ハクモクレンとコブシの違い・見分け方は葉っぱ・実(つぼみ)にある?

シェアする

スポンサーリンク

ハクモクレン コブシ 見分け方

春の訪れを感じる木々といえば梅や桜。

その開花の傍で、陽春の3月~4月にかけて白い花も多く咲き乱れます。

代表的なものが

ハクモクレン(白木蓮)とコブシ(辛夷)。

でもこの2つ、見た目がそっくりだから区別がつかない~

とお困りの方に、一瞬でカンタンに見分ける方法を伝授いたします!

ぜひ違いを知って、一緒に春の花を愛でる大切な人にも教えてあげましょう。

スポンサーリンク

ハクモクレンとコブシの共通点

ハクモクレンとコブシは花は白いし木の形もよく似ていて見た目がそっくり!

共に、早春に開花し冬の終わりを告げる花とされています。

ハクモクレン コブシ 木 外観

それもそのはず、

どちらもモクレン科モクレン属に属する

から。

つまりご先祖は同じ”仲間”というワケ。

ちなみにモクレン属は100種類以上あるといわれ、

・タイサンボク
・ホオノキ
・オオヤマレンゲ
・タムシバ
・シデコブシ

などといった木花は、皆モクレン属。

日本のいたるところでよい香りを漂わせています。

ハクモクレンとコブシの違い

では、この二つは詳しくどんな違いがあるのでしょう。

遠くから見て同じような姿でも、決定的な違いは

「花の形」

です。

明かにすぐわかる見分け方は

ハクモクレンはこんもり丸く、フワッと上品に上を向いて咲いています。

一方のコブシは花びらの向きがバラバラ・横向いたり下を向いています。

花の色・形

こぶしと白木蓮の花の色はどちらも「白」

ハクモクレン コブシ 違い 花びら

しかし、ハクモクレンの花の形はチューリップのようにこんもり半開きですが、

コブシの花は完全に全開状態です。

花の向き

ハクモクレンはきちんと上を向いてます。『園芸種』ということもあり上品に手入れがされているイメージでしょうか。

一方コブシはというと…あっちこっちに開いて向いてます。『野生種』なので、自由奔放、力強さを感じます。

ちなみにハクモクレンの花言葉は

『気高さ』『高潔な心』

一途に一方向を向き、恥ずかしがりやで奥ゆかしい感じ。

コブシは、

『友情』『愛らしさ』

愛嬌を全力でいろいろなところに振りまいているのでしょうか。

花びらの厚み

ハクモクレンとコブシの花びらの厚さを比べてみると…

ハクモクレンの花びらは分厚くてしっかりしているのに対し、

コブシの花びらはハクモクレンと比べて薄くペラペラという感じです。

花びらの枚数

花びらの枚数にも違いがあります。、

ハクモクレンの花びらは9枚なのに対し、コブシの花びらは6枚となっています。

葉っぱの違い(花の付け根部分)

ハクモクレンは、花が咲いている時、花の付け根に葉っぱがありません。

それに対して、コブシは、花の下に一枚葉っぱがちょろっとついています。

ハクモクレン コブシ 違い 葉っぱ

コブシは、このチャーミングなワンポイントがあるので、

花の付け根に葉っぱがあるかないかも見分けるポイントになります。

花の大きさ

ハクモクレンの花の大きさは8~10cm、大きくてずっしり、花びらの幅も広く、厚みがあります。

コブシの花の大きさは、4~5cm、花びらの幅が狭く、より薄くなっています。

実(つぼみ)の違い

ふたつを比べると実(つぼみ)や葉の大きさにも違いがあります。

ハクモクレンのほうが、コブシよりも大きめです。

ハクモクレン コブシ 実

ハクモクレン・コブシの違い・見分け方まとめ

ハクモクレン コブシ

引用:ウィキペディア

 名前  ハクモクレン コブシ
種別 モクレン科モクレン属 モクレン科モクレン属
原産地 中国 日本
見ごろ時期 3月から4月 3月から5月
花の色
花の形 丸くてぷっくり 全開状態でバラバラ
花の向き 常に上向き 横・上・下など自由奔放
花びらの厚み 分厚くてしっかり 薄くてペラペラ
花びらの枚数 9枚  6枚
花の大きさ 8~10cm  4~5cm
花言葉  『気高さ・高潔な心』  『友情・愛らしさ』
葉っぱの特長 花の付け根に一枚の葉っぱ
実(つぼみ)の大きさ 大きめ 小さめ
モクレン・ハクモクレン・マグノリアの違いと花言葉!英語では?
一億年前の恐竜達も食べていた、必ず北向きに咲く神秘的な花があるとしたら… 見に行きたくなりませんか? 早春の頃から咲きだ...

ハクモクレンとコブシの見ごろ時期

ハクモクレンの咲く時期は3月から4月。

コブシの咲く時期は3月から5月。

コブシの方が比較的長く丈夫ですね。

余談ですがこぶしと言えば、千昌夫センセイのの「北国の春」で

白樺・青空南風 こぶし咲くあの丘 北国の ああ 北国の春

季節が都会ではわからないだろうと 届いたおふくろの小さな包み

あの故郷へ帰ろかな 帰ろかな~♪

と歌われてもいます。

(昭和生まれなら思わず口ずさんだはず)

“北国のこぶし”だから、咲く時期が少し遅目と覚えるといいかも。

ハクモクレンとコブシの名所はどこ?

ハクモクレンとコブシは全国各地の公園やお寺、公共施設などで見ることが出来ます。

同じ場所に咲いていることも多いですが、有名な観光地・名所は次の通り。

【ハクモクレン】

・北見フラワーパラダイス(北海道北見市)
・県民健康福祉村(埼玉県越谷市)
・円覚寺、東慶寺(神奈川 鎌倉)
・新宿御苑(東京都)
・京王フローラルガーデン(東京都調布市)
・高崎公園(群馬県)

【コブシ】

・北見フラワーパラダイス(北海道北見市)
・茨城県五霞町山王・中の島公園
・県民健康福祉村(埼玉県越谷市)
・京王フローラルガーデン(東京都調布市)

まとめ

春の訪れを知らせてくれる、二つの白い花について紹介しました。

ちなみに、

「モクレン」は漢字で書くと「木蓮」。

昔の人は、木に咲く蓮の花のように見えたことからその名前が付けられたとされています。

本来モクレンといえば「紫木蓮(シモクレン)」といって、花は紫色だそうですよ。

上品で甘い香りを放つ春の花。

ぜひお近くの公園に探しに行ってみませんか。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます