官製はがきの無料切手の絵柄(デザイン)は何がある?料金はいくら?

シェアする

スポンサーリンク

切手 デザイン

先日会社の上司に

「喪中はがきを10枚買ってきて」

とお遣いを頼まれました。

郵便局の窓口でそのまま伝えたところ、

喪中用ハガキというのは無いですが、みなさん胡蝶蘭の柄のはがきを使われますので、それでよろしいですよね」

と言われました。

アタマの中は「?」でかなり真っ白(笑)、

ハガキの切手部分の絵柄に意味や違いがあったなんて…!

お恥ずかしながら今まで考えたこともありませんでした。

危ない危ない、これは社会人のマナーとして知っておかなければと思い、

ハガキの切手部分の絵柄について調べてみました。

スポンサーリンク

官製はがきは切手がいらないハガキ

そもそも「官製はがき」という言葉。

官製はがきは、正式には

「通常はがき」

という名前で、郵便局やコンビニで売られています。

はがきには大きく分けて2種類あります。

【私製はがき】

・切手が必要なハガキ
・自分で切手を別途購入して貼るハガキ

【官製(通常)はがき】

・切手が不要なハガキ
・最初から切手部分が印刷されているハガキ

郵便局やコンビニで購入できるのは

【官製(通常)はがき】

のほうで、単純に「はがき」とも言われます。

・通常はがきはなぜ「官製」という?年賀はがきとの違いも!

官製(通常)はがきのデザイン3種類

官製はがきには、切手と同じ効力を持つ図柄が印刷されていて、これを

「料額印面(りょうがくいんめん)」

と言います。

つい見過ごしがちですが、よく見ると料額印面のデザインは

①「ヤマユリ」

②「山桜(やまざくら)」

③「胡蝶蘭(こちょうらん)」

3つの絵柄があり、用途や目的によって使い分けられます。

①「ヤマユリ」

紙質は『普通の紙面』なので、手書き用に向いています。

ヤマユリ

②「山桜」

紙質は『インクジェット用』、パソコンの印刷用に特殊なコートを施しています

山桜

③「胡蝶蘭」

紙質は『普通の紙面』。寒中見舞いや喪中欠礼はがきにも利用OK

胡蝶蘭

④「胡蝶蘭」

紙質は『インクジェット用』。寒中見舞いや喪中欠礼はがきにも利用OK

ヤマユリ2

「胡蝶蘭」だけなぜ2種類?

さきほど紹介したように「胡蝶蘭」の絵柄だけは

  • 『普通の紙面』
  • 『インクジェット用』

の2つの紙質が色違いで用意されています。しかも

「寒中見舞いや喪中欠礼はがきにも利用OK」

というのは、郵便局のホームページでも正式に紹介されています。

はがき

引用:郵便局-通常はがき-

「胡蝶蘭」といえば、本来は法人・個人の対象を問わず“贈り物の花”というイメージがありますが、なぜ胡蝶蘭柄だけこのように紹介されているのでしょうか。

「喪中はがき」という専用ハガキはもともと存在しない

喪中はがきを出す時は、実は

・私製はがき(弔事用の切手を貼る)
・官製はがき

どちらを使っても構いません。

喪中はがき

しかも、

“寒中見舞い用・喪中はがき用=胡蝶蘭柄の官製はがき“

決められているわけではありません。

にも関わらず、郵便局の窓口で

「喪中用のはがきをください」と言えば、ほとんどの場合、

「胡蝶蘭柄でいいですよね」と言って準備してくれます。

これは実際に、喪中はがきや寒中見舞いにはがきを選ぶとき、胡蝶蘭柄を選ぶ人が圧倒的に多いため、

“胡蝶蘭=喪中用“

のイメージが定着し、現在はそれが暗黙の了解のルール・マナーになっているのです。

他のデザインを喪中はがきに使うのはルール違反?

もちろん「山桜」と「ヤマユリ」のデザインも、「喪中専用はがき」が無い以上使えます。

ただ「山桜」はとても華やかなイメージで、“あなたに微笑む“などの花言葉もあるため控えた方がいいと思います。

「ヤマユリ」は落ち着いたイメージで、“威厳いげん荘厳そうごん”などの花言葉はありますが、紙質はインクジェット用が元々無いので、プリンターで印刷する場合は不向きかもしれません。

とはいえ、私は普通紙をプリンターで印刷したとしても不都合は感じたことはないので、

結局はご自身の価値観や判断で、といったところでしょうか。

官製(通常)はがきの切手部分は切り取りして使える?

“消印が無い未使用のハガキの切手部分って、切り取って他の郵便物に貼り付けて投函していいの?“

という素朴なギモン。

先ほど紹介した官製はがきの切手部分「料額印面(りょうがくいんめん)」は、

切り取って使うことはできません。

郵便局で、手数料(一枚5円)を払って新品と交換する必要があります。

いっぽう私製はがきについては、切手の裏に台紙が貼りついているだけですから、

もちろん再利用は可能です。

切手の柄が破れたりしないよう、ぬるま湯につけてそっと剥がせばよいでしょう。

書き損じはがき交換の料金計算方法は?切手で差し引きできる!
・住所の間違いや印字ミスのハガキ ・期限の過ぎた未使用のお年玉ハガキ ・間違って貼ってしまった切手 …これらの「書...

官製(通常)はがきの料金は

官製(通常)はがきの料金は、

全国一律で1通62円

です。(※往復はがきは124円)

つい最近までハガキって50円くらいじゃなかったっけ?と思っていたんですけど、

いつの間にかそんなに高くなっていたんですね( ;∀;)

2017年6月1日から、値段が

通常はがき52円 →62円

10円値上がりしています。

官製はがき 値上げ

官製はがきの一つである「年賀はがき」も、2019年用から一律62円になります。

ですから、昔買った官製はがきで52円と印字されているハガキは、そのまま投函できません。

・10円分の切手を購入して追加で貼る

もしくは

・一枚5円の手数料を払って郵便局で新しいはがきと交換

などが必要になりますのでご注意を。

まとめ

切手代金が含まれる絵柄がもともと印刷されているハガキは、

“官製はがき“・“通常はがき“

と言って、郵便局やコンビニで売られています。

切手部分の絵柄は3パターン

  • 「ヤマユリ」
  • 「山桜」
  • 「胡蝶蘭」

があります。

「喪中専用はがき」というのはありませんが、一般的なマナーとして

「胡蝶蘭」だけが“寒中見舞い用・喪中はがき用“に使われています。

絵柄によって用途も違うので、上手に使い分けていきましょう。

官製(郵便)はがき・年賀はがきの違い!値段やサイズ(インチ)は?
官製(郵便)はがきと年賀はがきの違い。 この二つは『年賀』という印字がもともとあるかないかの違いだけで、 ハガキそのもの...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます