するのに合わせて、毎年報告されるのは「食中毒」ではないでしょうか。

アニサキスが以前話題となりましたが、また違う寄生虫による食中毒が注目されています。

それが「クドア」です。

今回はその症状や対策などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クドアとは

クドアとは正式には

「クドア・セプテンプンクタータ・Kudoa septempunctata」

という名前の、主にヒラメやマグロに寄生するクドア属の寄生虫(粘液胞子虫)の一種です。

アニサキスのように、肉眼では確認できるわけではないため外見では分かりません。

また味もにおいもなく、お刺身やお寿司につかう醤油やわさび、生姜で予防できないため、そこにクドアによる食中直予防の難しさがあります。

魚の筋肉組織の中に存在していて、胞子状に増えていくのが特徴です。

2016年の患者数はアニサキスの倍だった!

厚生労働省が発表している食中毒発生状況を調べてみると、
2016年の患者数は259人で、アニサキスの126人の倍以上です。

アニキサス

アニサキス 出典:厚生労働省

今年に入ってからは真冬の時期を除いて、ほぼ毎月のように患者が確認されています。

東京都福祉保健局のウェブサイトによると、8~10月に一番多いとのことなので、これからの時期とくに注意が必要です。

クドアの画像

実はクドアが食中毒の原因として認定されたのは2010年。
それまでは“謎の食中毒”として、一般的なノロウイルスなどの細菌と同じ扱いだったそうです。

クドア

クドア 出典:厚生労働省

なんだか花柄のようにも見えますね。

1つの個体の大きさは10μm(マイクロミリメートル)!
1mm=1000μmなので、0.01mmの大きさということになります。

顕微鏡でしかみるこのできない大きさですね。

クドアの食中毒はどんな症状?

クドアによる食中毒は、食後数時間で

  • 一過性のおう吐
  • 下痢

を発症しますが、たいてい症状は軽く、死亡例も今までありません。

ですから、今のところは、クドア胞子が長時間人体にとどまる可能性も、人へ感染することも無いと考えられています。

食中毒の中では軽いほうだと言えますが、抵抗力の弱いお子さんや高齢者の方は重症化することもあるのでやはり注意が必要です。

関連 牡蠣の食中毒種類はノロウイルスだけじゃない!

クドア食中毒の治療は

クドア食中毒は軽症といってもやはり怖いものです。

食後数時間で下痢や嘔吐などの症状が現れたら、できるだけ病院を受診するようにしましょう。

病院

体の水分が失われますので、水分補給はしっかり行っておくようにします。

水よりもスポーツ飲料水のような、塩分やイオン、ミネラルなどが含まれているものの方がよいですね。

病院を受診し適切な治療をしたら、帰宅後は安静にしているのが一番の回復の早道です。

関連 イオンとは?なぜ水分補給にだいじなの?

予防策は徹底した冷凍と加熱

ではどうすればクドア食中毒は防げるのでしょうか。
厚生労働省では下記のように呼びかけています。

クドアは、-20℃で4時間以上冷凍、または、中心温度75℃5分以上加熱により病原性が失われることが確認されていることから 、一度凍結したのちに喫食したり、加熱調理することにより食中毒は防止できると考えられています。(厚生労働省-クドアによる食中毒について-)

「冷凍」または「加熱」調理で防止できるとのことなので、やはりこれからの時期はお刺身などは特に気を付けたほうがいいかもしれませんね。

関連 寄生虫が目に…!失明した海外の例

まとめ

クドアの食中毒症状は軽いものの、味覚や視覚で確認できないので見極めが大変難しいです。

厚労省が公開している「生食用生鮮ヒラメによるクドアの食中毒発生状況」を見ると、患者数は2011年の473人をピークに減少傾向ではあると言いますが、まだまだ注意が必要です。

これから暑くなる時期は、ヒラメやマグロを食べる際は、冷凍保存または加熱調理でしっかりクドアを死滅させて、安心して食べるようにしたいですね。

ライターからお礼とお願い

今日も読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

記事が面白い!役に立った!と感じてもらえましたら
下のボタンからSNSでシェアをお願いします。
うれしくて明日の更新のチカラになります。

寄生虫関連記事

【閲覧注意】寄生虫・吸虫の種類と失明した例も

お刺身の食中毒種類と症状は

生活に身近な虫の関連記事

ダニで死亡する例もある!アウトドアに気をつけよう

お家の害虫!黒い小さなツブツブを見逃さないで!

虫刺されにかゆみ止め薬なしでできる子供にも優しい応急処置

暑さ対策の関連記事

新気象用語「スーパー猛暑」とは?その対策も

【まとめ】溶ける…の前にできる熱中症対策

水分補給に「イオン」はなぜ大事なの?

食の中毒関連記事

塩の摂りすぎで引き起こす食塩中毒はなぜ子供に多い?

ひじきのヒ素は本当に危ない?正しい調理法は

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます