ピーナッツ(落花生)で鼻血・腹痛は迷信?因果関係や太る原因も!

シェアする

スポンサーリンク

ピーナッツ 落花生 鼻血

ピーナッツは漢名で「落花生」。

柿ピーや茹でピーナッツとしてもお馴染みのマメ科の植物です。

ついつい美味しくてポリポリ食べ過ぎてしまいますが…。

調べてみるとかなり高カロリー・高脂肪な食べ物。

一日の適量摂取量や、食べ過ぎで引き起こす体への影響など調べてみました。

スポンサーリンク

ピーナッツと落花生の違い

まず、みなさんはピーナッツと落花生の違いはご存知ですか?

いざ聞かれると「…??」ちょっとハッキリしないことも。

じつはピーナッツと落花生は、

同じ植物ではありますが、細かく表現すると違うものでもあります。

ピーナッツと落花生の違いは「状態」だけ!

一言でそれぞれの違いを表現すると、

『落花生』は、殻付きのままの状態

『ピーナッツ』は落花生の殻が無い状態

を言います。

落花生 ピーナッツ

私は「あぁなんだそれだけのことか」と、今さら再確認してしまいました(笑)

カシューナッツやくるみなど

『ナッツ(NUTS)』

は殻が無い姿のイメージがありますから、落花生とピーナッツも殻の有無で言い分けられるのも納得です。

ピーナッツの食べ過ぎで起こる症状

ピーナッツに限らず、なんでも食べ過ぎは良くありませんね。

とくに秋の味覚ぎんなんは、命の危険さえ伴うこともあります。

・銀杏には致死量がある!知らないと恐ろしい秋の美味しい味覚

では、ピーナッツの場合はどうなのでしょうか。

鼻血が出る

「ピーナッツ食べ過ぎたら鼻血が出るから食べ過ぎちゃダメ」

と子供のころ言われた記憶があるという方は多いようです。

実際のところ

医学的な根拠は無し。ただしピーナッツの豊富な栄養が、鼻血が出やすい環境をつくり出すのは事実

というのが正解です。

実際にこのような記述がされているのを見つけました。

チョコレートにも(人間の神経を興奮させる働きがある)カフェインが入っているので、たくさん食べると同じように体が興奮してきます。体の中で血の巡りがよくなることで、細い血管に一度にたくさんの血が流れようとします。チョコレートに限らずピーナッツやニンニク・クルミなども食べ過ぎると同じような状態になるのであまり食べ過ぎないようにしましょう

学研キッズネットどうしてチョコで鼻血がでる?“より一部転記

[チョコの食べ過ぎで鼻血が出るのはウソ・本当?]でも紹介しましたが、鼻の中にある血管は

  • 細く繊細で破れやすい
  • 血管の表明が外部にさらされている
  • わずかな外傷や刺激に弱い

という条件がそろっています。

とくに子供は無意識に鼻をほじったりするクセもある事が多いので、刺激が強く、カロリーの高いものの食べ過ぎには注意が必要です。

ピーナッツは太る・腹痛も?

大人に多く聞かれる“ピーナッツの食べ過ぎで腹痛“という症状。

脂質・食物繊維が豊富なピーナッツは、食べ過ぎで消化不良を起こす可能性もあります。

ピーナッツの栄養・カロリー・一日何個まで?

ピーナツの成分は、約50%が良質な脂質(油)であるオレイン酸です。

一粒約1グラム、手のひら(片手)分一杯、たった100gのピーナツを食べるだけで、

約580キロカロリー・約7.2gの食物繊維を摂取することに。

柿ピー ピーナッツ

これは、おにぎりの約3個分にも相当し、食べ過ぎると肥満の原因に、そしてお腹がゆるくなるのは明らかですね。

一般成人では、1日約30g(30粒)程度が適当とされています。

ピーナッツはアレルギーにも要注意

ピーナッツでむしろ気をつけたいのは、食物アレルギー(フードアレルギー)です。

米国ではピーナッツ(落花生)は、鶏卵、牛乳と並ぶ3大アレルゲンのひとつとされていて、日本でも年々増加傾向にあるとのこと。

症状は

  • 腹痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 唇の腫れ

など人によってさまざまですが、微量でも人によっては急性のアナフィラキシーを引き起こしやすいとされているので、注意が必要です。

ピーナッツ ナッツ類 

ある調査では、ピーナッツアレルギーの4人に1人は、他のナッツ類にもアレルギー反応(交差反応)を示すと言われています。

ナッツ類は

  • くるみ
  • アーモンド
  • マカデミアナッツ
  • カシューナッツ
  • ピスタチオ

など種類がたくさんありますので、ピーナッツでアレルギー反応を起こしたことがある人は注意が必要です。

そもそも鼻血が出る原因は?

ピーナッツやチョコレートが直接鼻血が出る原因ではないというのは分かりましたが、そもそもなぜ鼻血はでてしまうのでしょうか?

鼻血のほとんどは、鼻の入口付近

『キーゼルバッハ部位(Kiesselbach’s area)』

と医学的に呼ばれる場所から出血します。(ドイツの耳鼻科医の名前が由来)

これは先ほどもお話ししたように、

  • 細く繊細で破れやすい
  • 血管の表明が外部にさらされている
  • わずかな外傷や刺激に弱い

など、鼻の中は鼻血が出やすくなる条件が整っているからです。

ウイルスやほこりもたまりやすい場所ですから、アレルギー性鼻炎や風邪を引いて鼻をかむなど、ちょっとしたことで鼻の粘膜は傷がついてしまい鼻血がでやすくなります。

子どもの場合は、何もしていないのに鼻血が出たように思えても、

ほとんどの場合、寝ている間や何か夢中になっている間に鼻をほじることが原因だそうです。

ただ、子どもも大人も、

「繰り返し鼻血が出る、なかなか鼻血が止まらない」

という状態であれば鼻の奥の血管が傷ついていたり、他の疾患が隠れている場合もありますので、早めに耳鼻咽喉科で受診をおすすめします。

チョコで鼻血は嘘本当?原因や因果関係・メカニズムや理由は?
「興奮しすぎると鼻血が出やすい」 「チョコレートやピーナッツを食べ過ぎると鼻血が出るよ!」 と、聞いたり言われたことはあ...

まとめ

高カロリー・高脂肪・食物繊維が豊富で美味しいピーナッツ。

ピーナッツ自体が直接鼻血が出る原因にはなりませんが、食べ過ぎることで血の循環が良くなりすぎるため、普段から鼻の粘膜が弱くなっている人は気をつけましょう。

ついついおつまみ用にピーナツを袋入りで大量に買ってしまいますが、一日の適量摂取量は手の平(片手)半分ほどが目安です。

おつまみの食べ過ぎといえば銀杏も要注意!こちらは毎年食べ過ぎることで中毒症状の報告があります。

ぜひ一緒にチェックしてくださいね↓

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます