カピパラとカピバラどっちが正しい?名前の由来や英語の意味、可愛い意外な生態も!

シェアする

スポンサーリンク

愛嬌のある顔と、ずんぐりむっくりした姿がかわいいと大人気のカピバラ。

「カピラ」「カピラ」どっちも発音してしまいそうですが、「カピラ」が正解です。

「カピバラ」という名前の、英語と和名の由来、変わった異名、意外な生態や、オスとメスの見分け方、そして

カピバラと触れ合える水族館スポットなども紹介します。

スポンサーリンク

カピパラとカピバラどっちが正しい?

まずは

「カピラ」

「カピラ」

はどっちが正しいのか?という問題。

ウィキペディアによると

カピラ(Hydrochoerus hydrochaeris、和名:オニテンジクネズミ/鬼天竺鼠)は、ネズミ目テンジクネズミ科カピバラ属に分類される齧歯(げっし)類。

南アメリカ先住民の言語のグアラニー語「ka’apiûara(細い草を食べる者)」に因み、スペイン語に転訛(てんか)して「Capibara」と呼ばれるようになった

wikipedia カピバラ より

ということで、「カピラ」が正解でした。

英語でHydrochoerus(発音:ハイドロコロリス)は、「齧歯目カピバラ科の1属」という意味。

カピバラは生物学上「カピバラ属カピバラ種」という分類になります。

そして、カピバラは、「テンジクネズミ科」に分類されている通り、ネズミの仲間です。

オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)…

ちょっと怖い名前ですよね。

「ネズミ」とというとちょっと違和感を持つ人も多いと思いますが、

種類としてはカピバラは世界最大のネズミとして知られています。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 カピバラは日本のペットショップで買える?価格や飼い方は?

カピバラは日本のペットショップで買える?価格(値段)や飼い方・海外情報は
カピバラといえば“のほほ~ん”とした表情で誰もが癒されますね! 「カピバラさん」 という癒し系のキャラクターが発売された...

スポンサーリンク

和名オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)=モルモット

カピバラの和名「オニテンジクネズミ」の元となっている「テンジクネズミ」という動物が何かご存知ですか?

実はテンジクネズミとは

「モルモット」

のことなんです!

モルモット

モルモット・Two adult Guinea Pigs

なぜ日本ではモルモットをテンジクネズミと言うかというと、

テンジクは「天竺」と書き、日本・中国で、インドを呼ぶ古い言い方です。

江戸時代にオランダから持ち込まれたモルモット。

そのモルモットを見た当時の日本人は「インドからやってきたネズミ」という意味で、モルモットにテンジクネズミと名付けたと言われています。

ちなみに、「モルモット」を英語では

「Guinea pigs・ギニアピッグ」

と言います。

ギニアとは、アフリカ西部の共和国のこと。

・日本でモルモットは《インドのネズミ》

・英語でモルモットは《アフリカの豚》

国によって見え方が違うのは面白いですね。

《関連記事はこちら!クリック↓》

 カピバラはなぜ温泉に入る?可愛いけど湯冷めしない?

【画像】カピバラはなぜ温泉に入るの?可愛いけど湯冷めしない?海外での反応も
寒くなると、人だけでなくサルなどの動物も温泉でポカポカ暖まる光景を目にしますね。 ぬぼーっとして愛嬌あいきょうのある顔立ちが...

カピバラの名前の由来や英語の意味!色んな呼び方も

さきほどもお話ししたように、日本語の名前のもととなった

「カピバラ・Capibara」

は、

南アメリカ先住民族グアラニー語の「ka’apiûara(細い草を食べる者」から来ています。

野生のカピバラは、南アメリカのアマゾン川近くの草原や湿地帯で水辺の植物を食ながら、温暖な水辺に生息している生き物です。

だから寒い場所がとっても苦手なんですね。

カピバラは世界共通じゃなかった!

じつは、カピバラは面白いことに国によって多くの呼び方があります。

一部を紹介すると…

・カルピンチョ
・カピンチョ
カピバラ(アルゼンチン北西部、ボリビア、ウルグアイ、パラグアイ、メキシコ、ブラジル)
・プエルコ・デ・アグア
・プエルコ・デ・リオ
・セルド・デ・リオ
・カピーバ
・マーサ・モップ
・ナクピアガ
・ジェラタイ
・アモー
・ナチグエセ
・ワリケライト
・ミキロ(以上、アルゼンチン)
・ピローピロ
・チグイレ(以上、アルゼンチン、ベネズエラ)
・ジョチ(ボリビア)
・チグイレ
・チグイロ(以上、コロンビア)
・ロンソコ(ペルー)
・ポンチョ(パナマ)

引用:wikipedia

などなど、アモ―やピローピロってまたカワイイ…!

カピバラは英語でも Capybara ですが、色んな国で色んな呼び方をされているんですね。

日本ではもちろん、和名の『オニテンジクネズミ(鬼天竺鼠)』と名付けられてはいますが、

「カピバラ」というカタカナ表記が一般的です。

カピバラの萌え可愛い生態は?

カピバラの寿命は5 – 10年くらい。

熱帯雨林など様々な環境に生息していますが、人間になつくことからペットとしても大人気。

日本では動物園でしか見られないカピバラですが、野生のカピバラはどんな暮らしをしているんでしょうか。

カピバラの性格

カピバラは、とってもおだやかな性格の持ち主です。

おとなしすぎて、ぼーっとしてマイペース見えてそこがまた可愛いらしく、“いやし系”という言葉はぴったりの動物。

もちろん悪さをしなければ、人間に対しても攻撃してくることはありません。

ほかの動物や生き物対しては無関心なように見えますが、自分の群れや家族に対しては深い愛情で優しく接します。

カピバラはおっとりしている性格のほか、とても臆病な面も持っています。

仲間同士ではケンカもしますが、攻撃された方はむしろ、ささっと退散します。

機嫌が悪くても、滅多に自分から怒り出すようなことはまずありません。

われわれ人間も、カピバラの性格を見習いたいですね。(笑)

家族みんなで暮らしている

Capybara!

photo by Amber Case,2010,Capybara!

カピバラの子育ては、血縁関係のある群れのメスが共同で行うという珍しい方法です。

カピバラは平均10頭の群れで生活をし、基本は群れは、オスが1匹、あとはすべてメスかその子ども達という構成です。

カピバラは、家族の団結が強く、子供がほかの動物に襲われそうになったときには、大人のカピバラが子供のカピバラの盾になり一緒に移動します。

つまり自分の生んでない群れの子供でも、異母兄弟まとめて、メスのカピバラは授乳し一緒に育てるのです。

これも、人間に例えると、とっても心が広い、、、われわれ人間も、見習いたいですね。(笑)

カピバラの雄と雌の見分け方

カピバラのメスとオスは、鼻の頭に黒色のコブがあるかどうかで見分けることができます。

Capybara

photo by Meredith Leigh Collins,2008,Capybara

このコブは「モリージョ」と呼ばれ、オスにしか見られない特徴です。

「モリージョ」には分泌腺があり、モリージョから白くねばっこい分泌物を出し、

・木などに擦り付け自分のテリトリーに印を付けるため

・交尾期になるとメスを引き付けるため

の役割があります。

ちなみに、モリージョとは、スペイン語で小さな丘という意味です。

実は走るのが超早い

カピバラは、体型に似合わず実は陸上でも素早く走ることができます。

あんな短い脚をしているにもかかわらず驚いたときなどはなんと時速50kmのスピー ドで走ることが出来るんです!

泳ぐのも得意

カピバラは泳ぎも得意な動物です。

捕食動物から身を隠すために5分以上もの潜水ができ、鼻先だけを水上に出して眠ることもあります。

危険を感じたときは一匹が鳴き声をあげ、それを聞いた群れのカピバラは立ちあがるか水中へ逃げます。

DSC_8243

photo by Masaki Tokutomi,2011,DSC_8243

そのため、前あしに4本、後ろあしに3本ある指にはそれぞれ大きな水かきがついています。

カピバラの毛はタワシのようにゴワゴワしてかたいのですが、これは水に塗れた後ですぐに乾きやすいようになっているためと言われています。

カピバラの鳴き声!ごきげんからふきげんまで各種

カピバラも他の動物と同じく、その場面に応じていくつかの鳴き方があります。

「ゴッゴッ」⇒威嚇のとき

「ピャッピャッ」「グゥーグゥー」⇒警戒しているとき

警戒音は人間の歯ぎしりの音に似ています。

「ワンワン」⇒犬のような鳴き方は、敵が近くにいることを仲間に知らせるとき

「ピーピー」⇒小鳥が鳴くような声は、母親と子供のあいだで使われる鳴き方

食べ物

カピバラはの食性は植物食、水中や水辺にあるイネ科の植物などを食べます。

寒さも暑さも苦手…

カピバラが温泉に気持ちよさそうに入るのは、寒いのが苦手だから。

寒い日や雨の日には体を寄せ合って寒さをしのぐ姿が見られます。

日本の動物園では寒さ対策としてカピバラの小屋には暖房設備を設置しています。

かと言って、実は暑さにも弱い一面が。

あまりに暑い日中は地面におなかをつけて体温を逃がしながら、木陰などの下でゆっくり休んでいます。

スポンサーリンク

水族館でも会えるカピバラ

カピバラは泳げるという特徴から、最近日本では動物園だけでなく、水族館でも見られるようになってきました。

子連れや家族で水族館に行くとき、魚だけでなくカピバラも見られたら嬉しいですよね!

癒し系の動物として人気のカピバラは、水族館でも出会えるところがあります。

・なかがわ水族館(栃木)
・マクセルアクアパーク品川(東京)
・世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ(岐阜)
・生きているミュージアム ニフレル(大阪府)
・海遊館(大阪府)
・桂浜水族館(高知県)

などが、口コミも良くておススメスポットです!

カピバラは見るだけでなく、エサやりプログラムやふれあい体験など楽しめるイベントがある水族館も多いので、ぜひチェックしてみてくださいね!

じつは…カピパラカフェもあります!!

 カピバラカフェ横浜「カピバランドPUIPUI」の口コミは?

カピバラカフェ横浜「カピバランドPUIPUI」の混雑状況やアクセス&料金は?
横浜に住んでいて動物大好きな私は、猫カフェやうさぎカフェによく行きます。 そして最近「カピバラカフェ」も登場して大人気という噂...

カピバラさんグッズも大人気

カピバラといえば、「カピバラさん」グッズも相変わらずの大人気!

私はこれをもって抱き枕にしています(笑) 

「カピバラさん」の携帯ケースやカレンダーなどの小物グッズも沢山!サンリオキャラクター並みの人気ですので、ショップもぜひ覗いてみてくださいね

カピパラとカピバラどっち?名前の由来や英語の意味、可愛い生態まとめ

カピバラの性格は大人しくて臆病。ボーっとして何に対しても無関心に見えますが、実は家族にとっても愛情深い性格。

カピバラの名前の由来は、南アメリカの先住民族の「ka’apiûara(細い草を食べる者」からきていますが、

和名は「鬼天竺鼠(オニテンジクネズミ)」という名前もあります。

寒い時期になると毎年カピバラが気持ちよさそうに温泉につかる様子は、見ていて癒されますね。

今は猫カフェならぬ、カピバラカフェもあるので、お近くの方はぜひカピバラに癒されにいってくださいね!

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます