山吹天伯峡ほたる(蛍)祭り2018(長野県高森町)の見頃は?ゲンジボタルの見分け方も!

シェアする

スポンサーリンク

長野・山吹天伯峡2018

長野県高森町にある「ほたるの里」と呼ばれる天伯峡(てんぱくきょう)。

ここでは毎年多くのゲンジボタル、ヘイケボタルが見られます。

ホタルの光り

緑豊かな清流を好むホタルたちのために、地元では幼虫の放流やえさになるカワニナの養殖などの活動を町ぐるみで活動しています。

  • 見頃時期
  • 見られるホタルの種類の豆知識

などまとめてみました。

スポンサーリンク

山吹天伯峡ほたる祭り2018とは

南信州高森町で開催される恒例のイベントです。

毎年6月中旬から下旬にかけて山吹天伯峡でたくさんのホタルが飛び交います。

天伯峡

お祭り当日は、ゲンジボタルの観察会や高森北小学校児童の太鼓の演奏、バザーなどが行われます。

▼過去開催の様子

山吹天伯峡ほたる祭り2018日程とアクセス方法

【ホタル情報】

所在地 長野県下伊那郡高森町山吹 天伯峡
鑑賞可能期間 6月中旬~下旬
料金 無料
問い合わせ先 高森町教育委員会 0265-35-9416
ホタルの種類 ゲンジボタル ヘイケボタル

【ほたる祭り2018日程情報】

日時 2018年(平30)6月16日 土曜日 雨天順延 17:30~
料金 無料
駐車場 無し(天伯峡ほたる祭りの際には、周辺のショッピングセンター等に駐車場確保。シャトルバスが運行予定)
開催場所 長野県下伊那郡高森町山吹 山吹ほたるパーク
交通(電車) JR飯田線下平駅から徒歩7分
交通(車) 中央道松川ICから10分
問い合わせ先 高森町教育委員会 0265-35-9416
公式URL イベントの詳しいスケジュールや地図などはこちら

天伯峡のホタルを守る活動

天伯峡を流れる寺沢川一帯は、古くからゲンジボタルの生息地として知られています。

山吹の住民有志でつくる「天伯峡ほたる管理委員会」の方たちは、地元の小学校と協力して、

ホタルの生息環境の維持や管理を続けています。

ホタル放流

ホタル放流 引用元:南信州新聞

今年も、春に子供たちが「天伯峡」に放流したホタルが元気にふ化し、その成虫を観ることができます。

こうした地域ぐるみの地道な活動によって天伯峡のホタルは守られています。

天伯峡のホタル・今年の見頃・鑑賞ピークは?

天伯峡ほたる管理委員会によると、今年放流した幼虫は4月下旬から5月上旬にかけて上陸し、地中に繭を作って40日ほどでサナギになり、その後10日ほどで羽化します。

毎年6月10日前後から舞い始め、6月20日~25日にピークを迎える

とのことです。

関連 ホタルが光るメカニズムを簡単に説明!

天伯峡のゲンジボタルとヘイケボタルの見分け方

せっかくホタルを観に行くなら、どんな種類のホタルがいるか知りたいですよね。

天伯峡では、

の2種類が見られます。

ホタル 光 イメージ3

ゲンジボタル・ヘイケボタル以外の代表的なホタル

日本を代表するホタルはこの2種に加えてもう1種います。

この3種は発光や飛び方にそれぞれ特徴があり、比較すると大変面白い違いがあります。

↓ぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね(^^♪
関連 【画像】ホタルの見分け方と特徴あれこれ豆知識!10倍楽しく鑑賞しよう
関連 オスが光のはメスへのプロポーズ!光り方もこんなに違う

ホタル観賞のおススメ時間帯や天候

ホタルがもっとも活動しやすい時間は

20:00~21:00くらい

がベスト。加えて気象によっても大きく左右します。

手の中のホタル

  • 曇っている(月あかりがない)
  • 生暖かく感じる気温(20度以上)
  • 風が吹いていない

という気温や気象条件があります。

ホタル(蛍)の見頃の気温天候は?鑑賞の時期や時間帯・光らせ方のひみつ&服装も!
初夏のひとときだけ楽しめる、小さく光るホタルたち。 暗闇の中で無数に光る絶景は、最高にロマンチックですよね。 今年こ...

まとめ

地元の方々が地域ぐるみで昔から大切に育てられている天伯峡のホタル。

今年も元気にその姿を見られそうですね。

是非これからも、ホタルが生息する環境づくりを進めていってほしいと思います。

関連 夏の熱帯夜には気を付けて!新用語「スーパー猛暑」との違いも

【ホタル鑑賞おすすめin信州】

信州辰野ほたる祭り2018(松尾峡・ほたる童謡公園)

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます