白目の充血でぶよぶよの腫れ(できもの)が!痛みなしでもコンタクトや目薬はOK?

シェアする

スポンサーリンク

結膜浮腫

突然、白目の部分にぶよぶよしたゼリー状のものが出現!

もしたらそれは

「結膜浮腫(けつまくふしゅ)」

という症状かもしれません。

びっくりしてしまうかもしれませんが、大体は時間がたてば自然に消えるので心配はいりません。

とくに花粉症シーズンは要注意の目の症状。

今回はそんな結膜浮腫の

  • 原因や症状
  • なりやすい人
  • 治療方法

などを詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

結膜浮腫とは

結膜浮腫はアレルギー反応の一種で、白目の下にある結膜に、何らかの理由で水が溜まることで起こる症状です。

この水ぶくれがぶよぶよゼリーに見えるのです。

結膜浮腫

症状としては

  • 白目部分にしわが寄る程度
  • 白目が全体にむくんで目が飛び出したようになる
  • 目をうまく閉じることができないほど腫れる

など程度がさまざま、かゆみを伴わない場合もあります。

結膜浮腫の原因

結膜浮腫は、簡単にいえば「浮腫」=「白目のむくみ」です。

まぶたの裏側と白目の部分を覆っている表面には「結膜」という透明な膜がありますが、何らかの原因で結膜に刺激が与えられ、

この膜と白目の間に水がたまってしまうことで、この「むくみ」が生じます。

アレルギー性結膜炎

引用:参天製薬-アレルギー性結膜炎とは-

主な原因としては

  • 目を強くこする
  • コンタクト
  • アイメイク
  • 花粉
  • ハウスダスト
  • ほこり

などが、結膜に炎症を起こすのが原因です。

結膜浮腫は子どもに多い病気とされていますが、大人もかかることもあります。

コンタクトの汚れが原因

特にアレルギーがない方でも結膜浮腫になる可能性があります。

コンタクトを使うと目が乾燥しやすく、汚れやすくなるからです。

涙は、目の表面から汚れを洗い流す作用がありますが、コンタクトを装着しているとドライアイにないやすく、涙の洗浄作用がうまく働きません。

そうすると目の表面が汚れて炎症が引き起こしやすくなるからです。

結膜浮腫になってしまった場合は、目を清潔に保つためにも、コンタクトの使用は控え、治るまで眼鏡に切り替えたほうがよいでしょう。

結膜浮腫の治療

結膜浮腫の症状そのものは、実はあまり心配する必要はありません。

ほとんどの場合、通常は数時間で自然に治まります。

ただし、結膜浮腫はアレルギー症状の一種。

  • 少し時間をおいても腫れがひかない
  • かゆみが強くて気になる

といった場合には、一度眼科を受診しましょう。眼科では炎症が早く治まるよう、点眼薬が処方されます。

早く治すには、目をこすったりして刺激しないことが大切です。

気になるようならタオルで冷やすのもよいでしょう。

結膜浮腫の予防

結膜浮腫の予防で何より大切なのは

「目をこすったり刺激を与えたりしたりしないこと」

です。

花粉症などの目のかゆみに悩む方も多いですが、なるべく目をこすらないよう注意してください。

保冷剤を包んだタオルや濡れタオルなどで目元を冷やすと、多少はかゆみがは緩和されます。

温めてしまうと逆効果でかゆみを強く感じるので、気をつけましょう。

花粉症をはじめとするアレルギー性結膜炎の場合は、病院で抗アレルギー剤を処方してもらいましょう。

最近は処方薬と同量・同成分の抗アレルギー薬も市販されているので、ドラッグストアなどで薬剤師さんに相談して、根本からおさえる対策が必要です。

結膜浮腫に似た症状

同じように白目にぶよぶよゼリーがでる目の疾患に

  • 結膜脳腫けつまくのうしゅ(結膜嚢胞)(けつまくのうほう)
  • 結膜弛緩けつまくしかん

といわれるよく似た症状があります。

結膜嚢腫(けつまくのうしゅ)

結膜嚢腫とは、白目部分に結膜のリンパ管が詰まったりすることで袋のようなものが出る良性腫瘍の一種で、小さなものでは特に症状はありませんが、大きくなると異物感が出てきます。

結膜嚢腫

引用:清澤眼科医院

結膜浮腫が全体的に腫れるのに対して、こちらの腫れは部分的です。

一般的には、眼科で袋の部分を切開して、中に溜まった液を排出する手術が行われるようです。

結膜弛緩(けつまくしかん)

結膜弛緩は結膜がゆるんでひだ状になる疾患で、ゆるんだひだの部分に涙がたまるので、涙目になったり、やたら涙があふれたりします。

結膜弛緩

引用:帯広協会病院

結膜嚢腫や結膜弛緩は治療法も違ってきますので、自己判断はせず、

結膜浮腫のように腫れがなかなかひかない場合は、早めに眼科を受診することをおすすめします。

まとめ

白目に急にブヨブヨが現れたらびっくりしますよね。

でも、結膜浮腫の場合は、数時間ほどで腫れはひきますので、あわてて眼科に行く必要はありません。

大切なのは、目をこすったり掻いたりして刺激をあたえないことです。

ただし、

  • 腫れがひどい場合
  • なかなか治まらない場合

には、他の症状の可能性もありますので、眼科などの医療機関にかかることをおすすめします。

急に現れる目の異常、こちらの記事も関連性が高いですので、

ぜひ参考にしてみてくださいね↓

目の関連おすすめ記事

熱中症で目がチカチカするのはなぜ?

鮭の成分が目に良い理由

目のピクピク痙攣は栄養やツボで治そう

ものもらい・めばちこ全国分布図がおもしろい

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます