コスモス(秋桜)の花言葉!色別で感謝や怖い意味もある?英語では?

シェアする

スポンサーリンク

コスモス 花言葉

コスモスは漢字で「秋桜」と書き、文字通り“秋の花”として有名です。

日本人にとってなじみ深く、カラフルな色合いの花が美しいコスモス。

感謝の気持ちや、想いを伝えるためのプレゼントとしても人気の花です。

ピンク、赤、白など色もさまざまで可愛らしい印象の花びらをつけますが、

チョコレート色のコスモスもあり、とてもカラフル!

今回は、コスモス(秋桜)の色別の花言葉について紹介します。

スポンサーリンク

コスモス(秋桜)の歴史・名前の由来

秋というイメージのコスモスですが、

実は開花時期は6月以降の種類もあり、夏にも花を咲かせます。

科・属 キク科・コスモス属
和名 秋桜
英名 Cosmos
原産地 メキシコ
開花期 6月~10月

日本に渡来したのは約150年ほど前の1879年(明治12年)に渡来したイタリア人によって持ち込まれたとされ、秋の季語としても用いられます。

コスモス秋桜

「秋桜」という漢字が当てられたのは、

“秋に咲く桜のような花“

という意味からで、比較的自生が簡単なコスモスは、日本の至る場所で見ることができます。

コスモス(cosmos)の語源

英名「cosmos」の語源は、ギリシャ語の「Kosmos, Cosmos」。

もともとは

「秩序」「調和」「美」

という意味を表します。

“世界のすべては数的・美的な秩序を根源とする”

ということから

英語では、星がきれいに美しくそろう宇宙のことを「コスモス(cosmos)」、

花びらが整然と並ぶこの花も「コスモス(cosmos)」と言います。

Cosmosの意味は花と宇宙!

宇宙を「cosmos」と最初に名付けたのは、古代ギリシャ時代の有名な哲学者、ピタゴラスと言われています。

コスモス 宇宙

ここから、

  • 宇宙論 = コスモロジー(Cosmology)
  • 宇宙全体 = マクロコスモス(macrocosm)
  • 人間の魂や心 = ミクロコスモス(microcosm)

などの言葉も生まれました。

宇宙と人間の心は同じ語源「cosmos」というのは、なんとも大きなロマンを感じさせます。

コスモス(秋桜)の花言葉

コスモスは色ごとにも花言葉はありますが、まずはコスモス全体の花言葉を紹介します。

『調和』
『謙虚』
『乙女の純真』
『乙女の真心』

秩序を重んじ調和を保ちつつ謙虚でいる…というのは、大和撫子のイメージそのものです。

コスモス(秋桜)の花言葉・英語では?

西洋の花言葉(Language of flowers)は次の通り。

『harmony(調和)』

『peace(平和)』

『modesty(謙虚)』

『beautiful(美しい)』

『the joys that love and life can bring(愛や人生がもたらす喜び)』

コスモスの色別(ピンク・赤・白・黄・黒)の花言葉

コスモスは色の種類も豊富。色別にはどんな花言葉があるのでしょうか。

ピンクのコスモスの花言葉

コスモスといえばピンク色というイメージも強い、可愛い花姿。

ピンク色のコスモスの花言葉は

『乙女の純潔』

ピンクコスモス 花言葉

『乙女の純粋』な恋心は、白の『純潔』な清らかさとはまた違った、

初恋のような淡い恋心をときめかせているのかなと想像させます。

感謝の気持ちを伝える母の日や、愛する人へのプレゼントとしても最適です。

赤いコスモスの花言葉

赤いコスモスの花言葉は

『愛情(乙女の愛情)』『調和』

赤コスモス 花言葉

赤は力強いエネルギッシュな情熱の色。

しかし、コスモスの赤はバラのように真っ赤ではなく、

濃いピンク色・赤紫色という感じの「赤」。

ピンクや紫などの他の色と『調和』をとりつつ、心には燃えるような『愛情』を秘めているのかも?

白いコスモスの花言葉

白いコスモスの花言葉は、

『優美』『美麗』『純潔』

白いコスモス 花言葉

白は一点の曇りもない純真でけがれのない色。

凛として美しく、誰の色にも染まっていない自立した姿を想像させます。

黄・オレンジのコスモスの花言葉

黄色やオレンジ色のコスモスの花言葉は

『野生の美しさ』『自然美』

黄色コスモス 花言葉

キバナコスモスともいわれ、種類自体は品種改良によって生み出された種。

非常に丈夫で、ほとんど手間をかけなくても自然にキレイに花を咲かせます。

人工的に生み出された種ですが、白・赤・ピンクに比べると、

自然に生きる野性的で活発な姿をイメージさせます。

黒いコスモスの花言葉は怖い?

黒紫色・褐色(茶色)のコスモスとも言われる、黒いコスモスの花言葉は

『恋の終わり』『恋の思い出』『移り変わらぬ気持ち』
黒いコスモス 花言葉

引用:commons.wikimedia.org

なんと、

チョコレートコスモス(Chocolate cosmos)

と言いわれ、ほのかにチョコレートの香りがするのだとか!

日本でも栽培が広まりつつありますが、寒さ弱く、原種はすでに絶滅したと言われています。

愛情が燃えすぎて焦げてしまったのか、

チョコレートのほろ苦さを思わせるせいなのか…

恋心も愛情も度が過ぎてしまったということでしょうか。

コスモス 花言葉 失恋

コスモスの中では唯一ちょっぴり悲しくはかなさを感じさせる花言葉です。

『恋の終わり』を告げられても、懲りずに『移り変わらぬ気持ち』で一人ひそかに愛情を燃やす姿は…ちょっと怖いかも?!

ミスチルの「花言葉」歌詞の意味は?

コスモスの花言葉というと、夏の終わりの季節に聴きたくなる一曲があります。

それが、ミスチルの『花言葉』。

――――
コスモスの花言葉に揺れながら

身の程を知らないまま
可能性を漁り
魔が差した僕にさよなら
夏の終わり
――――

この曲の「コスモスの花言葉」は男性目線で描かれていますが、

一体何色でどんな意味なのか?

ということについてさまざまな憶測が流れています。

黒コスモスの花言葉

“夏の終わりとともに恋が終わった”
“身の程知らずで魔が差した”

ということから、恋人ができたことで調子に乗ってしまった主人公が

恋人を残したまま自分勝手な行動をしてしまった。

結果、夏の終わりとともに『恋の終わり』も来てしまった…

ということでしょうか?

[花言葉は咲かなかった]

コスモスの全体の花言葉は『乙女の真心』『調和』『謙虚』。

黒コスモスの花言葉『移り変わらぬ気持ち』『恋の終わり』。

――――
君がくれた 僕に足りなかったものを
集めて並べて 忘れぬよう願う
君の全て 僕に見せて欲しかったのに
コスモスの花言葉は咲かなかった
――――

純粋に自分を想ってくれた彼女の『真心』に対して、

素直に『調和』して受け入れる自分になれず恋が終わった。

コスモス 花言葉 ミスチル

無くして始めて、彼女に対する『移り変わらぬ自分の気持ち』に気が付いた…

といったところでしょうか。

男性の気持ちに寄り添って聴いてみても、コスモスの花言葉はしっくりきますね。

みなさんはどんな想像&解釈をされたでしょうか(^^♪

まとめ

コスモス(cosmos)とは、本来

『秩序』『調和』『美』

という意味。

一か所に集まって並んでいるコスモスの花びらも、

宇宙に散らばっている星くずも、

どちらも自然の原理によって、規則正しく美しく調和しながら完成されたもの。

コスモスの花言葉が

『調和』『謙虚』『乙女の純真』

とすると、移り変わりが激しく予測不可能と思える複雑な乙女心も、

理解すれば、実はしっかりとした法則があるのかもしれませんね(^^♪

ガーベラの花言葉(赤・ピンク・白・黄色・オレンジ)色別と英語では?
ガーベラといえば 赤・ピンク・白・黄色・オレンジ など ・見た目がかわいい ・色や大きさの種類が多い ...
スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます