ハルジオンとヒメジョオンの違い・見分け方や特徴!ヒメジオンも正しい?

シェアする

スポンサーリンク

ヒメジョオン 花言葉

どんなにキレイで豪華な花よりも、足元にたくましく咲いてる素朴で小さな花の方が美しく見えるときがあります。

路地裏やあぜ道など、どこにでも咲いている花を使って、大切な人と楽しくコミュニケーションできればいつもの散歩がもっと楽しくなります。

春から夏に咲くハルジオンとヒメジョオン。

見た目がそっくりな2種類の花の、簡単な見分け方を紹介します。

スポンサーリンク

ハルジオンとヒメジョオンを漢字で

まずはよく言い間違いをされる名前をおさえておきましょう。

『ハルジオン(春紫苑)』

『ヒメジョオン(姫女苑)』

漢字で書いてみるとスッキリ覚えられますね。

名前の由来・属性は?

ハルジオンとヒメジョオンは、どちらも

キク科ムカシヨモギ属の植物。

その姿は本当にそっくりで、全国どこでも自生環境問わずよく見かける雑草の一つです。

名前の由来はというと

ハルジオン(春紫苑)…春に咲く紫苑(キク科・シオン属)に似ているから春紫苑
紫苑

引用:Wikipedia -紫苑(しおん)-

ヒメジョオン(姫女苑)…説①[姫]=小さい・[女苑]=中国産の野草の名前
ヒメジョオン(姫女苑)…説②「姫紫苑」としたかったが、既にほかの植物につけられていたから

ちなみにこれが既にあった植物とされるキク科の多年草・姫紫苑(ヒメオン)↓

ヒメシオン

引用:gkzplant2.ec-net.jp ヒメシオン

花びらの間がスケスケに空いているように見えますが…それにしてもややこしい。

ハルジオンとヒメジョオン見分け方ポイント3つ

見た目も名前も、とても混同しやすい2つの花。

具体的にどんな違いや見分け方ポイントがあるのでしょう。

見分け方①開花時期

一般的に、見ごろの季節は

ハルジオンは4-5月、 ヒメジョオン5-8月

とされています。

咲き始め~終わるまで、1.2か月ほど多少前後はしますが、いずれにしても

ハルジオンが咲き終わる頃に、ヒメジョオンが咲き始める

という順番です。

ですから、ザックリ言うと

春頃に見かけたらハルジオン

・梅雨が明けて夏頃~秋ごろまでに見かけたらヒメジョオン

で見分けることができます。

見分け方②花びら

…とはいいつつも、開花時期は重なっている時期もあり、

なかなかそれだけで見分けるのは難しいもの。

もう少し「見た目」で具体的に見分ける方法というと

ズバリ

「花びら」

です。

・ハルジオン…種類によってはうっすら白ピンク・糸のように細い

・ヒメジョオン…花びらが白くて幅がある

ハルジオン 花言葉

ハルジオン

という点がポイントになります。

見分け方③茎の中

時期も花びらも特徴はわかったけど、それでもやっぱり微妙にわからない!

という方は、決定的にみわける一番の方法。

それは

「花の茎の中身が空洞かどうか」

です。

少し乱暴ですが、茎をポキッと折ってみると

・ハルジオン…中身が空洞・ストロー状態

・ヒメジョオン…中に白い綿のようなものがいっぱい詰まってる

といった違いがあります。

どうしても見た目で区別がつかない時は、ちょっと失礼して茎を折ってみて、中身があるかどうかで見分けてみましょう。

ほかにも、[思わず深読みしたくなるハルジオンの愛の意味]でお話ししたように、

ハルジオンはつぼみの時にうなだれるという特徴もあります。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね↓

ハルジオン花言葉の意味!歌詞や「あの花」の追想の愛とは?
過去の思い出を振り返っては二度と戻らない日々を懐かしみ、 時には後悔の気持ちに苛まれて立ち止まることは誰しもあるもの。 ...

ハルジオンとヒメジョオンの特徴まとめ

つぼみの付き方や背の高さ・花の大きさも入れてまとめると次のような違いがあります。

なまえ ハルジオン(春紫苑) ヒメジョオン(姫女苑)
季節 4-5月 5-8月
季語
花びら まばら ぎっしり
花が大きめ 花が小さめ
高さ 背が低い 背が高い
根元 根っこの所に葉がある 根元はすっきり
茎の中 茎には空洞あり・ストロー状 茎の中に白い物がぎっしり詰まってる
つぼみ 茎ごと下向きにうなだれている シャキッとしてる

ヒメジョン ハルジオン

私は、以上の表からヒメジョオンの特長をおりまぜて

『背高でスッキリおヒメ様は、夏でもイロイロぎっしりたくさん詰まったドレスがお好き!』

なんて無理やり変な覚え方をしてますw。

まとめ

ハルジオンとヒメジョオンを見分けるポイントは

  • 開花時期
  • 花びら
  • 茎の中身

の3点。

なかでも一番はちょっと乱暴だけど茎の中身チェック!が確実です。

どちらも、家の庭や路地裏などどこでもたくましく咲いているので、容易に見つけることができます。

一緒にいるお子さんや大切な人と、どちらかを当てるクイズをしてコミュニケーションするのも楽しいですね。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます