必須ミネラルの数16種類とは?覚え方・おもしろ語呂合わせ&食品や栄養素の意味も!

シェアする

スポンサーリンク

ミネラル

ミネラルは、糖質、脂質、タンパク質、ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つ。
ミネラルウォーター、ミネラル麦茶、ミネラルファンデーションなど、食品や化粧品にも沢山使われていますね。

ミネラル 美容

英語でミネラル(mineral)というと「鉱物」という意味で、日本ではかつて「無機質」とも呼ばれていました。

よく耳にする「ミネラル」ですが、いったいミネラルって何なのでしょうか?

今回はそんな

  • ミネラルの正体
  • 名前と元素記号
  • 特徴と働き

をぜーんぶまとめて覚えやすい語呂合わせにして一気に解決したいと思います♪

スポンサーリンク

ミネラルとは何か

ミネラルってなんだろう、なぜミネラルが大事?と考えた時に、

まず思い出してほしいのがみなさんが学生時代必ず習ったことのある「元素の周期表」です。

とり
しゅうきひょう?…ってナンダッタッケ?

ハナ
水兵リーベ僕の船よ!(ドヤ顔)

とり
………??

そう!その昔、誰しも必ず理科の授業で覚えさせられましたね覚えましたね

一体何が僕の船だったのか忘れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
わたしも20年以上ぶりに思い出してます(笑)

これは、地球上に存在する「万物の根源」、元素の「周期表」の覚え方で、

水素(H)、ヘリウム(He)、リチウム(Li)、ベリリウム(Be)、ホウ素(B)、炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)…

と順番に並んだ表を暗記していたわけですね。

元素周期表

そしてこのアルファベットの元素記号(げんそきごう)とは、原子記号(げんしきごう)とも呼ばれ、地球上に存在するすべての物質の根源となる成分の「最小単位」のことです。

とり
なんとなく思い出してきた!でもそれがミネラルと何が関係あるの?

ミクロになって世界を見てみよう

ミクロの世界でモノをみてると、気体でも液体でも、もちろん人間でも、全てこの原子の粒の集まりです。

ミクロの世界 原子 分子

原子は100種類くらいしかありませんが、それがひとかたまりになった最小単位を「分子」といい、何億通りもの分子をつくることでこの世の中のすべての物質が作られます

ミネラルは元素そのもの!

では、ミネラルとは何なのかというと

「地球上に存在する元素のうち、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものをミネラルといいます。およそ100種類ある元素の中で、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、現在16種類(ナトリウム、マグネシウム、リン、イオウ、塩素、カリウム、カルシウム、クロム、マンガン、鉄、コバルト、銅、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素)が知られています。そのうち厚生労働省が摂取基準を決めているのは、イオウ・塩素・コバルトを除く13種類です。」(農林水産省ホームページ「ミネラルとは」)

そうなんです、ミネラルとは、

水素(H),炭素(C),窒素(N),酸素(O)以外の約100種類すべての元素がミネラルということ。

元素分子

ビタミンやその他の栄養素は、何種類もの元素が組み合わさってできている「有機化合物」であるのに対して、ミネラルは「無機」・元素そのものなのです。

単独元素であるミネラルは、別のミネラルと結合して機能を発揮することが多いのが特徴です。

とり
なんだ!それがミネラルだったの?!鉄も銅も…金属がヒトの体にぜったい必要な栄養素ってなんか不思議だね
ハナ
そう!ミネラルって身近でしょ?金属類もしっかり人間の体の中に存在してるのよ

16種の必須ミネラル

前述の農林水産省の引用文のように、人の体の中に存在し、栄養素として欠かせないことがわかっているミネラルとして、16種類が人体に欠かせない「必須ミネラル」呼ばれています。

「ナトリウム(Na)、マグネシウム(Mg)、リン(P)、硫黄(S)、塩素(Cl)、カリウム(K)、カルシウム(Ca)、クロム(Cr)、マンガン(Mn)、鉄(Fe)、コバルト(Co)、銅(Cu)、亜鉛(Zn)、セレン(Se)、モリブデン(Mo)、ヨウ素(I)」の16種類

です。

とり
必須ミネラルは体が求める元素ってことだね!
ハナ
そうだね!身近なミネラルと言えば「イオン(電解質)」もそうなの。スポーツドリンクのイオンウォーターのイオンね!
とり
へぇ!じゃあイオンはどんな元素なの?電解質って電気をとおすこと?
ハナ
夏の水分補給にとくに大切なイオン。体の中でどうなっているか見てみようか!
ハナ
イオンについて詳しくはこちらを参考にしてみてくださいね。

主要ミネラルとは

必須ミネラル16種類のうち、体内に比較的多く存在し、

1日あたりの必要所要量が100mg以上のミネラルを主要ミネラル

と言い、

カルシウム・リン・ナトリウム・カリウム・マグネシウム・硫黄・塩素の7種類

とされています。

元素記号とそれぞれの働き7種類

働きと元素記号を連想して語呂合わせで見てみてください♪

硫黄(S)

硫黄(イオウ)は皮膚・髪の毛・爪など、いわゆる人間の見た目の部分をつくる栄要素です。

欠乏すると、関節痛や神経痛、肌荒れを引き起こします。

異様とイオウを無理矢理こじつけて、覚えにくい元素(S)と一緒に!

主な食品>魚介類・肉類・たまご・牛乳・チーズなどタンパク質が豊富な食品)

硫黄

とり
「異様(イオウ)な見た目っす(S)!」

塩素(Cl)

塩素は血液中の酸性とアルカリ性のバランスを保つ(PH値)のに必要な栄要素です。

主な食品>カップ麺・素麺・さきいか)

塩素

とり
「塩素とバランスでエバラ!」覚えにくい元素記号(Cl)はCl塩素でチェーンソー!

ナトリウム(Na)・カリウム(K)

この2つは神経の活動に直接つながり、体の体液の主成分のため、本当に大事な栄要素です。

そのため、多すぎても少なすぎても体への影響が多い栄養素で生命にかかわります。

カリウムは不足すると夏バテになりますが、逆に多いと血液中に流れてクラッシュ症候群という高カリウム血症で心停止することもあります。

またナトリウムは多すぎると高血圧や高ナトリウム血症に、少なすぎると低ナトリウム血症と言われる症状がでます。

主な食品>ナトリウム:一般的に食塩を含むもの、カリウム:果物・野菜・イモ類・魚)

ナトリウム カリウム

とり
「無か(NaK)ったら生きていけない…!」

関連 食塩中毒とは?ナトリウムが多すぎて引き起こす!

マグネシウム(Mg)・カルシウム(Ca)・リン(P)

この3つは、強い骨を作る3要素です。

特にカルシウムは、必須ミネラルの中で体内の含有量が最も多いミネラル。骨や歯のなかに存在しそれらを強くするのに欠かせないミネラルです。

マグネシウムも、大人の場合20g程度が体内に存在し、そのうち60%ほどが骨や歯に含まれています。

リンの元素「P」はのじょうぶな首の長いキリンをイメージしてみてください。

主な食品>マグネシウム:玄米・大豆・アーモンド・バナナ、カルシウム:小魚・大豆・牛乳・チーズ、リン:レバー・魚・玄米・大豆・卵黄)

きりん

骨

とり
「骨マグ(Mg)カップ(CaP)!」

主要ミネラル7つ語呂合わせ!

以上をまとめて
骨マグカップ【Mg/Ca/P】の異様【S】な見た目、焼き肉はエ【Cl】バラが無か【Na/K】ったら生きてけない!

微量ミネラルとは

必須ミネラル16種類のうち、体内に存在する量が極めて少なく、

1日あたりの必要所要量が100mg以下のミネラルを微量ミネラル

と言い、

鉄・亜鉛・銅・マンガン・ヨウ素・セレン・モリブデン・クロム・コバルトの9種類

とされています。

元素記号とそれぞれの働き9種類

働きと元素記号を連想して語呂合わせで見てみてください♪

微量ミネラル

鉄(Fe)・コバルト(Co)

どちらも血液をつくるために必要な栄養素です。

鉄の欠乏症の中で最も多い症状は貧血。女性は毎月の生理で多くの血液を失うので、積極的に取り入れたい栄養素です。

コバルトは、骨髄の造血機能に不可欠なミネラル。赤血球などの生成に深く関係しています。

主な食品>鉄:レバー・ひじき・ほうれん草、コバルト:レバー・魚介類)

鉄 コバルト

とり
「鉄(Fe)血・高(Co)血」

亜鉛(Zn)

亜鉛はタンパク質や骨の発育をうながし、特に男性機能にとって大切な栄養素です。

また亜鉛が欠乏すると、味覚に障害が出たり、免疫機能が低下・感染症にかかりやすくなってしまいます。

主な食品牡蠣・カニ・豚レバー・鶏肉・海藻・豆類)

男性

とり
「絶対(Zn)ありえん(亜鉛)下ネタ!」(男性の方ごめんなさい)

ヨウ素(I)

ヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料。タンパク質や糖質、脂質の代謝など成長を助けます。女性に多いバセドー病はヨウ素の過剰摂取が原因なので量には注意。

主な食品>イワシ・サバ・昆布・わかめ・海苔・白米)

女性

とり
「愛(I)する幼女(ヨウ素)の成長」

銅(Cu)

赤血球のヘモグロビンの原料は「鉄」ですが、銅が無ければ正常につくられません。

また骨や血管をつよくするコラーゲンなどの生成にも大切な栄養素です。

主な食品>魚介類・大豆・くりなど)

銅

とり
「工藤(Cu銅)さんどう(銅)?こっち(血)」

マンガン(Mn)

マンガンは他のミネラルの働きを助け、体の機能をサポートする栄養素。
たとえばカルシウムとリンが骨を作るときには、マンガンが補助の役割をしています。
主な食品>玄米・大豆・バナナ・レンコン)
マンガン
とり
「マンガ(Mn)で健康!」

セレン(Se)・モリブデン(Mo)

どちらも体の免疫力を高めて、活性酸素を抑えて老化を防ぎ、がん予防に効果的とされる栄養素です。

主な食品>セレン:アジ・マグロ・ネギ・たらこ・いわし、モリブデン:内臓類・大豆)

とり
「セレ(Se)モ(Mo)ニーでがん予防」

クロム(Cr)

クロムはレアメタルのひとつとして利用されている金属ですが、人間にとってもとても大切な栄養素の一つ。

インスリンの働きを高めて血糖値を下げたり、筋肉を増強する働きがあります。

主な食品>あなご・ひじき・ししゃも・アジ)

クロム

とり
「苦労(Cr)する生活」

微量ミネラル9つ語呂合わせ!

以上9種類ををまとめて

鉄血【Fe】高血【Co】ありえん【Zn】下ネタはどう【Cu】

セレモニー【Se/Mo】後、幼女【I】はマンガ【Mn】で健康&苦労【Cr】する生活!

まとめ

ミネラルについて、働きやなまえ、元素記号を覚えやすいよう語呂合わせにしてみました。

私たちの体にたいせつなミネラル。

一つずつの働きを覚えるのは大変ですが、普段の食生活でバランスの良い食事を心掛けていれば偏ることはありません。

むりやり変な表現もあってごめんなさい!何度か想像しながら口ずさめば、楽しくすぐに覚えられると思います(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました♪

栄養バランスの大切さ関連記事

熱中症には梅干し!塩分以外にも有効な理由

体の塩分濃度バランスを決める「イオン」とは

野菜の色にはイロイロ理由がある!その違いとは

納豆の食べ過ぎで男性のおっぱいが大きくなる?!

食の中毒関連記事

ひじきのヒ素は危ない?安全に取り除く方法は

アニサキスの次は何?夏のお刺身は気をつけよう

インスタント食品が多い方が気をつけたい塩の摂りすぎとは

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます