ゴーヤ(にがうり)塩もみワタとりはなぜNG?苦みはどうなる?栄養補給に一番いい食べ方も

シェアする

スポンサーリンク

ゴーヤ 栄養と下ごしらえ

沖縄ではむかしから身近なローカル食材だった「ゴーヤ」。
栄養価が高く、特に夏バテ予防に最適な野菜として知られています。

しかし、独特の苦みが苦手という方も多く、

「まずワタや種をとり、塩もみをして苦みをやわらげる」

という方法が紹介されることが多いのではないでようか。

しかしその方法、栄養面的には大変モッタイナイことのようです!

スポンサーリンク

ゴーヤが人気の理由

ゴーヤ イメージ

正式には「ニガウリ」とか「ツルレイシ」と言います。
今では沖縄の方言「ゴーヤ」の方がすっかり定着していますね。

その栄養価の高さから「健康に良い」とメディアで紹介されたり
また夏の暑さをしのぐための日除けの“緑のカーテン”として、一般家庭でもカンタンに
栽培できることもあり、近年は全国的な人気食材となっています。

ゴーヤの栄養

ビタミンC、ビタミンB1,B2、葉酸、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、ミネラルなど

とくに注目したい栄養素は豊富なビタミンC

ゴーヤはレタスなどとほぼ同じ低カロリーながら、
「ビタミンC」はトマトやキュウリの5倍以上も含まれていて、
野菜ではめずらしく加熱に強いビタミンCです。

関連 熱に強いビタミンCといえばピーマンも!ゴーヤと同じ栄養成分だった

ゴーヤはこんな方におすすめ!

  • 夏バテ予防・疲労回復に
  • 血糖値が気にある方に
  • 生活習慣病予防に
  • むくみ、便秘解消に
  • 美肌作りとアンチエイジングのために

ゴーヤのその下ごしらえがモッタイナイ!

栄養価が高いとわかっていても、野菜独特の「苦み」が苦手なという人も多く

「調理する前にワタと種をしっかりスプーンでとり、塩もみをして苦みをやわらげる」

というのが一般的。栄養面はどうでしょうか。

塩もみは栄養価を大幅ダウンさせてしまう

塩もみをすると、ゴーヤの一番の栄養素「ビタミンC」が20%近くも減ってしまいます
特にゴーヤは「夏バテによい」といわれているのはビタミンCの豊富さゆえ。

「わた」も「種」も実は食べられる!

実はゴーヤの「わた」はあまり苦くありません。そしてビタミンCにおいても身や皮の部分よりも、ワタや種の部分のほうが3倍も多いことがわかっています。

まるごと輪切りにして天ぷらや揚げ焼きにしたり、
ワタだけお味噌汁にしたりすれば、食材のムダなく使い切ることができます。

どうしても苦みが苦手…そんな方におすすめな食べ方

ゴーヤの苦みには、「カツオブシ」のうま味を強く感じさせる働きがあります。
お浸しに、チャンプルに、出来上がりにさっとかければ
苦みを抑えずうま味プラスでよりおいしくいただけますよ。

ゴーヤチャンプル 

まとめ

本場沖縄の人のゴーヤの食べ方といえば、ご存知ゴーヤチャンプル!
もちろん塩もみなどはせず、熱した鍋でさっと炒めてるのが沖縄流。
栄養補給という面では、一番理にかなった食べ方だったんですね。

皆さんもゴーヤを美味しく食べて、厳しい夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

error: Content is protected !!