元気な体をつくる3大要素「気・血・水」

シェアする

スポンサーリンク

私たちの今の健康状態は“今まで食べてきたものに対する考え方とその結果”

といっても過言ではありません。

もちろん生まれつきの体質や、外的環境にもよりますが、基本的には

あなたが日々自分の意志で選んで、これまで食べてきたもので作られています。

3大要素というと、タンパク質?ビタミン。。?と栄養素のことを

連想するかもしれませんが、漢方の理論からいうと少し考え方が異なります。

スポンサーリンク

体を構成する3大要素「気・血・水」とは

漢方の基本理論のひとつ、「気」(き)、「血」(けつ)、「水(津液)」(すい)

それはわたしたちの体を構成し、全身をめぐる3つの基本要素をあらわします。

「気」は目にはみえない、生きるための生命エネルギー、元気、気力などの「気」です。

からだの構成と生命活動のもっとも基本となるもので、

体を流れる生命エネルギー(体力、免疫力、精力など)のことです。

気は目に見えないけれど体内に満ちている原動力そのもので、体温の調整も担っています。

外界から体を守る働きもあり、元気、根気、やる気など、生きる力となるエネルギーです。

「血」は主に血液のことです。

全身を巡って体に栄養と潤いをはこびます。

そして肌や髪、内臓を潤して乾燥を防ぎます。また、視力や思考の精神活動の源にも

なるので、こころ精神状態にも関係があります。

「水」は全身を潤す血液以外の体液のことです。

リンパ液や唾液、汗や尿、涙など体内にあるさまざまな分泌物のことです。

全身に潤いと栄養をとどけ、内臓機能や筋肉、肌、毛髪を活発化させ、関節の動きも

滑らかにします。

3要素のうち一つでも不良だとどうなる?

3つの要素のうち1つでも不足になったり逆に過剰になったり、また流れが滞ったりすると

支え合っているバランスが崩れてしまいます。

そして、悪いものが体内に蓄積してしまい、「バランスを崩してしまいますよ」

という警告が、心や体に不調のサインとしてあらわれます。

つまり、「気」「血」「水」がバランスよく満たされていて、互いに助け合い

それぞれの動きがしっかりとしている状態を「病気にならない体」と考えます。

自分自身の心と体の状態と向き合って不調のサインを感じたり、「気」「血」「水」の

どのバランスが崩れているかをとらえ、その時の状態に合ったそれぞれの養生を

実施することで、未然に病気を防ぐのが漢方の考えです。

次回は、具体的にこの3要素ごとの不足の状態とはどのようなものか、そ

して、それにあった養生の方法などをご紹介いたします!お楽しみに(^^)

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

error: Content is protected !!