【画像】カマキリモドキの種類や毒・日本の分布(生息地)は?幼虫は飼育できるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

カマキリモドキ

地球上には人間も含め、あらゆる生命体が存在していますが、

頭がカマキリで、体がハチ…!?

合成写真とおもいきや、これは実際に日本に生息している昆虫のひとつ。

カマキリとハチ両方の、見た目の特徴を合わせ持つ昆虫がいます。それは

「カマキリモドキ」

ハチのような体つきと色、なのにカマキリのように頭が三角でカマも持っている…これは一体何の仲間?

  • カマキリモドキは何種類?
  • どんな生態をもつ昆虫なの
  • 〇〇モドキは沢山いる!

気になったので調べてみました♪

スポンサーリンク

カマキリモドキとは

生物学上は

アミメカゲロウ目カマキリモドキ科

という仲間に属するカマキリモドキ。

カゲロウでもカマキリでもハチでもない、馴染みの少ない複雑なグループです。

世界中ではコスタリカなど熱帯や温帯地域に生息していて、これまでに400種ほど発見されており、日本にも8種が確認されています。

カマキリモドキの生態

カマキリモドキは主に夏、街頭など明るい場所によく現れます。

英名では

Mantisflies=カマキリバエ

で、飛ぶ様子はハエのようにすばしっこく、大きさは2㎝ほど。

バッタやハエなどの昆虫や、花の蜜も飲みます。

見た面の模様がスズメバチにも似ていますが、体の色は

オレンジ ピンク 茶 黄 緑 赤

など種類によってもさまざま。

人を刺したり毒があるわけではないですが、毒針を刺すような仕草もするとのこと。

見た目も生態も不思議ですね♪

カマキリモドキ幼虫の生態

カマキリモドキはクモの天敵と言われています。

なぜなら幼虫の多くは、クモの巣やクモの卵に寄生し、その汁を吸って成長するからです。

そして、クモの卵の中にそのまま繭をつくって、蛹(さなぎ)になります。

日本での種類や分布

日本に分布するカマキリモドキの主な種類です。日本全国に分布していますね。

名前 分布場所
キカマキリモドキ 本州,四国,九州
ヒメカマキリモドキ 北海道,本州,四国,九州
オオカマキリモドキ 四国,九州
ツマグロカマキリモドキ 本州,四国,九州
ウスグロカマキリモドキ 本州
ツシマカマキリモドキ 対馬

カマキリモドキは採集&飼育できる?

カマキリモドキは夏〜秋にかけて、街灯の周りや葉上など、ほぼ日本中に生息しているため採取できるとされていますが、そう簡単には見つかるものではない貴重な昆虫です。

小型で昼間見つけるのは大変なので、本格的な機材を使って「灯火採取」を行う必要があります。

実際に、日本でカマキリモドキを飼育している前例や情報は非常に少ないため、参考になる手順というものもありません。

毒があって水疱が出来る?

「カマキリモドキ」は人を刺す虫ではありませんが、非常によく似た名前の虫に

「カキリモドキ」というものがあります。

カミキリモドキ

引用:Weblio辞書 アオカミキリモドキ

「ランプ虫・電気虫・火傷虫」とも言われる日本全国にいるこの有毒害虫は、初夏に多くみられ、

体長は同じくおよそ2㎝程度の、カマキリモドキとは全く別の種類の虫です。

刺されると2~6時間で痛みと水ぶくれ(水疱)が出来て、かさぶたになり強い痒みが生じます。

いわゆる、蚊やブユ・ハチなど「虫刺されで気をつけたい虫」の一つですので、気をつけましょう。

関連 山の虫刺されには何がある?刺された時の対応は

〇〇モドキの昆虫たち

このように、「〇〇モドキ」と名前が付けられている昆虫は数多くあります。

サソリモドキ」や「ナナフシモドキ」などに代表される昆虫たちは、

名前のとおり、ある種の昆虫の姿をしていても、

「あくまで見た目の姿がにている」

というだけで、実際にはそれらとは違った生態をもっています。

サソリモドキは「世界三大奇虫」!その姿はこちらです↓

【画像】世界三大奇虫ヒヨケムシの大きさや毒はある?日本で販売・飼育は?
『世界三大美女』のクレオパトラ・楊貴妃・小野小町 『世界三大珍味』のキャビア・トリュフ・フォアグラ 世界三大〇〇と言われ...

いいとこどりな進化現象

「収斂進化(しゅうれんしんか)」ともいわれるこの現象は、自分達が生き延びていくために、他の生態から必要な部分だけをいわゆる「いいとこどり」して進化する現象のことです。

カマキリモドキは、カマキリと同じように小さな昆虫を食べるため、カマキリのようなカマに似た腕を持つことは、獲物を捕らえる際に好都合です。

そして、ハチのような体色をしている理由は、天敵に襲われないためだと考えられています。

つまり、カマキリモドキも収斂進化によって上半身だけがカマキリに、下半身はハチに進化していったと考えられています。

まとめ

自然の生態の進化というのは、本当に奥深いものがありますね。

まだまだ沢山面白い「〇〇モドキ」の種類がありそうです。

人間も、他人の良いところはどんどん真似して「〇〇モドキ」しながら、日々進化していかなくては…とカマキリモドキに教えてもらった管理人のハナでした!

関連 また外来種?謎の大型カマキリはピンク色!

【画像】世界三大奇虫ヒヨケムシの大きさや毒はある?日本で販売・飼育は?
『世界三大美女』のクレオパトラ・楊貴妃・小野小町 『世界三大珍味』のキャビア・トリュフ・フォアグラ 世界三大〇〇と言われ...
テンサイシストセンチュウ害虫が寄生する野菜は?被害影響・駆除や対策方法は
農林水産省は先日、キャベツやブロッコリーなどに寄生する害虫 「テンサイシストセンチュウ」 を日本で初めて発見したと発表し...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます