カピバラは日本のペットショップで買える?価格(値段)や飼い方・海外情報は

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

カピパラ ペットにできるのか

カピバラといえば“のほほ~ん”とした表情で誰もが癒されますね!

「カピバラさん」

という癒し系のキャラクターが発売されたり、

性格も人懐っこくて、人間のように温泉も大好き!

…となれば

「ペットとして家で飼いたい!!」

という方もいるようで、海外でも日本でも、実際にペットとして飼ってる方はいらっしゃいます。

  • 一体相場はいくらなのか
  • お世話はどんな点に気を付ける?
  • 国内でカピバラに触れ合える場所

など紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カピバラはペットで飼える?

カピバラは外国産で大型なので、ペットにできるのか?

という疑問ですが、答えとしては

「ペットとして飼うのは可能・免許(許可)も不要」

です。

しかし、カピバラは当然普通のペットショップでは売られていないので、なかなか簡単に飼える動物でもなさそうです。

その理由や、カピバラの生態などを見ていきたいと思います。

カピバラをペットで飼う時の注意点

カピバラは、もともと暑い地域の南米産に生息する動物。

「齧歯(げっし)類テンジクネズミ科」に属する、モルモット、ビーバー、リス、ネズミなどの仲間です。

和名 ・カピバラ(Capybara)

・オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)

生息地 南アメリカ・アマゾン川流域の温暖な水辺
性格 とても穏やか、警戒心があるが人になつくことからペットとしても人気
大きさ 大きいもので全長130㎝・体重60㎏くらい
食べるもの 植物食で、主に水中や水辺にあるイネ科の植物など
寿命 10年くらい
世界での他の呼び名 カルピンチョ・カピンチョ・カピーバ・ジェラタイ・
アモー・ピローピロ・ポンチョ…他多数

前歯のケア

齧歯(げっし)類とはモノをかじるのに適した歯と顎を持つことが特徴です。

カピバラなど多くは草食性ですが,齧歯類の中には雑食性の動物もいます。

カピバラ 前歯

引用:伊豆シャボテン動物公園

カピバラは見ての通り前歯がとても立派で、この歯は硬いモノをかじって削らなければ伸び続けてしまうため、木のようなものを用意する必要があります。

寒さに弱い

温暖な気候が原産ですから、日本の冬は特に温度管理をしてあげなければなりません。

水場は大好きですが、意外にも雨は苦手なので、雨の日は群れて身を寄せ合って雨やどりをしています。

関連 カピバラはなぜ温泉が好き?全国カピバラ入浴スポットも!

水辺を好む

もともと水辺近くの茂みや森などに暮らしているため、手足に水かきがついているので泳ぎが得意です。

▼カピバラの水かき

カピバラ 水かき

トイレの場所

トイレも水中でするため、飼育するときはカピバラが生活するのに適した、

大きめの水場(プールや池)などを用意する必要があります

エサは

カピバラは野生ですと、森に生えた水辺の草や果実、木の皮などを食べています。

ペットとして飼うにも、一日に約3㎏ほどのエサ(野菜や果物・ペット用の総合補助食品ペレット)などが必要です。

カピバラのお値段

カピバラを売っている・繁殖している先は国内にほとんどないためお値段は高額です。

相場は70万円前後

のようですね。

ネット上で見つけたショップはこちら↓

有限会社プラスト

ワールド牧場

いずれも、普通のペットショップでは取り扱わないような特殊な動物を売っているお店を利用することになります。

カピバラの性格や危険性は

愛嬌あいきょうがあって、ほんわか、動きもゆっくりのイメージのカビパラ。

草食動物で警戒心が強いですが、いったん人になれると大変人懐っこい性格です。

ですから他の動物を襲ったりということはありませんが、身の危険を感じたりしたときはかみつく恐れもあるようです。

カピバラ

引用:伊豆シャボテン動物公園

何しろ鋭い前歯がありますから、相手にケガをさせる可能性はありますね。

他の動物と同じく、不必要に危害を加えたり嫌がらせはしない方が良いという事です。

カピバラをペットで飼っている人たち

海外ではペットとしてカピバラを飼っている方もかなりいらっしゃるようです。

拝見したところ、どの方もご自宅にプールや水場があり、広いお家…という共通点がありそうですが(笑)

それにしてもなんともかわいい表情ですね。

▼一緒にプールに入っちゃうよ

カピバラ ペット6

▼他の動物もだいすき!

カピバラ ペット5

▼リードをつけてスーパーへ

カピバラ ペット4

▼ソファでお昼寝タイム

カピバラ ペット3

カピバラを飼えなくても触れ合いたい!

飼うのはハードルが高くても、実際に触ったり触れ合いたいと思う人も多いですね。

そんな願いを叶えてくれる場所は…

【北海道】
ノースサファリサッポロ

【千葉県】
市原ぞうの国

【群馬県】
草津熱帯圏トロピカルワンダーランド

【静岡県】
フジサファリパーク

【岐阜県】
世界淡水魚園水族館

【大阪】
ひらかたパーク

【兵庫】
赤穂海浜公園 動物ふれあい村

【山口県】
秋吉台自然動物公園

【福岡県】
海の中道海浜公園

【長崎県】
長崎バイオパーク

【熊本県】
阿蘇カドリードミニオン

【沖縄】
ネオパーク沖縄

などなど他にも、全国の動物園にカピバラに触れ合える場所は沢山ありました!

カピバラにはツボがある?!

カピバラと触れ合える場所で、ぜひ挑戦して欲しいのが

「カピバラマッサージ」

です(^^♪

カピバラは気持ちよくなると、毛をボワッと逆立てて、体をくねらせながらゴロンと転がるそうですよ!

暖かい日差しの下で、体に日光が当たるようにしてあげるといいのだとか。

カピバラにもよりますが、大体ツボの場所は

「お尻」

だそうです。

カピバラのお尻には、尻尾の跡のようなポッコリとした出っ張りがあります。
それがツボです!

他にも、

「喉の辺りや頬」

などがツボのカピバラもいます。

いろんなカピバラに触れ合って、それぞれのツボを見つけてみてくださいね。

まとめ

カピバラは大型ですし、実際に飼うとなるとなかなか条件が沢山ありそうですね。

寿命は10年から12年と言われていますので長期で育てる必要があります。

水辺も必要ですので、

大きいプールや池、庭には木があり、空調設備も整っているお家…

となるとなかなかハードルが高そうですね。

また、万一病気になっても、診てもらえる病院も少ないという状況もあります。

ペットとしては難しくても、実際触れ合える場所は全国にたくさんありますので、ぜひお近くのテーマパークや動物園に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※ちなみにカピバラは温泉好きとしても有名です。

「カピバラ露天風呂」はもはや日本の冬の風物詩?

珍しい「カピバラ in 露天風呂」の様子を見られる場所も紹介していますので、ぜひこちらの記事もお役立てください↓

関連 カピバラ温泉が可愛すぎる!一緒に入浴できるスポットも!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます