ミルキン(mil-kin・見る菌)価格や使い方!スマホで食中毒の「菌」が見える?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

見る菌 イメージ

例年のように報告される集団食中毒。

食中毒といっても、その原因菌はさまざまですね。

特に多い「腸管出血性大腸菌O157」は今年も猛威をふるっています。

飲食店や家庭での衛生管理がますます求められる中、スマートフォン一つで

「菌」

の存在が確認できる

小型顕微鏡「ミルキン(mil-kin・見る菌)」

が注目を集めています。

  • どんな会社が開発したの?
  • 菌とウイルスの違い
  • 価格や使い方

など紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ミルキンの価格は?

ミルキンは「菌の見える化」をすることで、もともと小規模の食品工場や飲食店で手軽に衛生管理ができるようにと開発された商品。

しかし昨今一般家庭からも問い合わせが殺到していると注目の

“小さな顕微鏡”

です。

見る菌

引用:http://www.mil-kin.com/

メーカー名 株式会社アクアシステム
会社情報 群馬県前橋氏富士見町 1986年5月設立
商品名 バクテリア・セルフチェッカー「ミルキン」(mil-kin(見る菌)
大きさ 高さ約15㎝・幅約18㎝・奥行き約11㎝
重さ 約450g
価格 9万9800円(税抜き)

「ミルキン」は、殺菌性の高い電解水製造装置などの販売を行う「アクアシステム」が開発しました。

顕微鏡の倍率は1千倍

1ミクロン以上の菌を見ることができ、食中毒の原因とされる

  • 黄色ブドウ球菌(1ミクロン)
  • O157を含む大腸菌(3ミクロン)

も確認できます。

【ミクロン(μ)】とは

マイクロ(micro, 記号: μ・μm)とも言います。

マイクロはミリの0.001倍、ナノの1000倍である。例えば、

  • 1ミクロンは1000分の1ミリ
  • 1ミクロンは1000ナノグラム(ng)

食中毒とは

食中毒とは有害・有毒な化学物質や毒素寄生虫などを含む飲食物を、人が口から摂取した結果として起こる

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱などの疾病(中毒)

の症状の総称です。

ノロウイルス

引用:「ノロウイルスの飛沫核」東京都福祉保健局(直径30~40nm前後の球形)

長年、人へは感染が及ばないものといわれてきましたが、

  • O157などの大腸菌
  • ノロウイルス

などは患者から患者へも感染する可能性があるため、近年は伝染病としても対策が取られるようになっています。

関連 ノロウイルスだけじゃない!牡蠣の食中毒には何がある?

関連 お刺身の食中毒の種類!それぞれの潜伏期間も

関連 【閲覧注意】失明の恐怖!寄生虫の種類とは?

細菌とウィルスの違い

人の健康に悪い影響を与えるとされる病原微生物の中には、

今回の【細菌】という種類と、【ウイルス】とに分けられますね。

どちらも非常に小さいため顕微鏡でしか見ることが出来ない大きさですが、2つの大きな違いは何なのでしょうか。

【細菌】
細菌は細胞もった単細胞生物。糖などの栄養と水があり、適切な環境のもとでは、生きた細胞がなくても自分自身で増殖できます。例外はありますが、抗生物質などで、細菌の細胞などを攻撃できる薬が有効です。

※通常1mmの1/1000の単位μm(マイクロメートル)】が用いられます。

【ウイルス】
大きさは細菌よりもはるかに小さく、細菌のように栄養を摂取してエネルギーを生産するような生命活動は行うことができず、単独では生存できません。生きた細胞の中で増殖していきます。

一部インフルエンザウィルスのように有効な抗ウィルス剤の薬はありますが、
基本的に抗生物質の効力はありません。

※大きさは細菌の単位のμmの更に1/1000の単位nm(ナノメートル)】が用いられます

ウイルスが菌より感染力が強い理由

ウイルスの方が菌よりはるかに感染力が強いのは、ウイルスの飛沫核が非常に小さく空気中に容易に浮遊でき、安易に体に侵入しやすい理由があるからです。

関連 菌やウイルスの感染経路の種類!P.M2.5とは?

O157の例

食中毒を引き起こす代表的なもの。

「O157」は環境中に存在する「大腸菌」といわれる細菌の一つです。

O157は主に、家畜(牛、羊、豚など)の大腸をすみかとしています。

汚染は家畜糞便から水や食物を介して感染したり、感染した人から人へ感染します。

引用:日本医師会ホームページ

菌がそれほど多くなくても(100個程度で)下痢、腹痛などを起こします。

そのため、O157感染症は、他の食中毒に比べて気温の低い時期にも頻繁に発生しています。

菌の大きさは

  • 短軸0.4-0.7μm
  • 長軸2.0-4.0μm

とされています。

黄色ブドウ菌の例

ヒトや動物の傷口(特に化膿しているもの)をはじめ、手指・鼻・のど・耳・皮膚などに広く生息している常在菌です。

健康な人でも、20〜30%が菌を保有していると言われています。

  • 表皮感染症
  • 食中毒
  • 肺炎
  • 髄膜炎
  • とびひ

となるようなさまざまな感染症を引き起こします。

▼見た目通り、丸いぶどうの房が連なっていることから名付けらたそうです。

引用:農林水産省

感染すると、食後1~6時間で、吐き気、おう吐、腹痛などをおこします。

下痢をおこすこともありますが、発熱はあまりありません。

細菌の大きさは

直径約1.0μm

ほどです。

関連 とびひの原因菌!溶連菌と黄色ブドウ菌で症状が違う例

ミルキンの使いかた

ミルキンの使い方はとても簡単。

食品をカットする機械やまな板など、汚れを確認したい部分を綿棒でこすり水を垂らして、

専用台に置いたスマホのカメラ機能で菌が映し出されるという仕組みで、

作業自体は数分で終了します。

簡単4ステップ

使い方例はエノキダケの胞子です。

①検査したい部分を水で濡らした綿棒でこする

②本体のステージ部分に綿棒についた試料を塗り付ける

およそ1000倍に拡大したものがスマホに映し出される

④スマホ画面なので拡大も自由自在、そのまま写真や動画に記録する事が可能です。

ウヨウヨと菌が実際に動くところをリアルにみることができます。すごい!

ミルキンの注文方法・アプリはある?

ミルキンのコンセプトは、

『菌や微生物の汚れまでもスマホで見る時代!』

とはすごいですね。

注文は、株式会社アクアシステムのホームページで専用注文書をダウンロード、

  • メール
  • FAX

にて、日本国内のみの発送とのことです。

今のところネットでの販売はまだされておらず、納期も注文が多いため明記はありませんでした。

アプリなどもまだ無いそうで、これから買い方もお値段も、ますます便利に手軽になるといいですね!

▼アクアシステムが公開している大腸菌の動画

まとめ

今までその存在や脅威は知っていても、小さすぎて目に見えることはできなかった「菌」という存在。

実際に目にみえることで、予防対策の意識が広がればいいですね。

一般のご家庭でも、お子さんと一緒にみることで「科学」という世界が身近に感じられる学習ツールとしても、とてもいい商品だと思いました。

また、同じように思っていた「ウイルス」も、細菌の更に1000分の1という小ささの単位が用いられることも驚きました。

もしかしたら将来

「ウイルスもスマホで見る時代」

が来るかもしれませんね!

皆さんも是非一度、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

菌・寄生虫の関連記事

とびひは大人にうつると危険!市販薬はある?

マダニが引き起こす感染症は菌とウイルス!

お刺身の食中毒種類には何がある?しっかり対策を

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

コメント

  1. 従来はルミテスターで計測していましたが数字だけで説明するよりも画面で説明する方が一般のユーザーには理解し易いと思います。

    • hana より:

      ルミテスターという商品初めて知りました!勉強になります。ありがとうございます!