RSウイルスで大人のひどい咳や肺の痛み・喘息・高熱がいつまでも止まらない!?薬はあるの?

シェアする

スポンサーリンク

RSウイルス 大人

RSウイルス感染症は、2歳までにほぼ全ての子供が1度はかかるといわれている、

呼吸器系の感染症です。

乳幼児は重症化すると

  • 肺炎
  • 気管支炎

などを発症するといわれ、特に注意が必要です。

しかし大人であっても油断はできません。

特に免疫力が低下した高齢者にも感染者が多く報告されています。

症状は様々ありますが、重症化することもあるので注意が必要です。

  • 特徴的な症状は
  • 薬はどんなものがあるのか

などを中心に見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

RSウイルス感染症とは

RSウイルスとは、

Respiratory Syncytial Virus(レスピラトリー・シンシチアル・ウイルス)

  • Respiratory=呼吸の
  • syncytial=合胞体

の略で、直訳すると

『呼吸器のウイルス・略名称RSV』といいます

このRSウイルスに感染し、発症したことを

「RSウイルス感染症」

といいます。

RSウイルスの流行する時期

RSウイルス感染症は、乾燥した季節によく発症します。

例年は秋から冬にかけて流行しますが、今年2017年は夏から感染者が急増し、

例年のこの時期の3倍以上とのこと。

日本のみならず世界各国で流行していますので注意が必要です。

関連 RSウイルスに妊婦さんが感染した時の対処法

RSウイルスに大人が感染したら

RSウイルス感染症は、一度感染するとそれ以降はその病気にはかからない

「終生免疫(生涯免疫)」

ができるというわけではありません。

一生のうちに何度も感染する可能性もあります。

ですから、感染と発症を繰り返すことでRSウイルスに対する免疫が徐々につき、

症状が軽くなっていく傾向はあります。

関連 免疫力を上げる食事・食材とコツとは?

RSウイルス感染症の症状

症状には個人差がありますが、主なRSウイルス感染症の症状は以下の通りです。

【軽度の症状】

  • 乾いた咳
  • 発熱(38度台)
  • 鼻水

【重症化してしまうと出る症状】

  • 強い咳
  • 痰がからむ
  • 粘っこい多量の鼻水
  • 喘鳴(ぜんめい)というゼーゼーヒューヒューという呼吸音が出て肺が痛い
  • 陥没呼吸(呼吸する度に肋骨の下がへこむ)
  • 多呼吸
  • 無呼吸発作
  • 不眠症

RSウイルス感染症の潜伏期間

RSウイルス感染症は感染したとしても、すぐに症状が出るわけではありません。

発症するまでの潜伏期間は

4~6日間

といわれています。

もしRSウイルス感染症にかかったとしても、およそ7割

  • 鼻水
  • 発熱

のような風邪と同じ症状だけで治まることが多いと言われているため、

RSウイルス感染症と気が付くことなく、ただの風邪と勘違いして済ましてしまうこともよくあります。

関連 RSウイルスの感染経路や重症化症状は

RSウイルス感染症が重症化すると

しかし、RSウイルスに感染したおよそ1~3%の人が重症化し、入院するといわれています。

  • 強い咳
  • 呼吸をする度に“ゼイゼイ”といった呼吸音のする「喘鳴(ぜんめい)」
  • 気管支炎

などの症状が出ます。

また、RSウイルスは感染力が強いため、症状が消えたとしても

1~3週間

は、感染する力が残っていると言われています。

RSウイルス感染症の威力

RSウイルスは体内に入り込むと

  • 呼吸器官

まで到達してしまうため、潜伏期間から発熱や咳、鼻水といった風邪と同じような症状が見られます。

発症してから1~2週間で症状も軽くなってくることも多く、

子どもの場合は登校・登園も可能になりますが、鼻水や唾液などの排泄物にはまだRSウイルスが含まれていることもあり注意が必要です。

RSウイルス感染症に効く薬は

RSウィルスに効く薬やワクチンはなく、完全に防ぐことはできません。

ただ、「シナジス」という抗RSウイルスの特殊な抗体があり、秋から春にかけて、月1回の筋肉内注射を継続して行うことはあります。

基本的には出た症状に対して治療する対症療法しかないのが現状です。

関連 RSウイルス抗体シナジスとは?おすすめマスクもチェック!

対処療法が中心

熱が出たら氷水などで冷やし、十分な睡眠で様子をみます。

症状が軽い場合は、通常の風邪の対症療法と同様で、

安静にしながら消化のよいものを食べて休みます。

治療に使われる薬

具体的なお薬はどのようなものがあるのでしょうか。

症状 お薬
熱が高い時 「カロナール」などの解熱剤
ゼイゼイ、ヒューヒューと喘鳴をともなう場合 「去痰剤」や「気管支拡張剤」
細菌感染の可能性がある場合 抗生物質

などを服用します。

花粉症を含めたアレルギー体質がある人は、気管支の炎症が治りにくいせいで、咳が長引いてしまう可能性もあるので注意が必要です。

関連 RSウイルス検査費用は?大人は保険適応になる?

RSウイルス感染症で喉が痛い時

喉の痛みや咳がある時は、保湿、保温の効果もあるのでマスクを着用するようにしましょう。
もちろん人にうつさないためにも必要です。

炎症を起こした気管支にさらに他のウィルスや細菌が感染する可能性があるので、

  • 手洗い
  • うがい

も忘れずにしましょう。

関連 免疫力は測れる!費用はどれくらい?

RSウイルス2017年の感染者数

国立感染研究所の感染者数動向調査によると、

図のように、今年2017年は過去10年と比較しても患者数が約5倍と大流行しています。

2017年第40週(10月2日〜 10月8日)の一週間で6155人もの報告例があり、

一時に比べると数は減少したものの、まだまだ流行しています。

RSウイルス

引用:国立感染研究所

年齢別累計では

  • 0~1歳児以下 37~38%
  • 3歳以下     96%
  • 5歳以下     99%

となっていて、性別は男性が54%と女性に比べてやや多いとのことです。

“2017年注目すべき感染症”として注意を呼びかけています。

まとめ

「風邪にしては咳が長引いているな」と思ったら、もしかしたらRSウィルスにかかってしまっているのかもしれません。

毎年秋~冬にかけてとても多いので注意が必要です

[免疫力を上げる食事]をしっかりと摂って、ウイルスに負けない体づくりを。

人にうつさないように外ではマスクを着用し、手洗いやうがい、アルコール製剤などの消毒剤を使って消毒を徹底するなどして、日頃から風邪などをひかないように心掛けたいものです。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます