漢方のチカラを見直そう。アトピーにも効果的なワケ

シェアする

スポンサーリンク

漢方 アトピー

アトピーの症状改善すのために、ステロイドの入った強い薬を使い続けている人は

多いのではないでしょうか。

しかし、この方法では一時的に症状が改善されても

薬を塗るのをやめるとまた症状が現れてしまいます。

ですので、根本的にアトピーを治すためには、体質を改善するのが最も近道です。

スポンサーリンク

アトピーの原因とは

アトピーは、正式名称を「アトピー性皮膚炎」といい何らかの要因で皮膚が炎症を起こし

「湿疹」(しっしん)や「かゆみ」が体中いたるところに現れる疾患です。

アレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く

改善と悪化を繰り返しながら症状がどんどんすすんでしまいます。

本来、炎症は体外から侵入してきた細菌やウイルスから身を守るために起こるものですが

アトピーの場合はからだの免疫が過剰に反応し

不必要に炎症が起きてしまうのが主な原因になっています。

原因は一つとは限りません。

たとえば、乾燥によって皮膚の保湿成分が不足すると

バリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなることも原因の一つです。

また、汗をかいたことで肌に雑菌が繁殖し、肌への刺激が増すこともあります。

その他、心理的なストレスや寝不足などによってホルモンバランスが不安定になり

免疫の働きに異常が起こることもアトピーの原因になるでしょう。

アトピーの原因はいろいろありますが、共通するのは「何度も繰り返す」という点です。

塗り薬などで症状が改善されたように見えても

乾燥や汗の刺激によってまた悪化するというケースがほとんどです。

ですから、アトピーの原因となっているものが何なのかを突き止め

環境と体質の改善を図っていく必要があるでしょう。

つらいアトピー 漢方の治療ってどういうもの?

漢方における治療の考え方は西洋医学のものと異なります。

病気の原因に対して直接「薬」などを使った「部分治療」を行うのではなく

一人一人の体全体に対して「全体治療」を行うのが特徴です。

見た目が同じ病気や症状であっても、人によって体質が異なるため

個人に合った改善の方法をトータルで考えていく必要がある

というのが漢方医学の基本的な考え方だからです。

一般的に皮膚科でのアトピー治療方法には、主にステロイドや尿素軟膏

抗ヒスタミン薬などの薬を使った「部分治療」である場合がほとんどです。

一方漢方治療では、このような薬が使用されることはなく

心と体のバランスが崩れた原因や、その症状を専門医が見極め

体質改善に効果的な漢方薬(飲み薬が中心)が処方されることが一般的です。

もちろん、現在皮膚科では、漢方薬との併用治療をすすめらる場合も最近は多くあります。

体の外側と内側、つまり「部分治療」と「全体治療」を同時並行させることで

より早く効果を期待できる場合があるからです。

漢方の考え方から学ぶアトピー体質にならないための生活習慣のポイント

アトピーは、生まれつきその体質をもっていなくても

生活環境において要因になるものであれば誰でも発症する可能性があります。

そのために、治療以外で生活習慣を見直し、整えていくことが、アトピーの予防や改善に

最も大切だと思います。特に意識したい生活習慣をまとめてみました。

  • バランスのよい食生活、腹八分目、よく噛むことをこころがける
  • 睡眠を十分にとる
  • ストレスをためない
  • 過度のアルコール摂取はNG
  • 禁煙する

特に、食生活の改善は直接体に取り入れるものの一番の要因のため、最重要です。

糖分や塩分の多いもの、脂っこいもの、添加物を多く含むものは

特に摂りすぎないように注意したいですね。

まとめ

アトピー性皮膚炎患者は年々増え続けていると言われています。

体質を改善して免疫力や自然治癒力を高めることは、アトピーだけでなく

他の病気も予防しながら、健康を維持するために大変有効であると言えるでしょう。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます