キョンは特定外来生物だけど食用になる?どこの国から来たの?

シェアする

スポンサーリンク

シカに似た特定外来生物「キョン」が増えすぎて困っているから駆除!というニュース。

名前が可愛い~なんて言ってる場合じゃないほど、千葉県では被害が広がっているようです。

ハクビシンとか、アライグマとか、動物は動物で必死に生きているのですが、頭の痛い問題ですね。

きっと人間のせいなんでしょうけど、どうしても駆除しないといけないんでしょうか…

シカの仲間なら、ちょっと乱暴かもしれませんが食用として利用することは出来ないのかな?なんてちょっと興味も出てきてしまいました。

そもそも特定外来生物って定義がよくわからないし、どんな生き物のことを言うのでしょう。

  • 外来種・外来生物の違いと
  • 特定外来生物の意味と種類
  • キョンはどこの国から来た?
  • キョンは食べられる?

など、調べてみました。

スポンサーリンク

外来種の定義

外来種とは、海外から日本に持ち込まれた生物という意味だと思われがちですが、実際は違います。

外来種とは、もともとその「地域」にいなかったのに、人間の活動によって他の地域から入ってきた生物のこと全般を指しますので、「地域」が日本国内でも外国でも外来種となります。

外来種=全て海外からきた種という意味ではない

外来種に対して言われるのが、在来種(=本来の分布域に生息する生物)です。

しかし、たとえばカブトムシのように、

“もともとは日本の本州の南地域にしか生息していない生物が北海道に入ってきた”

という例のように、

日本国内のある地域から、もともといなかった地域に持ち込まれた場合にも“外来種”となり、生態系に影響を与える場合があります。

特にこのような”外来種”のことを

「国内由来の外来種」

と言って区別することがあります。

※ただし、渡り鳥や海流にのってやってくる鳥やなどは、自然の力で移動するものなので外来種とは言いません

スポンサーリンク

外来生物の定義

外来生物は外来種と言葉が混同されがちですが、正確には意味に違いがあります。

外来生物とは「外来生物法」という環境省が管轄する法律において、

“海外から日本に導入されることで、本来の生息地又は生育地の外に存することとなる生物“

と定義されています。

つまり

外来種…もとの生息地が日本でも海外でも別の地域から来たなら外来種
外来生物…もとの生息地が海外に限る

という定義の違いがあります。

特定外来生物とは?

外来生物の中でも、もちろん新しく定着した種類すべてが、周囲に悪影響を及ぼすわけではありません。

しかし、ときには地域の生態系や人間の活動に大きな被害を及ぼすものもあります。

「外来生物法」では、こうした被害を及ぼすおそれがあると考えられる外来生物を、「特定外来生物」として別に指定して、飼養、栽培、駆除、輸入などの取り扱いを規制しています。

特定外来生物の種類

特定外来生物の種類については、平成30年(2018)3月現在、

・哺乳類25種(アカゲザル・アライグマ・キョンなど)
・鳥類7種(ソウシチョウなど)
・爬虫類21種(カミツキガメなど)
・両生類15種(ウシガエルなど)
・魚類24種(オオクチバス・カダヤシ・ブルーギルなど)
・クモ・サソリ類7種(セアカゴケグモなど)
・甲殻類5種(ウチダザリガニなど)
・昆虫類21種(ツマアカスズメバチなど)
・軟体動物等5種(カワヒバリガイなど)
・植物16種(アレチウリなど)

が対象に指定されています。

スポンサーリンク

キョンの名前の由来・どんな動物?

日本の環境省指定の特定外来生物「キョン」は、漢字で書くと「羌」!

「羌」を台湾語で読んだ

「kiong(キオン)」

に由来するそうです。

私は初めて見る漢字でした…。中国では羌族という人たちの人名に使われる漢字だそうです。

和名 キョン(羌)
英名 Reeves’s muntjac
中国名 小麂、山羌 など
属性 シカ科ホエジカ属に分類されるシカの一種
体長 70~100cm
体重 10~15kg
自然分布国 中国東部、台湾・日本(房総半島、伊豆大島)イギリス

キョンはいつ特定外来生物になった?

日本でキョンが外来生物法により特定外来生物に指定されのは、2005年。

動物園などで飼育されていたのが逃げ出して野生化してしてしまったんです!

キョン

Margoz.2008.Muntiacus reevesi

特に被害が大きいのは千葉県と伊豆大島。

キョンによるイネ、トマト、カキ、ミカン、スイカなどが食い荒らされる農作物被害が深刻で、一般家庭にまで侵入して樹木や花を食べたりするのだとか。

10年で15倍も増え続けている!

キョンが野生化した千葉などの地域は、気候が温暖で餌にも恵まれていたこともあり、その数は年々増加。

1990年頃から野生のキョンの生息が確認・問題視されるようになり

千葉県内で確認されているだけでも

  • 2007年には3,400頭
  • 2014年には47,000頭

現在推定5万頭以上、ここ10年でおよそ15倍も増加していて大きな問題になっています。

キョンは食用としてOKなのか

キョンの皮(=キョン皮)はキメがとても細かく、セーム革(※)の中でも最高級品として、楽器やカメラレンズ、骨董品などの手入れや、理美容用品の素材としても使われています。

※セーム皮とはシカ,ヤギなどの皮の銀面を落として加工した革のこと

キョン

sarefo.2004.Muntiacus reevesi

また、肉質は柔らかく、脂肪分も少ないため、中国の福建料理、広東料理、台湾料理などの中華料理では、日常的によく食されているそうですが、

残念ながら日本ではまだ食用としては出されていないようです。

まとめ

初めて聞いた「キョン」は、小さいシカで思ったより可愛い感じだったので、

なんだか駆除されるというのはちょっと切ない気がしました。

鹿に似ていて皮も使えるというなら、命をありがたく利用して、うまく調理してキョン肉を食用化する方向になれば、千葉の新しい名産品が生まれるかもしれませんよね。

どちらにしても、人間のミスによって増え続けてしまったのですから、

うまく共存できるようにしていきたいものです。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます