味噌汁の具材組み合わせや変わり種!入れるタイミングや順番は?

シェアする

スポンサーリンク

味噌汁 具材 組み合わせ

お味噌汁の定番といえば豆腐・わかめ・ねぎ。

皆さんは普段どんな具材をいれますか?

何となくいつもマンネリ化してしまうお味噌汁の具材。

バリエーションを増やす変わり種や、よりおいしくつくるためのポイントなどまとめました♪

スポンサーリンク

味噌汁の具材・ベストな組み合わせは?

誰もが悩む味噌汁に入れる具材のこと。

結局のところ

意外とどんな具材でもOK、味噌汁にすれば何でもおいしい!

というのが結論(^^♪、ですので全く悩む必要はありません。

味噌汁の具材

豆腐・わかめ・ネギは定番の組み合わせ

どの家にもストックしている

  • じゃがいも
  • 人参
  • たまねぎ
  • たまご
  • ネギ
  • 豆腐
  • わかめ
  • 葉物野菜

この辺のものをテキトーに入れるだけで、野菜もたっぷりとれる美味しいスープになるので不思議です。

味噌汁の具材・入れる順番のコツ

さて、適当に具材を入れると言っても、より美味しくいただくには、具材を火にかける順番にコツがあります。

このひと手間で美味しさがアップしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

基本的に野菜類は

「土から下にできるものは水から、土から上にできるものは沸騰させてから鍋に入れる」

これさえ心がけておけば、どんな野菜でも迷うことはありません。

詳しく見ていきましょう。

Step①水から入れたほうがいいもの

最初にお鍋に水から入れたほうが良い具材はこちら。

※火の通りにくい具材「土から下にできるもの」

根菜類(人参 大根 ごぼう レンコン カブ たけのこ たまねぎ)
イモ類(かぼちゃ さつまいも じゃがいも ヤマイモ サトイモ)

※「だし」がよく出る具材

シジミ・アサリなどの貝類

※貝類はアクも出るのですくっておきましょう。

Step②沸騰してから入れたほうがいいもの

沸騰してから入れたほうが良いものはこちら。葉物野菜に多く含まれるビタミンを熱で壊れにくくし、キノコ類の風味も損ないません。

※火が通りやすい具材「土から上にできるもの」

葉物野菜(ほうれん草 わかめ キャベツ レタス 菜の花 白菜 小松菜 なす)
きのこ類(しめじ えのき まいたけ なめこ)

Step③火を消す直前に入れたほうが良いもの

火を消す直前に入れたほうがいい具材もあります。

「吸い口」は、見た目も美しく、味と香りのアクセントになり、季節や色合いを考えれば、いつもの味噌汁がワンランクアップ!毎回意識して添えたい具材です。

※煮崩れしやすいもの

とうふ

※風味や香りを楽しむ「吸い口」

長ネギ 三つ葉 みょうが わけぎ ゆず ごま しょうが 山椒 青じそ 木の実

味噌を入れるタイミングとは

味噌の良い香りは、90℃以上になると揮発して風味が落ちてしまいますので、

全ての具材に火が通った最後に入れます。

味噌汁 具材

味噌を溶き入れたら、煮立つ直前にすぐ火を止めるのがポイントです。

味噌汁にピッタリ!乾燥具材も見逃せない

お味噌汁の具材とえば、美味しいダシになって長期保存もできる乾物もおすすめです。

  • 切り干し大根
  • 干し椎茸

この二つは鉄板です。

干し椎茸は水でゆっくり戻したほうが、風味が出ておいしい出汁がでるので、できれば半日以上前から水に浸して冷蔵庫にストックしておきたいですね。

椎茸(しいたけ)を干すと栄養・香り成分の特長は?生シイタケと比較!
独特の食感があってうまみの強いキノコ類。 和食洋食をとわず、料理にコクをプラスするためによく使われていますね。 とくに和...

味噌汁のアレンジ・変わり種

味噌汁は何でも相性がいいスープ。

ネット上で多かった意外な変わり種を紹介します。

  • 納豆
  • おくら
  • ちくわ
  • 素麺
  • ピーマン
  • にんにく

とくにおすすめはニンニク。ニオイが消えるまでしっかり火を通せば、スタミナ満点・ホクホクした芋のように!

納豆はお味噌と同じ大豆なので、いわば親戚同士。合うハズです☆

冷や汁

トマト・オクラ・キュウリなど、夏野菜系のさっぱりした野菜も意外とグッド!

宮崎県が発祥と言われる郷土料理『冷や汁』は今や全国的にも有名ですね。

味噌汁 冷や汁

キュウリと崩した豆腐が入ったサラッと食べられる冷たい味噌汁。

たまにはこのような食べ方もいかがでしょうか。

お肉・脂類との相性もバツグン

お味噌汁は脂との相性もバツグンです。

ベーコンやバター、お肉類なら薄切り豚肉・むね肉など脂の多いお肉は美味しいダシにもなります。

スープベースを味噌+○○

具材だけでなく、スープをアレンジすることもできます。

味噌汁に

  • 豆乳
  • 牛乳
  • トマトペースト

など組み合わせても美味しくいただけます。

まとめ

定番のものから、変わり種やアレンジなど紹介しました。

組み合わせに迷ったらstep①②③の野菜の組み合わせでバランスを取ったり、季節の旬の野菜を積極的に取り入れてみてください。

何を入れても誰が作っても大体美味しくできるのがお味噌汁。

ちょっとコレは無いよ…と思っていても意外と合うので、むしろどんどんチャレンジしてみるのが楽しいです。

具材やお味噌を入れるタイミングだけ気を付けて、色々試してあなただけバリエーションを増やしてみてくださいね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます