ナツメ(なつめ/棗)茶ってどんな味?韓国美女のヒミツ&効能や食べ方も知りたい

シェアする

スポンサーリンク

ナツメ 漢方昔から「1日3個ナツメを食べると歳をとらない」とまで言われているほど
アンチエイジング効果について絶大な信頼をされているナツメ。

あの世界三大美女の楊貴妃も好んで食べていたんだとか。

ナツメは日本ではあまり馴染みのないですが、中国や韓国では最もポピュラーなもので
その果実を乾燥させて(干しナツメ)ドライフルーツとして食したり
また漢方の生薬として緩和、鎮静、強壮、利尿関係に効果的とされています。

原産地は主に中国で、日本では奈良時代からすでに食べられていたことが
確認されています。現在は国産だと「福井県産」が有名なようですね。

今回はそんな魅力いっぱいのナツメをご紹介したいともいます。

スポンサーリンク

ナツメ茶はデトックス効果抜群

なつめ

なつめ

【ナツメ・棗、大棗(タイソウ)】
中国語:棗(発音:ザオ)
英語:Chinese date
クロウメモドキ科/落葉高木

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~

《かんぽう薬膳的な視点からとらえる主な働きや特性と効能》

「脾」の動きを良くして胃腸の調子をととのえ

「心」の働きを良くして不安感を和らげ心穏やかに

五味・・「甘」
五性・・「温」

~∞~∞~∞~∞~∞~∞~∞~

ナツメ茶の味はというと、実そのものが優しくて甘いお味。苦味などは全くありません。

主にナツメの実を乾燥させたものと、はちみつ漬けになったものとの2種類があります。
前者は漢方の生薬っぽいですが、後者はそのままおやつにして食べても美味しそうですね。

ハーブティーとしての効能は、神経系に働きかけて神経衰弱や精神安定、不眠症などに対して有効とされています。

神経の疲れや高ぶっているとき、ストレスが溜まって寝付けないな~というときにピッタリですね。

ナツメ茶の効能

ナツメ茶が多くの女性に愛される理由、
それははやりデトックスの効能が抜群という点ではないでしょうか。

なつめ茶を飲むと体の中にある老廃物を洗い出し
むくみを改善して体中を綺麗にしてくれます。

同時にホルモンバランスも整えてくれるので
若々しさをキープすることができるのです。

また「お茶」と言っても茶葉が入っているわけではないのでノンカフェインです。

ですから、夜寝る前になつめ茶を飲む習慣が出来ていると寝ている間に
体の中の老廃物が排出されるようになり朝はスッキリ目覚めることができるでしょう。

なので、お子さんや妊娠中の方でも安心して飲むことができますv

ただし、利尿作用もあるなつめ茶。

飲み過ぎると、トイレが近くなったり、腹痛を誘発する可能性もありますので
飲みすぎには注意してくださいね。

お茶以外の食べ方

ナツメは漢方・薬膳の中でも代表的な食材です。
乾物の状態として売られていることが多く
もちろんそのままドライフルーツのようにして食べても美味しいです。

水につければ水分を吸ってふっくらとした形に戻ります。

薬膳がゆとして、あわやもち米と一緒に炊いたり
赤ワインとお砂糖で煮て、ちょっとしたお茶請けのデザート
にしたりすれば、
また違った楽しみ方が出来そうですね。

まとめ

なつめは体のホルモンバランスを整えてくれて、ダイエット&アンチエイジング効果もバツグン!とくれば女性にとってはもう手放せない食材かもしれませんね。

しかし、何事も撮りすぎ食べすぎはよくありません

まずは一日3粒のなつめでキレイを始めてみませんか。

※あの世界三大美女・楊貴妃も愛した美肌シリーズ!

↓↓こちらも是非チェックしてみてください(^^)

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

error: Content is protected !!