ホタル(蛍)の光り方の特徴や種類の違い!ゲンジボタル/ヘイケボタル/ヒメボタルの見分け方画像も

シェアする

スポンサーリンク

ホタル観賞豆知識 種類編

発光することで知られる昆虫・ホタル(蛍)は、世界に約2,000種、日本には約40種が生息しています。

しかも、全てのホタルが発光するわけではなく、
日本に生息している種類のうち、発光するのはせいぜい10種類程度

その中でも特に有名なのが

  • 「ゲンジボタル」
  • 「ヘイケボタル」
  • 「ヒメボタル」

の3種類が国内の代表的なホタルとされています。

ホタルの光り
ホタルの種類によっても

  • 体の大きさや模様
  • 光り方や飛び方
  • 活動する時期や時間帯

が異なりますので、それぞれの特徴や見分け方をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ゲンジボタル/ヘイケボタル/ヒメボタルの和名の由来

ホタルと日本文化との関わりは古く、ホタルが登場する最も古い文献は720年に作られた『日本書記』です。

ホタル 光 イメージ

同時代にできた日本最古の歌集『万葉集』にもホタルは登場しますが、頻繁に登場するようになったのは平安時代。

紫式部の『源氏物語』をはじめ、多くの物語や和歌にホタルが登場しています。

ですので、

「ゲンジボタル(源氏蛍)」
「ヘイケボタル(平家蛍)」
「ヒメボタル(姫蛍)」

はこの時に名づけられたという説が強いですが、
由来はそれぞれ諸説あり決定的なものは今のところありません。

先人たちは闇に浮かび上がる幻想的なホタルの光を、
切なく燃える恋心や、武士が戦い合う姿に重ねていたようです。

関連 ホタルはとても繊細で神秘的。会える時間や気候は?

日本のホタル代表3種の光り方や特徴

簡単に特徴をまとめた図です。飛び方や大きさ、光る特徴までそれぞれ個性がありますね。

ゲンジボタル ヘイケボタル ヒメボタル
生息域 本州、四国、九州など(日本固有) 日本全域、海外は中国・朝鮮半島、シベリアなど 本州、四国、九州など(日本固有)
体長 メス2cm以上、オス1.5cm 1cm(メスがやや大きい) 1cm未満(他と違ってメスの方がオスより少し小さめ)
見分け方 背に十文字の黒模様・四角く角ばった体形 背に縦一線の黒模様・丸みを帯びた形 背に黒色の半円形模様・丸みを帯びた形
発光器 メス1・オス2 メス1・オス2 メス1・オス2
飛び方 曲線的(丸い円を描くように) 直線的(まっすぐに) ジグザグに
点滅回数 約25~30回/分 約30~40回/分 約40~60回/分
光の特徴 淡い黄緑色(ホタルの中で一番強い光 淡い黄緑色(ゆれるような光 金色(フラッシュのような短い光
産卵数 500~1,000個 50~100個 30~90個
鑑賞時期 5月下旬~7月上旬 6~8月 6月上旬~6月下旬
成虫の寿命 オスは約10日間

メスは約14日間

オスは約7日間

メスは約10日間

オスは約7日間

メスは約3日間

活動時間帯 ・19:00~21:00頃

・23:00頃

・2:00頃

・19:00~21:00頃

・23:00頃

・2:00頃

・20:00~22:00頃

・0:00~明け方頃

※情報はあくまで一般的なものです。厳密には地域や種類、時期によって異なる場合もありますのでご了承ください。

ゲンジボタルヘイケボタルの模様の違い

具体的な2種の見分け方の図があります。大きさも模様も全然違いますね。

ゲンジボタル ヘイケボタル模様のちがい

引用元:朝倉川育水フォーラム

関連 「発光器」とは?ホタルが光る原理や仕組み!科学的な物質も調査

ゲンジボタル(大型で繊細)

日本のホタルと言えばこれ!と言われるほど有名なホタル。

  • 体長は日本最大
  • 発光は一番強い光

ですので強そうなイメージがありますが、

とても繊細できれいな水が流れている川でないと生息出来ません。

背に十字形の模様があるのですぐ見分けがつくのではないでしょうか。

ゲンジボタルの光り方

強い光を放ちながら光る間隔も長く、円を描くように飛ぶので優雅な感じがします。

ヘイケボタル(小型で生命力が強い)

湿地や水田や用水路、小川などに住んでいて、ゲンジボタルほど環境に対して繊細な場所でなくても生息できます。

  • 環境汚染下でも一番タフに生き伸びる
  • 生息範囲が広い
  • 活動時期が長い

のがヘイケボタルです

丸みを帯びた形をしていて、背に縦一線の黒模様あり、小さいのでゲンジボタルとすぐ区別が出来ると思います。

ヘイケボタルの光り方

発光はあまり強くなく、ゆれるような光を発しながら飛びます。

ヒメボタル(小さい森の妖精)

ゲンジボタルと同様、日本固有の種です。森林内に生息することが多く、山頂や峠のような人が近づきにくい環境に生息しています。

  • 生存期間が短く体も小さい
  • 活動時間も真夜中以降が多い

のがヒメボタルです。

ヒメボタルの光り方

フラッシュをたいたような短い間隔で発光します。

まとめ

日本にいる3大ホタルについて色々と調べてみました。

それぞれ個性的で、名前と特徴が色んなロマンを感じさせてくれますね。

彼らが発する淡い光は、昔も今も、私たちの心をつかんで離しません。

ロマンチックなホタルの光を眺めながら、風情ある夏の夜を過ごしてみませんか?

【ホタル観賞が10倍楽しくなるシリーズ】

メカニズム編  ホタルはなぜ光る?科学的なメカニズム
オス・メス編 オスとメスにも光り方に違いがある
マ ナ ー 編  鑑賞に適した時間や服装は?

関連 夏の熱帯夜には気を付けて!新用語「スーパー猛暑」とは

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます