もやしの栄養素の量は少ない?キャベツやきゅうりと比較してみた!意外すぎる効能がスゴイ

シェアする

スポンサーリンク

もやし栄養素

低カロリーで値段がリーズナブルな野菜といえばモヤシ!ですよね。

シャキシャキ歯触りがよくて、味にクセもないので、ラーメンや和え物、野菜炒めに大活躍。家計の強い味方というイメージではないでしょうか。

しかしヒョロヒョロとしてか弱そうな子供を「もやしっ子」というように、
白くて細いモヤシは大した栄養は無いようにも見えます。

さてさて実際はどうなんでしょうか。

スポンサーリンク

もやしの主な栄養

もやしは品種によって、色んな栄養が含まれていますが、主に下記のつの栄養が豊富です。

もやし 栄養

①カリウム

カリウムと言えばむくみ予防です。
むくみは血液中の水分が浸みだして回収されずに、血管外の水分量が増えた状態のこと。

運動不足、リンパの流れが悪い、現代人の食事にありがちな塩分の摂りすぎが原因といわれています。
カリウムは、余分な水分やナトリウムの排泄を助ける働きがあります

関連 カリウムは体に絶対に必要な栄養素「必須ミネラル」とは

関連 むくみ予防にもっとも効果的なお茶。トウモロコシのひげ茶とは

②食物繊維

食物繊維といえば便秘予防!
腸をキレイにしてくれるのでお腹ポッコリ解消やダイエット、生活習慣病予防にも効果的。
関連 食物繊維はなぜ便秘に効果的?二つのセンイを上手に使い分ける方法

もやし ダイエット イメージ

③タンパク質

タンパク質は「三大栄養素」の一つで「糖質」(炭水化物)「脂質」と並んで、人が成長し生きていくためには絶対に欠かせない大切な栄養素です。

もやしには、その原料であるのタンパク質から生成されたアミノ酸がたっぷり含まれていて、豆が発芽するさい、タンパク質を分解する酵素が働いてアミノ酸となり、もやしに移ります。

もやしには、そのタンパク質の素となるアミノ酸の一種「アスパラギン酸」が豊富に含まれています。

参考 三大栄養素・五大栄養素とは?
関連 「タンパク質」は20種類のアミノ酸の組み合わせでできている
関連 アスパラギン酸は栄養ドリンクにも入ってる成分!それが摂れるフルーツとは

④ビタミンC

免疫力を高め、肝臓機能の調整、そして美肌のために欠かせないのがビタミンC。
レモンやすっぱい果物、緑黄色野菜に多く含まれているイメージかもしれません。

しかし色の薄い淡色野菜であるもやしにも、ビタミンCが多く含まれています

もやしは100g当たり約9㎎のビタミンCを含んでいて、これはグリーンアスパラガスの10㎎、サラダ菜の13㎎に近い数字。

関連  緑黄色野菜とは?色の違いで野菜を見分けてみよう
関連 ブロッコリーはレモンよりもビタミンCが豊富な野菜

ビタミンCイメージ

もやしの栄養!きゅうり&キャベツと比較してみた

もやしの具体的な栄養価はどうなんでしょうか。
よく比較されるきゅうりやキャベツと、主な栄養素を並べてみました。

(分量100gあたり)

もやし キャベツ きゅうり
カロリー (kcal) 22 24 15
カリウム 79 mg 170 mg 147 mg
食物繊維 1.9 g 2.5 g 0.5 g
タンパク質 4 g 1.3 g 0.7 g
ビタミンA 155 IU 98 IU 105 IU
ビタミンC 8.2 mg 36.6 mg 2.8 mg
カルシウム 32 mg 40 mg 16 mg

【参照元:USDA Food Composition Databases】

やはりもやしは、タンパク質・ビタミン類・カルシウムが豊富で栄養満点すね♪

もやしの保存方法!冷凍できる?

安くて栄養があっていいこと尽くめのモヤシ。
でもついつい買い過ぎて、気が付いたら冷蔵庫の奥でダメにしてしまった( ゚Д゚)ってことありませんか?

そうなんです。モヤシは日持ちがしないので、すぐに水分がでてベチャベチャになってしまうんですよね。

もやしは冷凍可能です

そんなモヤシですが、冷凍が可能です。

解凍してもシャキシャキ感は失いませんので、大量に買いすぎてしまったモヤシは袋ごと冷凍庫へGO!

使うときは、トントンと袋の上からたたいてほぐして凍ったまま使います。
解凍せずに、そのまま炒めたりゆでたりしてください。

冷蔵保存のときの一工夫

冷蔵保存をする際は、水洗いをしてからタッパーにもやしを入れて水をはりましょう。

毎日水を取り替えると少しだけ長持ちします。
ただ、ビタミンが水に流れ出てしまうので、長期はおすすめできません。

まとめ

安くて低カロリーで栄養たっぷりな野菜もやし。
もちろん、節約料理やダイエットにもいいからといって、もやしだけ食べればいいというわけではありません。

足りない栄養素を補うためにも、炭水化物や脂質、そして色の濃い野菜などを合わせてバランスよく食べましょう♪

関連 野菜のイロの役割!誰でもカンタンに栄養バランスを整える方法

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます