ロマンチック☆彡からだは宇宙の原理その2「五行説」

シェアする

スポンサーリンク

漢方の理論は、自然哲学であって宇宙観そのものです。

最初はとても難解で遠い世界のように感じるかもしれません。

しかし実は、私たちの心と体、毎日のくらしに密着しているものです。

まずは身近なものに置き換えてイメージを膨らませてみれば

なるほど!と思うことが沢山あります。

今回ご紹介する、漢方きほん理論「五行説」の【木・火・土・金・水】もそのひとつ

「陰陽論」の月と日(太陽)の2つと合わせれば、日本の曜日名の由来そのものです(^▽^)/

「陰陽論」“万物はお互いに相反する2つの性質をもっている”という考え方に加え

今回の「五行説」“万物は【木火土金水】の5つの基本要素から成り立っている”

という考え方です。

この2つの思想が結びついて「陰陽五行説」が確立し

漢方の基本的な考え方の中心となりました。

スポンサーリンク

五行説の特性と法則とは

五行説の5元素は、たがいの関係を強調し合い、

助けて促進する「相生」(そうせい)と

けん制し合いコントロールする「相克」(そうこく)

という2つの法則に従って、絶えず変化を続けながら密接にかかわりあっていると考えます。

これらの特性は、現代の漢字の意味と照らし合わせてみれば、流れがイメージしやすいのではないでしょうか。

相生 五行説

相克 五行説

の特性 成長発展・円滑 樹木がぐんぐん伸びて葉が茂り,絶えず上にあがっていくイメージ
の特性 炎上・発熱 炎が上を向き、熱や光を発しながら、空気の上昇や流動を引き起こすイメージ
の特性 養育・受納・変化 万物を生み出し、育て養う大地のイメージ
の特性 清涼・清潔・静寂 金属のように冷たく固く、熱伝導がよい。清涼感を与え、汚れにくいイメージ
の特性 寒湿・下行・磁潤 下に向かって流れ、ものを潤し、冷たく乾燥させないもののイメージ

木が燃えて火を生む → 火は燃えて灰をつくり土を養う → 土から金が出る

→ 金は大気を冷やして水をつくる → 水は木を養う

この5つのサイクルが永遠に続くのが自然界の法則なのです。

見事な観察力「五行説」を基本にした五行色体表

五行説の【木・火・土・金・水】を根幹として

季節(五季)や現象(五気)

人体の器官や機能(五臓、五腑、五官)

味(五味)色(五色)

など、自然界のつながりのあらゆるものを、5要素に分けて考えまとめたものを

「五行色体表」といいます。

漢方ではこの考えを利用して、診断や治療、養生において様々な分野で応用されています。

あの“五臓六腑に染み渡る~!”の“五臓”です。(五臓六腑について最初に書かれたのは、

中国最古の医学書「黄帝内径」であると言われるくらいなので、

もちろん現代医学における解剖学などの知見とは概念が異なります)

五行説まとめ

陰陽五行説を軸にこれらを“先人からの知恵の一つ”として認識すれば、

あらゆる原因や必要な養生などの全体像がとらえやすくなります。

杓子定規に考えると現実とかけ離れてしまうこともあるので、あくまでイメージとして、

日常生活の中に柔軟に取り入れながら活用していくことが大切です。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます