にんにく生産量ナンバーワンランキング1位の都道府県は? 世界とも比べてみました 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

にんにく 生産量

スーパーで売られているニンニクを見るとそのほとんどが中国産か青森産ですね。
大きさも値段も随分違いがあるようです。

値段を考えると3個100円の中国産をついつい買ってしまいますが、やっぱり国産のほうがなんとなく安心…
と思っていたら最近は紫色のスペイン産も見かけるようになりました。
スタミナーパワー全開のニンニク!生産量やブランドなどを調べてみました!

スポンサーリンク

にんにくの生産量日本一は青森県!

ニンニクの生産量日本一は青森県!

青森県と言えば、りんご…その次に有名なのが「にんにく」です。

JA青森 にんにく

JA青森 ホワイト六片

初夏の6月下旬頃から本格的にシーズンを迎えます。越冬した青森県のニンニクは実がしまり、糖度が高くなることで知られています。

スーパーなどで見かけるものは一度乾燥させているため、通年に近い出荷を実現できるそうですよ。

ニンニク生産量ベスト5

2016年の全国出荷合計は約20,100t。トップは青森県の13,500tで、圧倒的なシェアになっています。

【都道府県別生産量ランキングベスト5】

都道府県 収穫量 全国シェアの割合
青森県 13,500t 70%
香川県 720t 4%
宮崎県 544t 3%
岩手県 394t 2%
大分県 295t 1.5%

青森県以外では、意外と南国のほうでも生産は行われていますが、1位の青森県との差は歴然ですね。

『国産にんにく=青森県』というイメージが強いのもこの収穫量を見れば当然のことかもしれません。

青森県で有名な栽培都市は?

青森県のなかでも特に栽培が盛んな都市が「十和田」。青森産の約半分は十和田市で生産されています。

▼ニンニクの収穫作業。掘り取り機で、一気にニンニクを掘り起こしていきます♪(出典:十和田にんにくホームページ)

十和田ニンニクが大きくて美味しい理由

八甲田山のふもとに位置する十和田市では、火山灰土の土質が多く、これはニンニクの肥大(大きくなること)や収穫に適した土質です。

ニンニク畑は、もともと水田だったところに多いこともあり、ミネラルの鉄分が多いことも、ニンニクの肥大性を高め、質・量ともに立派な日本一のニンニクに育ちます。

十和田で生産されるニンニクの品種は、最高級品種といわれる「福地ホワイト六片」種。白くて大玉、そして旨みや香ばしさの強いのが特徴です。

ほくほくして本当に美味しいですよね!

関連 ミネラルとは?日本一わかりやすく解説!

にんにくにはブランドがある

青森県を中心に栽培される「福地ホワイト六片」はとても有名ですが、実はご当地ブランドがたくさんあります。

「福地ホワイト六片」は、もともと約40年前に田子町で生産されて普及したニンニクで、現在は青森県八戸市、十和田市、おいらせ町、五戸町、六戸町、三沢市、東北町でも生産されています。

他に有名なのは「たっこにんにく」。これは福地ホワイト六片と同じ種類ですが、青森県田子町だけで作られているものです。

金太郎ニンニク 岡山 キャラクター

金太郎にんにくキャラクター 出典:JA岡山

「彦一にんにく」は北海道旭川市、「みらいにんにく」は新潟県、「元気玉」は岐阜県山県市、「ハリマ王にんにく」は兵庫県加西市、「金太郎にんにく」は岡山県…まだあります。

最近よく見かけるスペイン産って?世界の生産量は

世界の生産量ランキングをみると、最も多い国はお隣の中国です。

その総生産は約2,000万tで、国別では中国がダントツ1位!日本の約1500倍です。

中国の生産量は、世界シェアの約80%にあたる量で圧倒的、輸入ニンニクがほぼ中国産というのもうなずけますね。

【国別生産量ランキング】

順位 国名 生産量 世界シェアの割合
中国 1,916万8,800t 79.22%
インド 125万9,000t 5.2%
韓国 41万2,250t 1.7%
エジプト 23万2,164t 0.97%
ロシア 23万2,843t 0.96%
11 スペイン 17万3,600t 0.72%
35 日本 2万600t 0.09%

参考:FAOSTAT(2013年)

スペイン産のニンニク

スペインやフランスなど、ヨーロッパ地域には「アホモラード」「アイユローズ」というブランド名の「ピンク大蒜」と呼ばれるニンニクがあるのをご存知ですか?

香り高く質の良いハーブとしてネット通販で人気となり、最近はスーパーなどでもたまに見かけるようになりました。

中国産よりもさらに小さく子ぶり、皮は紫色をしています。小さい分少し皮が剥きにくいという特徴があります。

スペイン産ニンニク

スペイン産ニンニク「アホラモード」

味はとにかくマイルドで香りがよく、パスタなどを作るとき、最初にオリーブオイルでじっかくり色がつくまで火を入れることで香り良いニンニクオイルが作れると好評です。

にんにくの栄養は調理法で変わる

ニンニクに含まれている主な成分「アリシン」は、カラダに嬉しい効果が沢山あります。

細かくすりおろす、切る

にんにくに含まれている主なニオイ成分アリシンは、ネギ科の野菜に含まれる共通の成分です。

殺菌・解毒作用、抗酸化作用が高く、[体の免疫アップ]が期待できます。

アリシンを多く含む食材

アリシンは、ニンニクを細かく刻むことで発生する成分なので、調理の時はなるべくすりおろしたり切ったりするといいですね。

関連 ニラのアリシンで体を元気に!刻む場所で栄養がかわる?!

関連 ネギの栄養成分!風邪の時におすすめな理由

また、豚肉などに多く含まれるビタミンB1と一緒に摂ることで、筋肉中にたまった疲労物質・乳酸を分解して疲労回復を助ける働きがあります。レバニラ炒めなどは最高の組み合わせと言えますね。

まとめ

ニンニクは、日本でも世界でも人々の体を元気にしてくれるスタミナ食材。

お肉を何倍にも美味しくしてくれる疲労回復効果バツグンのハーブです。

美味しく食べて体を元気に保ちましょう!

関連 やさいの切り方で栄養がかわる?!用途によって使い分けよう

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます