冠水・浸水・洪水・氾濫の意味や違い!国土交通省や気象庁はどう表現してる?

シェアする

スポンサーリンク

冠水 浸水

「道路冠水」「河川氾濫」「床下浸水」など、台風やゲリラ豪雨があるたびに良く聞かれる水害についての言葉。

みなさんは違いはご存知でしょうか。

私は改めて違いを聞かれると[?]となってしまったので、早速意味や違いを調べてみました!

スポンサーリンク

言葉の意味や違い

よく混同されがちなのが、

  • 「冠水」と「浸水」
  • 「洪水」と「氾濫」

ではないでしょうか。

こういったニュースで使われている予報の言葉は、

正式には「予報用語」と言って気象庁が定義付けをしています。

関連 スーパー猛暑・猛暑日の定義は何度以上なの?

関連 明け方・未明の違い

予報用語で表現してみる

(気象庁HP「洪水に関する用語」カテゴリーより)

冠水 農地や作物、道路が水をかぶること
浸水 ものが水にひたったり、水が入りこむこと。(用例) 床下浸水,低地の浸水
洪水 河川の水位や流量が異常に増大することにより、平常の河道から河川敷内に水があふれること、及び、堤防等から河川敷の外側に水があふれること
氾濫 河川の水がいっぱいになってあふれ出ること

となっていました。

冠水と浸水の違い

これを踏まえると、

冠水は、田畑や道路が水でいっぱいになって水に覆われている様子、

浸水は、建物などの中に水が「入り込む」という様子、

であることから、浸かるものの対象で使い方が分けられているようですね。

洪水と氾濫の違い

どちらも河川についての水のあふれ出す状況を表現しているようですね。

でもいまいち違いにピンと来ません。そこで、国土交通省地方整備局のHPを調べるとこのように表現されていました。

洪水 大雨や雪どけなどによって河川流量が普段より増大したり、氾濫すること
氾濫 河川などの水があふれ広がること。

どちらも、自然災害など何らかの要因で水が河川から溢れること、洪水は、氾濫の状態が広がって洪水になるので

氾濫≦洪水

といったところでしょうか。

水没の意味は

「水没」という表現も洪水などと混同しそうですが、先ほどご紹介した気象庁が定義している「予報用語」リストをみると

「水没」という表現自体が気象用語にありませんでした。

よく「携帯がトイレに水没して壊れた!」などは使いますが、確かに天気予報では聞いたことが無かったかもしれません。

ちなみに水没の意味は

すいぼつ【水没】地上にあった物が水に沈んで隠れてしまうこと。

「ダムの底に-した村」など-Weblio辞書-

とありました。

なるほど~!水没とは規模が大きすぎて、冠水などの被害の大きさとは比べられないということですね(携帯も水没すれば、修復不可能なイメージがあります汗)

つまり、道路が水浸しになる様子は、

× 道路水没

道路冠水

が正しい表現ということですね。

まとめ

水害についての、気象用語について調べてみました。

水につかる対象物や被害規模の大きさで、呼び方が少しずつ異なるのは面白いですね。

台風やゲリラ豪雨の度に話題になるこれらの言葉。

被害に遭ってしまうのは突然なことも多いです。万一の際、慌てることの無いように、

  • 身の回りの避難場所を確認しておく
  • 防災グッズを常備
  • 天気予報は定期的にチェック

など日ごろから防災対策を心がけるようにしたいですね。

ライターからお礼とお願い

今日も読んでいただきありがとうございました(≧▽≦)

記事が面白い!役に立った!と感じてもらえましたら
下のボタンからSNSでシェアをお願いします。
うれしくて明日の更新のチカラになります。

気象のおすすめ関連記事

スーパー猛暑・猛暑日の違いと熱中症対策!

渇いた空気・湿った空気の違いは?

平年並み・例年並みの定義とは

【まとめ】ぜったい熱中症にならないための豆知識

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます