お風呂の残り湯の使い道・再活用のやり方は?節約になる?臭い対策も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

お風呂の残り湯

お風呂の残り湯にいる雑菌は一晩放置で1000倍に増えるという恐ろしい事実。

とはいえ節水・節約を考えると、活用した方がいい気もするし…。

そもそも、追い炊きして翌日も入ったり、洗濯水として再利用するのは衛生的に大丈夫?

モッタイナイの代名詞とも呼べるお風呂の残り湯。

洗濯に再利用するのが定番ですが、電気代のほうが高いし、洗濯物がクサくなるなどのデメリットも聞かれます。

今回は、

お風呂の残り湯をうまく活用するためのポイント

などまとめました。

スポンサーリンク

お風呂の残り湯・洗濯で使うメリット

まずは、おふろの残り湯を洗濯に使うことのメリットから。

節水・節約はどれくらい?

お風呂のお湯は浴槽サイズにもよりますが、200〜300リットル

1回の洗濯では、洗い+すすぎを含めて100リットル近くの水を使っています。

お風呂の残り湯1

これだけの水を毎日使っているとなるとかなりモッタイナイですよね。

お風呂の残り湯を、洗濯水に使えばそれだけ節水・節約になります。

仮に、1回の洗濯で利用する水の量を90L・(一日一回365日)洗濯機を使うとすると、年間32,850Lの節水、年間約8,444円の節約になります。

東京ガスの調査

洗濯機から水をくみ上げるポンプの電気代は、多く見積もっても一回2円ほどですので、この調査結果を見るかぎりでは、利用価値は高いと思います。

お湯で洗浄効果UP&肌に優しい

食器を洗う時、水よりお湯の方が油汚れが落ちやすいという経験があると思いますが、洗濯も同じです。

衣類の主な汚れ原因は、皮脂や食べ物のアブラ汚れ。

夜 洗濯 部屋干し

残り湯を温かいうちに使えばそれだけ汚れも落ちやすいメリットがあります。

“肌が弱いから刺激の強い洗剤は使いたくない“

“環境のことを考えて合成洗剤はさけたい“

という人にもお風呂の残り湯は最適です。

環境や肌にやさしい「洗濯石けん」は、どうしても水に溶けにくい、洗浄力が弱いという点も多いですが、温かいお風呂の残り湯ならその心配はありません。

お風呂の残り湯・洗濯で使うデメリット

お風呂の残り湯について「節水・節約」という視点から考えれば、

・毎日欠かさずお湯の入れ替え派
・2日は残り湯を活用して追い焚き派
・半分位残してたし湯派

など人によってライフスタイルはさまざまです。

ですから、ガス代・水道代を合わせて、結局どれが一番おトクなの?という点が気になると思います。

実際のところは、

  • ガス代・電気代は地域や各家庭の使用量・契約内容によって異なる
  • 給湯器の機種・外気温(季節)によって熱効率が違うので、各家庭で節約方法が同じとは言えない

というのが答えになってしまうため、結局は衛生面を大切にするか、エコ(節約)を重視するかによって意見が分かれることになります。

衛生面・雑菌の繁殖は1000倍!

衛星微生物研究センターの試験結果によると、

入浴前に比べ入浴直後の菌数は約3倍に増えます。

さらにたった一晩放置することで、菌数は約1,000倍にも増加するとのこと。

お風呂の残り湯1

この菌というのは、人の身体(皮膚など)に由来する細菌なので、必ず感染して病気になるという事ではないですが、

身体の汚れを落としてから湯に浸かるなどの心がけで、少しでも減らすことができます。

また『追い炊きをすれば殺菌できる』という認識はNG。

40℃程度では死滅しない菌が多く、特にジオネラ菌などの有害な菌を殺すためには、60℃以上に沸かさないとダメなのです。

洗濯物が臭くなる?

お風呂残り湯を使って洗うと、どうも洗濯物がクサイ…。

乾燥機を使わず自然乾燥をさせると出てくるこのお悩み。

そのにおいのもとは『雑菌』が残っているからです。

夜 洗濯物 臭い

とはいえ、これも残り湯の使い方次第で解決できます。

洗濯物がニオわないようにするためのポイントは、

残り湯をすすぎに使わないこと。

お風呂の残り湯は洗剤を利用する「洗い」の工程のみに使用し、「すすぎ」の工程では水道水を使うように洗濯機のボタンをセットすれば解決します。

雑菌には重曹がいい!?

どうしても雑菌の繁殖が気になるという場合は、家族全員が入浴した後に

『重曹』

を入れておくと効果的です。

水がアルカリ性になり、雑菌の繁殖を防いでくれます。

『お風呂の洗浄剤』などの商品を活用するのもよいでしょう。

入浴剤入りの残り湯は洗濯に使える?

入浴剤入りの残り湯と洗濯洗剤で洗った後も、すすぎは『水道水』で行うのが基本です。

最近は、消費者ニーズに合わせて入浴剤のパッケージに

『残り湯は洗濯に利用できます、ただし“すすぎ“以外でお願いします』

とわざわざ書いてある商品も多く見かけるようになりました。

洗濯 夜干す 

洗濯が終わったらすぐ干すのが鉄則!

残り湯が汚れにくく、かつ入浴剤が洗濯洗剤の働きを妨げないように商品開発されているのだとか。

ただし次のポイントに注意してくださいね。

  • 残り湯と柔軟剤を一緒に使わない
  • 残り湯でおろしたての衣類を洗濯しない
  • 色のついている入浴剤の残り湯でつけおきはしない
  • すすぎは清水(水道水)を使う

上手に活用するための工夫5つ

風呂の残り湯活用法について

『節約・節水』

『衛生面』

を考えると、他にも次のようなことが効果的です。

①体の汚れを取ってから湯船に入る

お風呂に浸かるまえに、身体を洗わず湯船に入らないように注意。

身体の汚れをシャワーなどで洗い落としてからお風呂に浸かれば、菌の増加を軽減できます。

②お湯が冷めにくくする工夫をする

入浴後、浴槽のフタをちゃんと閉めるだけでも、お湯が冷めにくい工夫ができます。

また、不要な『追い焚き』などしなくていいように、家族全員がなるべく同じ時間に入るのが理想的です。

③入浴後はごみや汚れを取り除く

入浴後、湯船に浮いたゴミや汚れを取り除くことは、次に入る人が気持ちがいいだけでなく、付着した雑菌などの増殖を抑えることにもつながります。

④シャワーを使うことを見直してみる

髪や体を洗った時はシャワーで流すという方も多いと思いますが、

これが意外に大量の水を使っています。

流すシャワーからのお湯を湯船のお湯に変えることも、とても節水につながります。

また最近は

『省エネタイプのシャワーヘッドに買い替える』

という人も多いので、いちど検討してみてはいかがでしょうか。

⑤洗濯に使う時は、お湯が温かいうちに使い切る

「時間が経つほど、菌の数は増殖する」「温度が高いお湯の方が汚れが落ちやすい」という点から、家族全員のお風呂が終わったらすぐに、洗濯機を回すことがポイントですね。

まとめ

お風呂のお湯は、見た目がキレイでも残り湯には目に見えない雑菌がいっぱい!

普通はそれらですぐ病気になる可能性は低いとはいえ、やはり長期放置は避けたいところ。

なるべくその日のお湯はその日に使い切ったほうが一番衛生的と言えます。

節水・節約のためという事であれば、洗濯に使う以外にも、シャワーで流す動作を見直してみたり、きちんと蓋を閉めたりと工夫できることは他にもたくさんあります。

お風呂の残り湯の活用はなかなか難しいところもありますが、

ご自身やご家族ににとってベストな方法で見直してみてくださいね!

洗濯物を夜干すと夜露や虫が付く?!外より部屋干しのほうが渇く?
“洗濯物を乾かす“というと、自然な太陽光と風の力でサラッと清潔に乾かして夜には取り込む、というのが理想かもしれませんが、 なか...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます