ロマンチック☆彡からだは宇宙の原理その1「陰陽論」

シェアする

スポンサーリンク

WHAT IS THIS 。。。。。?

東洋医学から派生した分野で、たびたび色んなところで登場するこの白黒の丸いマーク、

一度は見たことがあるのではないでしょうか。

占いの道具?魚の目?見ているだけで神秘的です。

(私にはひよこ🐤が2匹にしか見えません・・)

実はちゃんと名前がついています。一般的には「陰陽太極図」といわれていて

漢方をお伝えするときに、いちばん最初に知ってほしい漢方の基本理論です。

スポンサーリンク

陰陽論とは

この白と黒が絡み合ったような図、色で言えば白いほうが陽、黒いほうが陰です。

この世に存在する原理や現象、人や自然の営み、全てのモノは「陰」と「陽」の2つの性質に

分けられると解釈した理論のことです。

は明るく暖かくて、活動的でポジティブなもの、は暗く冷たく、静寂で穏和

ネガティブで受け身なもののイメージです。

くらしの中の陰陽

陰陽はありとあらゆるものに当てはまります。太陽と月、男と女、火と水、、

人は朝起きて活動し、夜に伏して眠ります。

「起きて動く」のが陽、「眠る」のが陰の動きになります。

風邪をひいたら「寒気がしてブルブルふるえる」が陰、「高熱がでる」のが陽となります。

また自然に目を向けると「芽吹く」「花が咲く」のが陽

「実りをつける」「蓄える」が陰の動きとなるわけです。

昼が無ければ夜はない。冬の寒さが極まると必ず春が到来します。

互いに対立、抑制、助け合い、依存し合う関係であることが大自然の一般的な法則であり、

そして万物の発生と消滅の根本であるという考え方です。

そして、陰陽は不変ではなく、また絶対的な中心というものもありません。

季節が移り替わるように、

ある段階まで発展すると陰は陽に、陽は陰に転嫁しながら、すべての現象はつねに流動的で

バランスを保っている様子を、この図は見事に表しています。ワンダフル!

■一般的な事物の部類例

分類 宇宙 天地 季節 時間 性別 気温 明るさ 運動
太陽 春夏
秋冬

■人体の分類例

分類 裏表 上下 背腹 体力 気血 体温 状態
上半身 背部 亢進 体温高 興奮
下半身 腹部 衰退 体温低 抑制

陰陽論とは宇宙のしくみを図にしたもの

陰と陽は、互いに対立し合いながら、一緒に存在する関係を図式化したのが

陰陽太極図です。紀元前から人々が、素朴な自然観察に基づいて生み出された理論で

それは科学的数値では決して図ることはできない宇宙的な原理です。

その考え方が、現代にも脈々と受け継がれ基本の理論として確立し

今まさに見直されてきているのです。

人生のバイオリズムに置き換えたとき「明けない夜はない」「ピンチはチャンス!」

なんていう表現も、陰陽のバランスがうまく保たれている言葉と理解できるかもしれません。

なんとも深い!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます