ハルジオン花言葉の意味!歌詞や「あの花」の追想の愛とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ハルジオン

過去の思い出を振り返っては二度と戻らない日々を懐かしみ、

時には後悔の気持ちに苛まれて立ち止まることは誰しもあるもの。

そんな時、道端でふと目にとまるピンクや白の小さな花が答えを教えてくれるとしたら…

今回お伝えするハルジオンの花言葉。

春に出会える風に揺れる可愛い花で、河沿いや公園、住宅街の一角など、誰もが目にしたことはある野花ですが、名前を知らない方も多いと思います。

この花にまつわる花言葉の深い意味とは?

スポンサーリンク

ハルジオンの季節

ハルジオンは漢字で

「春紫苑」

と書きます。

秋に咲く同じキク科の

「シオン(紫苑)」

に似ていることから、春に咲くシオンという意味でその名がつけられました。

ハルジオン 花言葉

ハルジオン

北アメリカ原産のハルジオンは、外来種として大正時代に日本に持ち込まれ、

強い繁殖力でそのまま野生化してどんどん増えた結果、

今では日本全国どこの道端でも見かける花の一つとなりました。

色は

白・ピンク・薄紫

などあり、可愛い花を咲かせます。

名前 ハルジオン
科・属名 キク科ムカシヨモギ属
原産地 北アメリカ
和名 春紫苑(はるじおん)
別名 貧乏草(びんぼうぐさ)
英語名 Philadelphia fleabane

Philadelphia daisy

開花時期 4月~6月

ハルジオンの花言葉

ハルジオンの花言葉は

「追想の愛」。

のたった一つ。

過去の恋愛に思いを馳せ、出来事を思い返すという意味です。

色別の花言葉はつけられていません。

花言葉は一般的に、複数の花言葉と色別にもいくつかあることが多いですが、

ハルジオンのように一つしかないのは珍しい花言葉です。

「追想の愛」の由来

ハルジオンの茎は空洞の状態になっていて、つぼみの時には頭を下げるように下向きに垂れています。

これを

“ジッと耐え忍んで待って考える姿“

というイメージから、

「追想の愛」

という花言葉になったそうです。

ハルジオンの花言葉・英語では?

ハルジオンの英語名は、

  • Philadelphia fleabane
  • Philadelphia daisy

などと言います。

Philadelphia (フィラデルフィア)はアメリカのペンシルベニア州の有名な都市名ですね。

ハルジオンそのものの英語での花言葉は見つけられませんでたが、

「daisy」(デイジー・キク科の植物)の花言葉として

『Loyal love:忠節な愛』『purity:純度』

“尽くして純粋に愛し続ける“という意味においては、

『追想の愛』

の花言葉と似通ったものがあります。

ヒメジョオンとの違い

ハルジオンと間違いやすくよく似た植物に

ヒメジョオン(姫女苑)

があり、これも道端で良く見かけます。

ちなみに花言葉は『素朴で清楚』。

『ヒメジョオン』というのが言いにくいため、

しばしば混同されて

×『ヒメジオン』

と言い間違いをされますが正しくは

〇『ヒメジョオン』

です。

ヒメジョン ハルジオン

ハルジオンとヒメジョオンの見分け方

この二つはとてもよく似ていて、一見見分けがつきませんが、次のような違いがあります。

ハルジオンの方が季節が短く、一番の違いは茎の中に空洞があるかどうかで見分けられます。

知っていれば恋人や家族に自慢できますね♪

特徴 ハルジオン ヒメジョオン
季節 4-5月 5-8月
花が大きい 花が小さく数が多い
根元 根っこの所に葉がある 根元はすっきり
高さ 背が低い 背が高い
茎の中 茎には空洞あり 茎には空洞なし

ハルジオンの別名は貧乏草?!

ハルジオンは、意味深い「追想の愛」という花言葉がある一方

「貧乏草(ビンボウグサ)」

という残念な別名も一部の地域でつけられています。

ハルジオン 貧乏草 

これには諸説ありますが、

“どんな雑多な環境でもたくましく芽を出す“

というイメージから、

・花を折ったり、摘んだりすると貧乏になる

・どんな貧乏な家の庭にも生える

・手入れをされた庭には生えず、手入れの行き届かない貧乏な家の周囲に生える

などといわれています。

花言葉「追憶の愛」について

「追想」=「過去の事を思い出す」

つまり、

「追想の愛」=「過去の恋愛を思い出す」

ということになります。

ハルジオンの花言葉は、一般的には

過去の恋愛を引きずるネガティブな印象

という解釈が多いようですが、果たしてそれだけでしょうか。

名作アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』
通称『あの花』のテーマとなっているハルジオン。主人公が過去の困難、トラウマを乗り越えていく成長ストーリー。
名曲と絶賛された乃木坂46『ハルジオンが咲く頃に』
♪ “ハルジオンが道に咲いたら 君のことを僕らは思い出すだろう いつもそばでほほ笑んでた日向のような存在 心癒してくれた白い花の可愛さ“

など記憶に新しいかもしれません。

これらは、

過去の辛い出来事に負けずに、むしろ成長できる糧と捉えよう。しっかり自分と向き合って乗り越える事が大事。原動力にして未来へ進んでいこう!

というポジティブなメッセージが隠されているような気がします。

人生やってみなくちゃ分からない、まずは一歩踏み出すことが大事だよ!と、

小さくてもたくましく自生しているハルジオンは教えてくれているような気がします。

まとめ

ハルジオンの花言葉はたった一つ「追想の愛」。

解釈は人それぞれありますが、ぜひ前向きに自分を励ます意味として捉えてほしいなと思います。

別名「貧乏草」と言われているのはネガティブイメージになりがちですが、

“どんな環境でもへこたれないたくましさをもった小さな花“

という解釈をすれば、とても親近感がわき励まされる気持ちになりませんか?

春になると、小さくかわいい野花をたくさんみかけるようになります。

ぜひカメラを持って散歩しながら、風に揺れるたくさんのハルジオンを見つけに行ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます