空気嚥下症(吞気症候群)チェックや改善法!噛みしめすぎると併発する病気・症状6つ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

呑気症

無意識のうちに大量の空気を呑み込み

『強い胸やけ』

『げっぷ』

の症状に悩んでいる方は多いようです。

胸やけ&ゲップの原因と言えば、胃酸が逆流する

「逆流性食道炎」

が有名ですが、

実は空気の呑み込み過ぎでも起こります。

「新型胸焼け・ニュータイプ胸やけ」

などとも称される空気嚥下症(吞気症)。

悪化すると、ぐっと歯を食いしばり筋肉を緊張させてしまうことで、

胃腸系や頭痛、耳、首、肩‥

体中のあらゆる場所に不調な症状が及びます。

たかが空気、されど空気、無意識の空気の呑み込みを一度見直してみましょう。

スポンサーリンク

空気嚥下症(吞気症)とは

胃腸などの臓器に、特に疾患や異常が見当たらないにもかかわらず、

胸やけやゲップが止まらない原因不明の胃腸痛。

吞気症

引用:日経電子版 -ゲップ・おならで悩んだら呑気症-

「空気嚥下(えんげ)症」

または

「呑気症(どんきしょう)・呑気症候群」

といわれるこの症状は、

8人に1人とも4人に1人とも悩んでいると言われていますが、

病名や対処法が分からず、

人知れず病院に行かずに悩んでいる人はかなり多いとされています。

(以下:吞気症)

空気嚥下症(吞気症)の原因

呑気症の人は、

  • ストレス
  • 食事の食べ方
  • 日ごろの癖

などが原因で、多量の空気を無意識に飲み込んでしまいます。

胃に溜まる空気の量が、通常の人の三倍くらいになっていしまうことで、

  • 胃の不快感や痛み
  • お腹が張る
  • 連続するげっぷ・おなら

などに悩まされます。

空気嚥下症(吞気症)は女性が多い

呑気症の原因のほとんどは、不安や緊張によるストレスとされていて、

特に20代~50代の女性に多いと言われます。

空気嚥下症(吞気症)の改善策は

原因が「空気」であるこの症状は、胃腸の薬などは効かないことが多いため、

基本的には気持ちをリラックスさせ、ストレスを軽減することを心がければ、

自然に改善させることが可能です。

併発しやすい病気・症状6つ

たかが「空気」が原因の呑気症。

しかし吞気症が怖いのは、適切な対処をせず放置すると、

さまざまな症状が併発することです。

特に原因がストレスの人は要注意です。

①噛みしめ呑気症候群

ストレスが多い人は空気の呑み込み時に

無意識に歯を「噛みしめる」癖

が出てしまうことが多くあります。

鼻

歯をかみ合わせる時に使う筋肉が緊張することで、顎(あご)や顔に痛みが生じたり、

肩や首の痛みや凝り、頭痛、腕のしびれなどの症状があらわれます。

しばしばこれを、吞気症とは独立した症状名として

「噛みしめ呑気症候群(かみしめどんきしょうこうぐん)」

と呼ばれ、あるデータによると患者さんの男女比は、

「男性:女性=1:4」

女性の方が圧倒的に多い数字となっています。

噛みしめ呑気(どんき)症候群の原因や症状!舌の位置を知って歯の食いしばりを予防
「最近ゲップがよく出る」 「お腹の張りをいつも感じる」 「頭痛や首のこり、あごの痛みがある」 そんな時、緊張のあまり歯をグ...

②逆流性食道炎

チリチリとした胸の痛み・呑酸(どんさん)といわれる苦くて酸っぱいゲップ…

逆流性食道炎は、酸性の胃液や食べた物が食道に逆流して、炎症や痛みを生じる病気です。

吐き気

“苦しい胸やけ“という共通の症状が、吞気症と間違いやすい病気です。

吞気症によって食べた物が逆流しやすくなるため、

逆流性食道炎も同時に併発してしまうこともあります。

逆流性食道炎の症状チェック!咳や痰・げっぷ・吐き気・背中痛・胃痛・動悸がつらい
食生活の変化が原因で日本人に増えているといわれている「逆流性食道炎」 通称”逆食”は、かつては欧米の肥満の方に多くみられる症状...

③過敏性腸症候群

ストレスが溜まると、自律神経にも影響が出るため、消化器系に異常も出てきます。

「過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)」

は、大腸や小腸の運動機能の異常で起こる病気の総称。

おなか

炎症や潰瘍など特定の疾患が見当たらないにもかかわらず、

下痢や便秘・腹痛といった便通異常があらわれます。

④膨満感

胃腸が膨らんでお腹が張り、圧迫されているように感じるのが膨満感です。

  • 食べすぎ飲みすぎで胃が膨らむ
  • 空気の吸い込みすぎ(吞気症)
  • 腸内でガスが異常に発生(過敏性大腸症候群)

などが原因で起こります。

お腹がボコボコ(ポコポコ)鳴る音・動くのはなぜ?水やガス溜まり以外の原因も
なぜかお腹がポコポコ・ボコボコ・ちゃぽちゃぽ・ちゃぷちゃぷ… お腹に何か住んでる?!と心配になることはありませんか。 胃腸に...

⑤上腹部痛

上腹部痛は、上腹部の中心にあたる『みぞおち』に起こる痛みの総称。

ストレスから、上腹部痛を起こすことも少なくありません。

主に胃腸の異常が原因ですが、ときに胆嚢(たんのう)、すい臓や胸部の異常など、

他の病気が隠れている場合もあります。

⑥不安症やうつ状態

人前ではゲップ・おならは我慢してしまうもの。

ストレス

抑えようとするあまり、それがストレスになり、また悩むことで、

『さらにまた空気を呑み込む』

という悪循環が生じてしまいます。

結果、不安症やうつ状態におちいってしまう人は少なくありません。

噛みしめ状態になりやすい人

吞気症の人に多い「噛みしめる」という行為。

実は、誰もが無意識で毎日行っている動作の一つです。

「意識的にぎゅっと歯を食いしばる」ということだけでなく、

『食事をするとき以外にも奥歯の上下の歯を合わせてしまう

という状態です。

お腹に力を入れるとき

重い物を持ったり、しゃがんで仕事をしたり、無理な筋トレなど、

ぐっとお腹に力を入れるときがあると思います。

この時、一瞬同時に歯も「噛みしめて」います。

いつも緊張状態の人

口をぽかんと開けたままではだらしなく見えてしまいますね。

そうならないために、口をしっかりキュッと閉じていることは悪い事ではありませんが、

注意深くするあまり、上下の奥歯がずっとくっついているのに気が付かない人は要注意。

「噛みしめ」すぎています。

何かに夢中になりやすい人

ゲームやテレビなど、何かに熱中している時は、噛みしめやすくなっています。

猫背気味の人

パソコンの仕事やスマホを見ている時、どうしてもうつむき加減になるため、

奥歯をグッと合わせやすい状態に。

ついつい無意識に前かがみになってしまうときは、パソコンなどに

「上を向く!」

という紙を貼ると効果的です。

ストレスの多い人

落ち込みや不安な気持ちが多い時は、ついつい下を向いて歩いてしまいます。

デスクワーク リフレッシュ

背筋を伸ばしてリフレッシュ!

辛いことも吹き飛ぶように、なるべく背筋をピンと伸ばして歩きましょう。

空気嚥下症(呑気症候群)の治し方・治療・市販薬は?症状は腹痛・吐き気・息苦しさ!
「おなかが張った感じがする」 「オナラやゲップが頻繁に出る」 「喉にいつも何かが詰まった感じがして息苦しい」 これらのいわ...

空気嚥下症(吞気症)はなぜ診断されにくい?

吞気症は、悪化すると不快症状が全身にあらわれます。

  • 締め付けられるような胸やけ
  • ひどいゲップ
  • おなら
  • 頭痛
  • 顎や肩の痛み
  • 耳鳴り
  • 目の奥の痛み

このため、病名が分からないうちは

脳外科・神経内科・外科・歯科・耳鼻科・消化器内科・眼科…

など、さまざまな病院を回ってしまい、結局

“どこの診療科でも異常や疾患は見当たらない“

と、たらい回しになってしまうことが多いのです。

空気嚥下症(吞気症)の治療

空気嚥下症の治療は、原因が明確にされていないため、特別な治療法などはありません。

まずは

消化器専門医で消化器官を一通り検査

してみることが大切です。

病院

腹部や胃部のX線・内視鏡・腹部超音波・腹部CT

などの検査をします。

なぜなら、食道や胃・腸の他の疾患が原因で、同じような症状が起こることが多いからです。

また、吞気症はストレスが原因で他の病気を併発することも多いため、

心療内科や精神科、歯科との共同治療も行われることもあります。

カウンセリング

医師やカウンセラーが呑気症を発症した背景をさぐり、原因を探します。

場合によっては、自律訓練法の指導などを行います。

薬物療法

吞気症の人は、人知れず悩みを抱えてしまうことで心疾患を伴っていることが多くあります。

薬

具体的に、お腹の空気をなるべく消滅させるために、消泡薬、消化酵素薬などを用い、

気分の落ち込みが激しい時は抗うつ薬や抗不安薬などを使用します。

マウスピース(スプリント)

診断によっては、その人の型にあった

「嚥下反射防止(えんげはんしゃぼうし)スプリント」

というマウスピースを作る場合も。

歯型

引用:さち臨床心理研究所 -噛みしめ呑気症候群とは-

口にはめる事で、噛みしめによる空気の飲み込み回数を減らす事ができます。

逆流性食道炎で口が渇く?!口腔内に口内炎・口角炎を繰り返すのは呼吸が原因?対策は
逆流性食道炎、通称『逆食』。 消化途中の食べた物が、胃液とともに食道を通って口まで逆流してしまいます。 胸の痛みや胸やけ...

空気嚥下症(吞気症)改善のヒント

呑気症は、症状が軽ければ自分で十分改善していくことが出来ます。

自分を緊張状態にしない

「おならが出たらどうしよう」「おなかが鳴ったらどうしよう」といった心配が症状を悪化させる原因になります。

ハーブティ

緊張した状態で深呼吸は「空気」をさらに飲みこんでしまうので、ほどほどに。

ハーブティーを飲むなど、自分なりのいつでもできるリラックス法を見つけるようにするのがおすすめです。

食事に気を配る

空気を飲みこんでしまう一番の原因は食事です。

  • ゆっくりと噛む
  • 大げさにすすらない
  • 炭酸系の飲み物を控える

のほか、口をモゴモゴ動かしてガムを噛む時も空気を飲み込んでしまいますので、なるべく控えた方がよさそうです。

胃腸の消化に負担となり、刺激の多いものも一度見直す必要があります。

消化に良い食べ物などについてはこちらもぜひ参考にしてみてくださいね↓

消化に時間がかかる食べ物や食事一覧!胃腸が弱い&便秘の方も要チェック
よく風邪などのときは「消化によいうどんを食べなさい」と言われますね。 そもそも「消化にいい食べ物・消化に悪い食べ物」とはどうい...

体を冷やさない

“冷えは万病のもと”といわれ、特に女性に多い冷え性。

体を冷やさないように意識的に体を温める必要があります。

免疫力を高め、体を温めるヒントはこちらもぜひ参考にしてくださいね↓

免疫力を高める飲み物(飲料)は?味噌汁・水・ミネラルはなぜ大事?体温を上げる理由も!
秋から冬にかけては空気がだんだんと乾燥し、ウイルスなどが活動しやすく、風邪などの感染症も多く流行しますね。 病原体を跳ねのけら...

香りでリラックス

アロマオイル&キャンドルの香りは、不安や緊張をほぐし、体と心を穏やかに保つ作用のあるものがたくさん。

  • 外出先でハンカチなどに含ませてゆっくりと吸いこむ
  • お風呂に垂らして香りを楽しむ

の他、最近は“飲めるアロマオイル”というタイプもあるため、

白湯などに入れて直接飲むのもおすすめです。

ストレス軽減の効果があるとされる香りは

  • ラベンダー
  • ローズマリー
  • クラリセージ
  • ローマンカモミール

などが人気です。

深刻な病気ではないので落ち込まない!

吞気症は、命を落とすような危険な病気ではありません。

ですから、まずは考えすぎないこと!

『噛みしめや空気の飲み込み』

にならないように意識は持ちつつ、楽しく過ごしていれば、

いつの間にか症状が消えていたということも沢山あるようです。

まとめ

空気嚥下症(呑気症)は特定の疾患や病気ではありません。

しかし、放置してしまうことで、併発する病気はさまざまあり、

ストレス社会と言われる現代では、誰しも起こる可能性がある症状です。

また、ガンなど他の重大な病気が隠されていることもあるので、

あまりにも症状が長引いたり苦しい場合は、我慢せず早めに医師に相談を。

検査をしてみて「臓器には何ら異常が無かった」という事実を知るだけでも、

大分気持ちのストレスは落ち着くはずです。

自分なりのリラックス方法や、普段どんな呼吸をしているのかを、意識することから始めてみてくださいね。

空気嚥下症(呑気症候群)の治し方・治療・市販薬は?症状は腹痛・吐き気・息苦しさ!
「おなかが張った感じがする」 「オナラやゲップが頻繁に出る」 「喉にいつも何かが詰まった感じがして息苦しい」 これらのいわ...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます