必須アミノ酸とは?覚え方や語呂(ゴロ)合わせ!種類や数、食品・食べ物の栄養効果効能も

シェアする

スポンサーリンク

必須アミノ酸 

アミノ酸というとアミノシャンプー・アミノサプリ・化粧品成分など、名前だけは良く聞かれることは多いと思います。

そもそもアミノ酸とは一体なんなのでしょうか?

今回は、名前の楽しい覚え方&たゴロ合わせを中心に

・必須アミノ酸の名前
・アミノ酸のはたらき

などを紹介したいと思います。
舌をカミそうな名前ばかりですが、これできっと大丈夫です!

スポンサーリンク

アミノ酸は体の材料

人間が生きていく上で絶対に必要な栄養素、五大栄養素には

炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル

とありますが、アミノ酸はそのタンパク質の原材料です。

とり
へぇタンパク質=アミノ酸だったんだね!
ハナ
そう!だからとても大切なものなんだね

人の体は

・約60%~70%が水分

・約30%~40%のタンパク質

で出来ていて、アミノ酸は筋肉、皮膚、髪の毛すべての素となるものです。

タンパク質のもとがアミノ酸

タンパク質には10万種類以上もの種類がありますが、それらはわずか20種類のアミノ酸の組み合わせによってつくられています。

アミノ酸の組み合わせって?

アミノ酸は、科学の原子構造式を見ると、すべてに

  • NH2(アミノ基)
  • COOH(カルボキシ基・カルボキシル基)

の2つがくっついた形をしています。
COOHはお酢などにも含まれている弱酸性を示すものなので、この2つの名前を合わせて「アミノ酸」と名付けられています。

ハナ
ちょっと難しいけど原子を知ることは栄養を理解するときにとっても大切なんです!詳しくは下の記事も見てみてね

必須アミノ酸とは

このアミノ酸20種類のうち、体の中で作れないので食べ物から摂取しなければいけないものを「必須アミノ酸」と言います。

一般的には9種類とされていますが、後述する「アルギニン」も入れて10種類と紹介される場合もありますので、

今回は合計10種類のカンタンな覚え方・語呂合わせをご紹介したいと思います。
ではいってみましょう♪

必須アミノ酸ごろあわせ

必須アミノ酸10種類の名前と覚え方はこちらです。

必須アミノ酸

とり
リシ?トリプル?!
ハナ
今から解説するよ!
  • 「アル」:アルギニン
  • 「ヒ」:ヒスチジン
  • 「リシ」:リシン(リジン)
  • 「バ」:バリン
  • 「イ」:イソロイシン
  • 「トレ」トレオニン(スレオニン)
  • 「メチ」:メチオニン
  • 「フェ」:フェニルアラニン
  • 「ロ」:ロイシン
  • 「トリプ」:トリプトファン

覚え方・語呂合わせ解説!

必須アミノ酸は、健康・美容・運動など体の機能すべてに関係していて、絶対不足してはいけないものです。

急に出てきた借金取り
足りなくなるとどんどん傷口はが拡大して被害は2倍3倍(トリプル)に!雪だるま式に「借金」のように増えていく!それを絶対見逃さない~! 

…みたいなイメージです♪

とり
「あ!見逃さん(アミノ酸)!ある日利子、倍取れ!めっちゃ増えろトリプル!」

主要な必須ミネラルの働き

代表的なものの特徴を少し紹介します。

トリプトファン

神経をリラックスさせるアミノ酸です。

体内で脳内物質のセロトニン・メラトニンの材料となり、神経の安定を促し、安眠作用があります。

バナナ・牛乳や乳製品・豆乳・納豆などに多く含まれています。

関連 熱帯夜でなかなか眠れない時の対策と摂りたい栄養素は

バリン・ロイシン・イソロイシンはBCAA

この3つは筋肉のエネルギー源です。3つ合わせて

「分岐鎖アミノ酸(BCAA)」Branched Chain Amino Acids

といい、これはスポーツドリンクの成分でもよく聞きますね。

水を飲む

アルギニン・ヒスチジン

子供の成長に欠かせないのがこちらの2つです。

他の必須アミノ酸と違うのは、大人になると体内で合成できるようになるという点。

子供のうちは合成することができないので、特に育ち盛りのお子さんにはイワシ・さんまなどの青魚を積極的に食べさせると良いです。

必須アミノ酸を多く含む食品

必須アミノ酸を含む食品はおもに、

たまご・肉・魚・じゃがいも・米・大豆

などに多く含まれていますので、普段これらをバランスよく食べていれば不足することはありません。

まとめ

タンパク質の原材料である必須アミノ酸。

タンパク質は英語でプロテインと言いますが、「第一のもの」を語源とする言葉です。

その由来の通り、体のために第一に必要な栄養素がアミノ酸です。

私たちの筋肉や内臓、骨、皮膚。髪など、体をつくる主成分のほか、代謝を促しホルモンバランスを整えるなど、あらゆる要素の原料です。

不足させないためにも、良質なタンパク質を日ごろから意識的に摂りましょう。

↓ぜひこちらの記事も参考にしてみてください(^^♪

関連 良質なタンパク質の「質」を決めるアミノ酸スコアとは

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます