ご飯の保温の限界はいつまで大丈夫?臭い・固くなるまで何時間?

シェアする

スポンサーリンク

ご飯 保存 時間

炊飯器をパカッと開けるとそこにはカッピカピに干からびたご飯。

しまった!またやっちゃった……!

私はたまにやってしまいます。(主婦なのにw)

特にお子さんのいるご家庭など、翌日のお弁当用のご飯は寝る前に多めに炊いて、残ったご飯は必然的にその日の夜の分になるので、

まる一日は炊飯器でご飯を保温していることも多いと思います。

どんな状態で保温でも、やっぱり炊きたてのご飯にくらべると味は落ちてしまいます。

そこで素朴な疑問。

・ご飯は何時間くらいまで保温していいのでしょうか?
・ご飯を保温するベストは方法は?

などまとめてみました。

スポンサーリンク

ご飯の保温・平均何時間?

炊いた後のご飯は、炊飯ジャーの中で何時間くらい保存が可能なのでしょうか。

Q)ごはんの保温は何時間まで可能?

A)炊飯器の種類によって加熱方法が違います。目安は

  • IHジャー炊飯器の場合…24時間までの保温
  • マイコン式炊飯器の場合…12時間までの保温

がおすすめです。

パナソニック-ジャー炊飯器・よくある質問-

と説明がされていました。

ご飯 保存 

ただ実際のところは

  • 炊飯器の性能
  • 残されたご飯の量
  • 季節(特に夏場は要注意)
  • ふたを開けた回数
  • ふたが空けていた時間

などそれぞれの保存状態によって変わります。

保温機能の温度

炊飯器の保温温度は、通常

60-70℃で保温

とされていますが、炊飯器が古くなるにつれて、または故障などで温度が下がっている可能性もあり、雑菌繁殖の原因にもなるので過信は禁物です。

ご飯 保温 炊飯器

古い炊飯器は要注意!

ちなみに少量のご飯を上手に保温するコツは、乾燥を防ぐために

できるだけご飯を中央に寄せ、内釜に触れる面積を減らした状態での保温

がよりおいしさを保つコツです。

ご飯の保温期限・電気代は?

このように、保温状態のご飯が美味しく食べられるのは、

12時間~24時間以内

が目安です。

中には、それ以上OKという高機能のものもありますので、説明書やメーカーのホームページで型番から調べてみてくださいね。

どんな炊き方でも時間が経つれて確実に味は落ちていくので一般的には

炊飯器での保温はせいぜい5~6時間がおいしく食べられる限度

といわれています。

ちなみに6時間保温すれば、1回炊飯するのと結局同じくらいの電気代がかかるそうですよ。

ご飯の保存期間・腐るまでの限界

ご飯の保存についてさまざま目安はありますが、一番頼りにしなければならないのは

『自分の嗅覚・視覚・味覚』

です。

  • カビが明らかに生えている
  • カビが見えなくてもカビ臭い
  • 変色して見た目が変(黄ばみ・赤・緑など)
  • ネバネバしている
  • 酸っぱい臭いがする

このような状態になってしまったら、

『農家さんごめんなさい』と心でつぶやいて潔く破棄しましょう。

食中毒になっては元も子もありませんから( ゚Д゚)

固くなったご飯はどうする?おすすめの食べ方

人によって基準はありますが

  • パサパサしてる
  • 固くなってる
  • 味と香りが落ちている

これくらいの状態なら私はもちろん食べます。

たまに

“3日前(72時間前!)放置のご飯でもヘンな臭いがしないなら食べる“

というツワモノさんもいらっしゃるようですが、それは自己責任で…。

ご飯 保存 玉子雑炊

固いごはんにはお湯を注いで、ご飯がふやけたら、お湯を捨て再度水を入れて煮立て、雑炊の元やテキトーに刻んだ野菜・卵を入れたら玉子雑炊の完成です。

他にも

  • リゾット
  • チャーハン
  • おかゆ
  • お茶漬け

などいくらでもアレンジして食べることができますよ!

炊きすぎたご飯を上手に保存・ベスト方法は?

白いご飯は炊きたて・アツアツが一番。

余ってしまった場合、炊飯ジャーに入れておく『保温』の他にも

『常温』『冷蔵』『冷凍』

イロイロ方法はありますが、ご飯を一番美味しく保存できるのは、どの方法でしょうか。

ズバリ!『冷凍』が良い理由

結論を言うと一番美味しくご飯を保存できるのは

『冷凍』

です。

そもそもご飯がパサパサで美味しくなくなる一番の理由は、

米の主成分であるでんぷんの水分が少しずつ表面に出てしまうから。

ご飯を炊きたての状態でサッと冷凍してしまえば、水分も逃がさず保存できるのでおいしさを保つことができます。

冷凍&解凍するときのポイント

冷凍をするにもちょっとしたコツがあります。

【冷凍するとき】

ご飯を茶碗1杯分くらいに小分けにする

お米がつぶれないように優しくラップで包む(フリーザーバック・タッパーでもOK)

あら熱をとる

冷凍庫へGO!

急速冷凍機能やアルミトレイ・アルミホイルの上で冷凍すれば、美味しさを逃がさずより短時間で冷凍できます。

ご飯 保存 冷凍

【解凍するとき】

解凍は、自然解凍でゆっくり解凍するのはNG。

味が落ちるだけでなく、特に夏場は雑菌の繁殖リスクもあります。

凍ったまま・ラップをしたまま電子レンジで急速加熱がベストです。

冷凍保存であっても、長期間保存は味が落ち冷凍焼けの原因にもなります。

長くても、およそ2週間~1か月以内には食べきりましょう。

ご飯の保温[おひつ]も人気

ご飯を美味しく保存・保温するおすすめアイテムに「おひつ」があります。

昔ながらの知恵の一つ、今も旅館で用意されるサワラやヒノキなどの「木のおひつ」は香りも食欲をそそりますよね。

ご飯 保存 おひつ

最近はセラミック製や陶器製のもので、そのままレンジでチンできるもの、水分保持に優れたものも多く出ています。

[おひつ]の保存時間目安は?

おひつでの保存期間目安は、約半日ほど。

朝ご飯を炊いて、夜食べるご飯については今までの「炊飯器の保温機能」ではなく「おひつ」を使ってみるのもおススメです。

通販の説明やレビューでは、こんな口コミがありました。

  • ご飯の黄ばみと臭いを抑て、美味しく保存!オドロキです
  • 温め直しは容器ごと電子レンジに入れ、加熱するだけ
  • 正直、2日間くらいなら保存可能。パサパサしない。ふっくら
  • 木のおひつと違って、軽いし扱いが良いからラク

おひつは、適度に水分を保ちながらご飯表面のツヤをキープしてくれる働きがあります。

炊飯器の登場で需要は一旦減ったものの、「美味しくご飯を保存できる方法」としてその良さが再び注目されています。

ご飯の保存「冷蔵庫」がおすすめできない理由

とりあえず保存場所に迷ったら冷蔵庫へ!と思われがちですが、ご飯は事情が異なります。

実はご飯に含まれるでんぷんの老化は2~4℃のときに一番進んでしまうとされているため、

「冷保存」はご飯の保存に向いていません。

半日以上食べきれいご飯があるときは、まず「冷保存」するのがおすすめです。

ご飯の保温・お弁当におすすめな商品

最近はご飯を温かいままで持ち運べる

  • 携帯用保温ジャー
  • ごはんが炊ける弁当箱

など高機能な商品も人気です。

ご飯 保温 お弁当

オフィスにお弁当を持って行く方も、昼休みに電子レンジにかける必要が無く、あたたかくてホカホカのごはんを食べることができます。

まとめ

ふっくらご飯は水分が命。

ご飯を炊飯器に入れたまま保温するときは、水分の蒸発を防ぐためにも

出来るだけご飯を中央に寄せて、内釜に触れる面積を減らした状態で保温してくださいね。

・炊飯ジャーでの保温はせいぜい半日(6時間)程度
・冷蔵と冷凍なら「冷凍」のほうが良い

という目安はありますが、いちばん頼りにしなければいけないのは

ご自身の嗅覚・視覚・味覚

です。

炊いたご飯は、基本的にはすぐ食べるのが一番です。

すぐに食べない場合は、「おひつ」に入れ替えたり、小分けして冷凍しておくことをおすすめします。

ご家庭の人数やライフスタイルに合わせて、いつでも美味しいごはんが食べられるように上手に保存したいですね。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます