すき家のうなぎ(うな丼)産地は危険?期間いつまで?テイクアウトやカロリーも!

シェアする

スポンサーリンク

すき家

土用の丑の日はとっくに過ぎてしまいましたが、みなさんはウナギは召し上がりましたか?

ところですき家のうなぎって、いつまで食べられるのでしょうか。

出来れば1年中食べたい!と思うところですが、毎年一定期間をもって販売終了となります。

  • すき家のうなぎは期間いつまで?
  • 気になる産地は
  • うなぎのメニューやカロリー

まもなく今年もすき家のうなぎ期間は終了の予感…

まだまだ暑い日が続きますので、がっつりウナギをたべて乗り切りましょう!

スポンサーリンク

すき家のうな丼

すき家といえば定番の「牛丼」に、

「おろしポン酢牛丼」

「高菜明太マヨ牛丼」

などトッピングの具材に変化球を加えたり、期間限定で

「カレー南蛮牛丼」

「やきそば牛丼」

といった主食同士の組み合わせメニューも選べたりと、

価格をおさえつつも、“がっつりしっかり食べたい!”というお客さん目線を大事にしながら、安定して経営をしている外食チェーン店の一つです。

その中で「うな丼」も毎年人気メニューの一つ。

国内外でうなぎの高騰があっても

「うな丼・並盛り780円」

という破格もうれしいところ。

もちろん、うなぎと牛丼が両方味わえる

「うな牛・並盛り880円」

のダブル主食メニューでの差別化も、さすがすき家さん!といったところです。

すき家のうなぎの産地は?危険なの?

そんなすき家なのですが、肝心のうなぎの産地について、ネット上の声で、

「吉野家のうなぎは中国産と発表しているのに…すき家のうなぎの産地が見あたらない!危険なの??」

と不安の声があったので調べてみたところ、ちゃんとありました!

すき家のうなぎも中国産

すき家を運営するゼンショー社のホームページによると、うなぎの安全管理体制について

ゼンショーグループのうなぎは、国の機関やお取引先、自社の分析センターを含め、計11回もの検査を行っています…一連の検査と厳格な衛生管理を柱に、養鰻場から蒲焼加工、輸入通関後まで、一貫して安全管理体制を確立しています。

と記述されています。

中国の〇〇省のどことまで詳しく住所はみつけられませんでしたが、中国の人里離れた山奥のきれいな水で養殖し、

工場周辺の環境調査・水質や土壌・加工行程における衛生管理をしっかりされている様子が紹介されていました。

すき家のうなぎの期間はいつまで?

まず、過去のすき家のうなぎ・うな丼の販売期間を調べてみました。

・2013年 5月28日~9月中旬
・2014年 5月28日~9月中旬
・2015年 4月28日~9月中旬
・2016年 4月28日~9月中旬
・2017年 5月28日~・・・・

例年通りですと期間終了となっていてもおかしくないのですが、

12月直前になってもまだメニューにあるようです!もしや通年に変更…?!

すき家のうなぎメニューのカロリーや値段は

すき家のうなぎメニューにはいろいろとアレンジされたて種類も豊富。

メニューの名前だけで、何がトッピングされているのか分かるのもいいですね!

現在すき家のホームページで紹介されているうなぎの共通メニューはこちら

メニュー 並盛の価格(税込) カロリー
うな丼 780円 707
ねぎキムチうな牛 980円 927
ねぎ玉うな牛 980円 963
山かけうな牛 980円 902
うなたま丼 840円 791
うなとろ丼 880円 758

※店舗によって取扱いメニュー・価格が異なる場合があります

大盛(ご飯大盛)の場合

それぞれ+約130カロリー + 40円

特盛(ウナギが2枚+ご飯大盛)の場合

それぞれ+約380カロリー + 400円

となり、すべてテイクアウトOKものメニューです!

まとめ

すき家のメニューは、意外と期間限定のメニューも多く、人気なものはあっという間に販売終了することも良くあります。

特に毎年4月~10月までは新メニューがぞくぞくと発表されます。

今なら秋の期間限定で「さんまかば焼き丼」なども発売中のようです♪

夏ももう終わりになりそうですので、今年中にどちらも一度は食べておきたいですね!

すき家の牛丼の産地や部位はどこ?安全性は

すき家の牛丼の裏メニューサイズは?持ち帰りは出来る?

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます