【写真&画像】川崎病の症状経過の順番・急性期&後遺症とは?大人になってもうつる(再発する)?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

川崎病1

「川崎病」は4歳以下の小さなお子さんがかかることの多い病気の一つ。

これだけ医療が発達しているといわれる現代においても、患者数は毎年増え続けていて、

  • 細菌やウイルスによる感染症の一つなのか
  • 体質や遺伝によるものなのか
  • 生活環境によるものなのか

原因ははっきりしたことが分かっていないため、

根本的な予防策や・効果的な治療法についても未だ確立されていません。

発症すると軽度で済むものから、心臓の異常まで生じることもあり症状は様々。

大事に至る可能性を少しでも下げるためには、早期診断と観察がとても大切になります。

  • 川崎病の初期症状経過の順番とは
  • 人にうつる病気?
  • 大人も再発するのか

などについてまとめました。

スポンサーリンク

川崎病とは

川崎病は主に乳幼児がかかることが多く、

“全身の血管が炎症を起こす病気”

とされています。

正式には、1967年に東京・日赤中央病院(現在の日赤医療センター)小児科の川崎富作博士によって、

『急性熱性皮膚粘膜リンパ腺症候群(MCLS)』

という名前で初めて発表した病気で、

博士の名前から通称

『川崎病』

と言われるようになりました。

川崎病は世界的に有名

川崎病は英語では

「Kawasaki Disease」

と言われ、世界共通の病名です。

主に4歳以下の乳幼児がかかる病気で、特に日本をはじめとするアジア系の国に多くみられます。

関連 川崎病は世界でどんな国に多い?

川崎病の症状は2段階

川崎病の症状は、

  • 急性期(発症後すぐに症状が出る時期)
  • 後遺症(発症後しばらく経過して見つかる病気。冠動脈の障害などの心疾患等)

の2つに分けられています。

川崎病の初期症状6つの特徴

最初の急性期の川崎病には、全身の血管が炎症を起こすことによって、特徴的な症状があらわれます。

たいていは次の6つの主な症状のうち、

  • 5つ以上にあてはまる
  • 4つ以下の症状にしかあてはまらなくても冠動脈瘤がみられる

の場合は、川崎病と診断されます。

川崎病急性期・6つの症状と写真

① 38度以上の高熱が5日以上
② 赤い発疹が全身にあらわれる
③ 両目が充血して赤くなる
④ 唇が赤くなる・荒れて出血する、舌に苺のような赤いブツブツ(いちご舌)ができる
⑤ 手足に腫れやむくみがあり、赤くなる。熱が下がったら手足の指先の皮膚の皮がむける
⑥ 首のリンパ節が腫れる

これ以外にも

  • お腹が腫れる
  • 関節痛
  • 下痢症状
  • 発熱や喉が赤く、咳が出る

などの場合もあるため、普通の風邪と間違われることがあります。

川崎病は早期の治療開始が重要ですので、特徴的な症状や少しでも異変を感じたら、

すぐに医療機関を受診することが大切です。

川崎病 全身の発疹

引用:日本川崎病学会(全身に赤い発疹)

川崎病 目の充血

引用:日本川崎病学会(目の充血)

川崎病 イチゴ舌

引用:日本川崎病学会(いちご舌)

川崎病 手の紅斑

引用:日本川崎病学会(手の紅斑)

川崎病 皮がむける

引用:日本川崎病学会(指先の皮膚がむける)

急性期症状はいつまで続く?

この様な「急性期の症状」と言われるものは、通常1~2週間で回復しますが、場合によっては1か月以上続くこともあります。

恐ろしい川崎病の後遺症・残る確率は

川崎病が怖いのはこうした症状だけではありません。

治療が遅れたりすると、命にかかわる後遺症が残ることがあるからです。

心臓にある『冠動脈』(心臓の筋肉に酸素や栄養を送る血管)

と言われる部分が膨らむことで

  • 冠動脈の拡張
  • 冠状動脈に瘤(こぶ)ができる

という症状をいかに防ぐかが大切になるからです。

冠動脈瘤

引用:国立循環器病研究センター -川崎病-

患者のうち、約10%前後は冠動脈にこういった障害が残るといわれています。

適切な治療を受けていなければ、ごくまれに冠動脈が詰まってしまうことで、

心筋梗塞の発作が生じて死亡するケースもあります。

後遺症の症状についてはこちらで詳しくまとめています↓

川崎病の再発の可能性は?うつるの?

川崎病の場合はかかった子の2~3%に再発がみられます。

日本川崎病研究センターが2013〜2014年に行った全国調査によると、

再発例は4.2%で、男子のほうが若干多く、6歳までの子供に多かったと報告されています。

病院

また中には、1回だけでなく、2回以上再発している人もいます。

そして、川崎病は基本的にうつる病気ではないとされていますが、兄弟でかかる場合が1~2%程度という報告もあります。

大人になっても再発する!

再発までの期間は、約半数が1年以内に子供に多く再発しますが、

極めてまれに成人してから再発したケースもあります。

子供が再発した場合は、発熱や発疹など、急性期と同じような症状が出ることが多いとされていますが、

成人してから再発した場合は、胸に激烈な痛みを感じるなど、急な心臓発作を起こすケースが多いとされています。

川崎病の治療費の補助

川崎病の治療費については

「小児慢性特定疾患医療給付」

などといった名称で、医療費を補助している場合があります。

子供の医療費補助については、自治体によって内容や名称はさまざまありますので、

お住まいの都道府県のホームページなどを確認して補助制度を有効活用してください。

制度や費用の請求などについてはこちらで詳しくまとめています↓

まとめ

川崎病は「子供の心筋梗塞」ともいわれ、さまざまな研究が進められていますが、

発症源が未だ不明な病気です。

主に4歳以下の乳幼児がかかる病気で、世界でもアジア系の人々に多くみられます。

しかし、川崎病は治療方法や合併症の検査方法などは確立されていて、

国や自治体の治療費の補助もされていますので、すぐに医師から適切な治療を受けることが大切です。

【主に参考にさせて頂いたサイト】

日本川崎病学会 (http://www.jskd.jp)

国立循環器病研究センター(http://www.ncvc.go.jp)

メディカルノート (https://medicalnote.jp)

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます