世の中ぜんぶ5つに分類にしちゃった【五行色体表】スゴポイントまとめ

シェアする

スポンサーリンク

こんにちはハナです!

漢方の世界では、一番の要となる理論的な根拠として【五行色体表】というものがあります。

これは、宇宙の万物は、すべて

木(もく)・火(か)・土(ど)・金(こん)・水(すい)という【五行説】を軸として、

その属性ごとに、世の中にあるさまざまな物質・現象も5つに分類された表のことです。

スポンサーリンク

スゴポイント①縦横グループにも関連あり

五色式体表(ごく一部です)

五行
五臓
五根※1
五支 顔面 皮毛※3
五志 ※4
五季 土用※5
五悪※2 湿
五方 中央 西
五色
五味 (かん)※6

※1 感覚器  ※2 季節の外気  ※3 皮膚とうぶ毛  ※4 思い悩むこと

※5 各季節の移り変わり目のこと(夏の土用で立秋の前や、長夏や梅雨の場合をさす場合もある) ※6 塩味

これらの5つの要素はお互いを助け合い、調整しながらバランスを保っています。

そしてとても興味深いのは、ヨコだけではなくタテのつながりも五行を用いて、

その関連性の説明が出来るようになっていることです。

たとえば「五臓」「五志」による影響を受けると「五根」に症状があらわれると考えます。

また「五季」特有の「五悪」の状態も「五臓」に影響をあたえると考えます。

例えば真ん中「土」縦列の「五志」の“思”、つまりくよくよ悩んでしまうのは、

「五臓」の“脾”に不調があると考えます。

脾は湿気=「五悪」に弱いので、季節は梅雨時期(「五季」の“土用”のこと)は食欲が落ちることがあります。

そして“脾”を補うような食材(「五味」「五色」の食材など)を中心にとれば体に良いとされています。

(ゴーゴーゴーばかりでちょっと酔いそうになったので、今回はこの辺で、、)

スゴポイント②五臓六腑の考え方

五行色体表の一部をつかって「五臓」についてイメージを膨らませてみましょう。

“五臓六腑に染みわたる~!”の五臓です。

五臓とは漢方では主に、内蔵や生命活動の基礎となる貯蔵する働き全般も含まれており

解剖学の臓器とは必ずしも一致しません。

(そして、これら五臓の動きを補助するのが六腑ですがマニアックすぎるため今回は割愛します)

ですので、五臓の「肝」=肝臓ではありませんが、

現代医学での機能を五臓にあてはめると、ざっくり次のようになります。

■「五臓」をつかさどる機能

自律神経、情緒 など
心臓の循環機能、意識 など
消化、吸収機能、水分、栄養の代謝 など
呼吸機能、皮膚機能 など
生命維持機能、生殖系、泌尿器系 など 


スゴポイント
③五味を活かした食養生

五行色体表の中でも五味にはそれぞれ体への働きや作用があり、

薬膳料理と大変関係が深いものです。

「味覚」そのものが栄養素ではないために、一般的に効能を語られることは少ないですが、

漢方、薬膳では大切な要素と考えて季節や体調に合わせて料理に取り入れていきます。

詳しくは薬膳カテゴリーでご紹介いたします(^^)

まとめ

ご紹介した五行はほんの一部で、実際は分野ごとに沢山の種類があります。

全て古代2000年以上も前のご先祖様たちが、日々自然の声に耳を傾けながら、

知恵や経験として実践し伝承してきたものです。

この考えを臨機応変に利用しながら、

現代のスポーツ、診断や治療、占い、薬膳などの実践に幅広く活用されているのです。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます