熱中症になりやすい人の子供から高齢者までできる体質改善法!汗の違いと牛乳がおすすめな理由

シェアする

スポンサーリンク

熱中症対策牛乳

暑さに強い人、弱い人という表現がよく使われますね。

同じ状況下にいても

  • ダラダラの汗を流しながら「暑い~!」と言ってクーラーをすぐつけたがる人
  • 汗もかかずに涼しい顔をしている人

この違いは一体何なのでしょうか。

実は《汗のかき方》こそが、熱中症になりにくい人なりやすい人の違いのようです。

汗をかく

今回は、2016年7月に放送された「世界一受けたい授業」でも取り上げられた

「熱中症の新常識!暑さに打ち勝つ身体を作る方法」より

信州大学学術院医学系教授(疾患予防医科学系専攻・スポーツ医科学講座)の能勢博(のせひろし)先生の講義から抜粋してお伝えしたいと思います。

夏 イメージ

もともとの体質だから…と諦めないで!夏に強くなる体質改善法があるようですよ(^^♪

スポンサーリンク

熱中症になりやすい人とは?

熱中症は、暑い環境のなかで発生するカラダのあらゆる不調の総称のこと。

私たちの体にはもともと「体温調節機能」が備わっていて、暑いときには汗をかいて体表面から熱を逃がし、上がった体温を冷やそうとするはたらきがあります。

畳の上でのんびり

熱中症になりやすい人は、この汗をかくという調節機能が上手くいかないことであらゆる不調につながります。

ハナ
熱中症は症状によって3段階に分けられています。熱中症を知るためにもまずこちらの記事をぜひ確認してみてくださいね!

牛乳が熱中症に強い体をつくれる理由

能勢先生が提唱する、熱中症に負けない体を作るための飲み物は

  • 牛乳

です。しかしただ単に牛乳を飲むだけというわけではありません。

「熱中症に強い体を作るために必要なキーワード」3つあります。

① 暑熱順化(しょねつじゅんか)

② 血液を増やす

③ 下半身の筋肉量を増やす

の3つです。

とり
しょねつじゅんか?
ハナ
ちょっと聞きなれない言葉だね。でもものすごく大切だから一つ一つ見ていこう

キーワード①暑熱順化

暑熱順化(しょねつじゅんか)とは

《暑さに対して体を適応させる力をつける》

という意味です。

同じ環境でも暑いと感じる人、感じない人の違い

よく夏のオフィスで同じ環境下でも、大汗をかいている人と、汗も出ずに涼しい顔をしている人がいます。

これは、体が「暑熱順化」できているかの差が大きく影響しています。

暑熱順化されている人

例として、わずか0.1℃の体温上昇でも、体が反応して汗をかけます。

その汗は素早く体熱を放散させることが出来るので、それ以上体温は上昇せず涼しいまま、暑い中でも楽に過ごせるようになります。

暑熱順化されていない人

例として、0.5℃の体温上昇してやっと汗をかき始めます

つまりかなり体温が上がってからやっと「暑い!」と感じて汗をかきます。

暑さに弱い人は体が「暑い」と反応するまで時間がかかり、かつ常に高い発熱が継続するので体も非常につらい状態です。

関連 熱中症になったら会社や学校は休める?

暑熱順化できると何がいいのか

暑熱馴化されている体は、体温の上昇がわずかであっても、皮膚の血管が拡張して身体から放熱できるようになります。

すなわち、暑熱馴化するということは、自動車でいうラジエーター(放熱器)を大型化することと同じ意味を持つのです。

そして暑熱順化は、後述のように“ややきつい”と感じる程度の運動をすることで効率的に体を改善することができます。

とり
汗のかきかたはもともとの体質じゃなくて暑熱順化すれば改善できるってこと?
ハナ
そうなの!暑さに強い体を作れるってことね

キーワード②血流量を増やす

運動によって暑熱順化し、体温調節機能を高めるうえで必要なのが血液の量を増やすことです。

通常、運動習慣の無い人の血液量は体重の7%

と言われています。50キログラムの体重の人は、約3-4㎏の血液量ですね。

一方、マラソン選手その倍近くの血液量があります。

血液量が多いというメリット

血液量が多くなると、多くの血液が心臓に戻ってくるということですから、心臓は多くの血液を皮膚に流すことができます。

プラスマイナス電解質イメージ

皮膚に多くの血液が流れれば、当然、汗を作る汗腺にも、汗の原料となる水分、イオン(電解質)が行き渡り、汗をよくかけるというメカニズムです。

とり
イオンはミネラルのことで体に大事な栄養素のことだったね!
ハナ
そうだったね!イオンって何だったかもう一度確認してみようか

キーワード③下半身の筋肉量を増やす

血液を増やすことの大切さは先ほどすでにご説明しましたが、もう一つ大切なことは
心臓より下にある、足から心臓に血液を戻す筋肉ポンプの働きを強くすること

下半身を中心とした筋肉を発達させることで、血管に圧力を加えやすくなり、心臓に血液を戻しやすくします。

関連 筋肉のもとを作るアミノ酸とは?覚えやすい語呂合わせにしました

「インターバル速歩」と「牛乳」のコンビが最強

能勢先生が、これら①②③の条件をクリア出来る方法として勧めているのが

  • インターバル速歩

   +

  • 牛乳

の2つの組み合わせです。

インターバル速歩とは

インターバル速歩は

  • サッサカ歩き(早歩き)
  • ゆっくり歩き

を交互に3分ずつ行うウォーキングです。

ポイントは、サッサカ歩きはややきついと感じる速さで大股で歩くこと。

一日に5セット、週4日行います。

※気温が高い時に外に出て熱中症になってしまうと本末転倒ですので、涼しい朝夕の時間などがおすすめです。

より詳しい情報の紹介サイトはこちら

運動直後に牛乳を飲む

インターバル速歩をしたら、一時間以内に牛乳(コップ1杯程度)を飲みます

運動後は筋肉の回復のために、肝臓で

アルブミン

というタンパク質が作られます。

このアルブミンこそ、牛乳に含まれるタンパク質の材料となるのです。

肝臓で作られたアルブミンが血液内に放出されることで、結果的に血液量が増えるメカニズムです。

牛乳の苦手な人はヨーグルト、チーズなどの乳製品でも効果があります

ヨーグルト チーズ 牛乳

子供の場合の体質改善

子どもは汗腺が未発達で、その機能性は大人に比べて3分の2程度といわれています。

そのため高温に弱く、より熱中症になりやすいリスクを背負っています。

スポーツ

関連 【動画】補水液OSはカンタンに自分で作れる!熱中症対策の飲み物

肩で息をするような運動の後に牛乳が効果的

子どもの場合も、テニスやバスケットボール、サッカーなどのスポーツで、

肩で息をするような運動を1日15分~30分くらいして、直後に牛乳を飲むことで

大人と同じように血液量が増え、暑さに強い体づくりが期待できます。

子供と高齢者の熱中症

引用元:牛乳による熱中症対策の有効性 Jミルク 監修:能勢博教授

関連 熱中症対策飲料は温度も大事!外出先でも温度を保つ方法

関連 市販のスポーツドリンクでおススメなのは?

高齢者の場合の体質改善

熱中症による死亡者数は、特に75歳以上90歳未満の方が一番多いのが現状です。

なぜかというと、

  • 汗のかきやすさ
  • 皮膚血管の開きやすさ

など、暑さを感じる皮膚の感度が、健康な人であっても年齢とともに衰えてしまうからです。

高齢者は暑さに対して鈍感になってしまう

つまり、室内であっても、熱中症の危険が迫っているのにもかかわらず、「暑い」と感じることが出来にくくなってしまうのです。

体感に頼らず、室温計を参考にして、高温であればクーラーのスイッチを入れたり、水分をこまめに補給するなどの対策が必要です

こうした年齢層の方の場合も、インターバル速歩の直後に牛乳を飲むことが有効となります。

歩く ジョギング

ポイントは若い人のように速く歩こうと考えず、本人なりのややきついと感じる速さで歩くことです。

マイペースで1カ月も続ければ、かなり汗をかきやすい体になることが期待できるでしょう。

まとめ

運動後に牛乳を飲むことの有効性は、環境省もお墨付きの結果です。

夏になると必ずニュースで「熱中症に注意!」と毎日のように言われ、ついつい外に出るのがおっくうになりがちですが、

適度な運動の後に牛乳を飲むことで、必ず暑さに強い体になれます。

コツコツと積み重ねて、夏でも過ごしやすい体づくりを始めてみませんか?

ハナ
牛乳が熱中症に有効なことは広く知られています。ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます