【画像】オニバス(鬼蓮)の花言葉や自生地・開花時期は? 種や実は販売してる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

オニバス

オニバスは、日本で見られる水生植物のうちで最大の葉を持ちます。

スイレン科の浮葉植物で、ハスという名前がついていますがスイレン科1年草です。

茎や成長した丸い浮葉、つぼみに太い鋭いトゲがあることから「鬼」という名前が付けられました。

通常は8月~9月の午前中、小さな赤紫色の花を咲かせますが、

繁殖がとても難しく、種はなんと50年も休眠してから発芽することもあるそう

絶滅危惧種の植物としても指定されている「オニバス」

  • オニバスが見られる場所
  • 花言葉や特徴

など紹介したいと思います。

スポンサーリンク

オニバスの花言葉

オニバスの花言葉は

【神秘的】

大型の水草で葉の直径は2mにも及びます。

葉の上にトゲ

葉の上にトゲがあります(引用:GKZ植物辞典)

8月~10月ごろ長い花茎を出し、先端に紫の直径4センチほどの紫の花をつけます。

花は日中に開花し、夜は閉じます。

科属 スイレン科オニバス属
和名 オニバス
漢字 鬼蓮
別名 イバラバス(茨蓮)イバラフキ(茨蕗)ミズフキ(水蕗)
学名 Euryale ferox
英名 fox nut, Pricky water-liliy
原産地 日本 台湾 中国 インド
生育地 湖沼やため池などに生育
季語

オニバスが見られる有名な場所

オニバスが見られる有名な場所といえば、

香川県善通寺市稲木町の「善通寺の前池」です。

前池とは

前池は「オニバスの咲く池」として、「四国のみずべ八十八カ所」に選ばれています。

日本最南端の群生地ともされていて、前池一面にオニバスが咲き乱れる様子が眺められます。

天気の良い日は讃岐山脈への眺望も開け、気持ちの良い空間で訪れる人の心を魅了します。

産経ニュース

引用:産経ニュース 2017.9.1

今年2017年は住民の方の努力もあり、環境を整えたことで順調に咲いているとのこと。

紫色の小さな花が水面から数センチだけ顔を出して可愛らしいですね。

花は9月中旬まで見られるそうです。

【前池のアクセス方法】
(高松方面から)国道11号線を西進し、同319号線を経由、善通寺市樫藪交差点を西。JR金蔵寺駅から南西約500m

オニバスは絶滅危惧種

環境省は“絶滅のおそれのある野生生物・植物のリスト”=通称「環境省レッドリスト」を毎年公表しています。

最新データの「環境庁レッドリスト2017年度版」によると、

  • 動物が約40%の1,372種類
  • 植物が約60%の2,262種類

とされていて、オニバスはその植物リストに入っている貴重な植物です。

絶滅危惧種のレッドリストとは

日本に生息又は生育する野生生物・植物について、生物学的観点から絶滅の危険度を評価してその結果をリストにまとめたものです。

(参考:環境庁レッドリスト2017年度版)

カテゴリ 略称 定義 具体的な生き物 ごく簡単に
絶滅 EX 日本ではすでに絶滅 ニホンオオカミ 日本にいません
野生絶滅 EW 飼育・栽培下の状態でのみ存続している種 トキ 自然の中はいません
絶滅危惧Ⅰ類 CR+EN 絶滅の危機に瀕している種 アホウドリ 助けて!絶滅してしまう
絶滅危惧ⅠA類 CR ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの イリオモテヤマネコ 助けて!もうすぐ絶滅してしまう
絶滅危惧ⅠB類 EN ⅠA類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いもの アカウミガメ かなりマズイ状態で絶滅しそう
絶滅危惧Ⅱ類 VU 絶滅の危険が増大している種 カスミサンショウウオ 結構な確率で絶滅危機
準絶滅危惧 NT 現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種 ヤマメ 今のところ大丈夫だけど気にしておこう
情報不足 DD 評価するだけの情報が不足している種 エゾシマリス ごめん!情報無いから分からない
絶滅のおそれのある
地域個体群
LP 地域的に孤立している個体群で、絶滅のおそれが高いもの ツキノワグマ 場所によってはマズイ

定義上の「絶滅危惧種」とは青で着色した4カテゴリ内のものだけを指します。

関連 カスミサンショウウオとは?2017年見つかったニュース

オニバスの危険度は

上の図のように、レッドリストには絶滅具合でカテゴリ別に分かれていますが、オニバスは

  • 絶滅危惧II類(VU)

に分類されていて、大変貴重な植物なのです。

オニバスの実や種は販売してる?

オニバスはかなり巨大な容器や池でないと開放花(水上に咲く花)は咲きません。

しかも、オニバスの種子は全てが翌年に発芽するとは限らず、数年から数十年(50年とも)休眠してから発芽することが知られています。

▼オニバスの実。中に黒い種が100個ほどはいっているのだとか

引用:ウィキペディア オニバスの実

そのため自生地でも、多数見られる年と見られない年もあり、逆に絶滅してしまったと思われていた自生地の池でも、ある年いきなりオニバスが姿を見せることもあるそうです。

ネットショップでもいくつか販売しています↓

トオヤマグリーン

ショッピングサイトcharm

まとめ

オニバスはかつて本州・四国・九州の河川や池に多く生息していましたが、

だんだんとその数は減ってしまい、現在日本の北限では、新潟県新潟市と言われています。

絶滅危惧種であり、そして毎年咲くわけではなく、数十年かかることもある…

花言葉通り【神秘的】で不思議な植物ですね。

そんなオニバスですが、今年は香川県の前池で大変多く咲いているそうです。

ぜひこの貴重な植物オニバスを、見に行かれてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます