養生のヒント『年齢編』子ども~老年期ごとに取り入れたい食材

シェアする

スポンサーリンク

いつかはやってくるカラダの曲がり角。。特に女性はお肌!(泣)

ついつい疎かになりがちですよね。

漢方では人の一生を、女性は7年周期(7.14.21歳・・)男性は8年周期(8.16.24歳・・)の

節目ごとに体の転機が訪れると考えます。

その年齢を基準に体調に変化がみられるため、心や体の状態や、生活の見直しを意識してみる

のは本当に大切です。

漢方で定義されていない“老齢期”は緩やかに各機能が低下していくと考えます。

スポンサーリンク

子ども時代

子ども時代(男性は8歳16歳、女性は7歳14歳ころまで)は、

成長過程のため内臓がまだ弱い状態です。

消化吸収力を高めるために、五臓の【脾】を中心に養うことが大切です。

青年期

青年期(男性は32歳、女性は28歳ころまで)は心も体も成熟し

身体・生殖機能が最も強い時期です。

偏食など不規則な生活をしたとしても若さと気力体力で乗り越えられます。

しかし無理をしすぎると五臓のバランスが狂い逆に年を重ねてから体調を崩したり

大病につながることがあるので注意が必要です。

中年期

中年期(男性は48歳、女性は42歳ころまで)に入ると、心や体の成熟とともに

緩やかに衰えを実感しだす時期です。(老眼とか、白髪とか、、う~ヤダヤダ)

いちばん働き盛りの時期であり、子育てや仕事、介護などに追われて

忙しくストレスの多い毎日を過ごす人も多いと思います。

ストレスは五臓の【肝】のトラブルを招きます。

老年期

老年期(男性は64歳、女性は閉経以降)は、緩やかに老化を感じつつ

心身の調和を目指す時期です。毎日のくらしの中で、生命エネルギーである【気】を補い

五臓の【腎】の働きを養うように意識することが大切です。

腎を補うためには、消化吸収し、全身に栄養を送って体力をつけるための

【脾】の動きも同時に重要になります。

脾を養うためにとりいれたいもの

黄色の食材(米、大豆、かぼちゃ)

甘味を適度に(トウモロコシ、さつまいもなど)

元気を補う食材(りんご、にんじん、しいたけなど)

※消化によいものをよく噛んで

肝を養うためにとりいれたいもの

緑の濃い食材(ほうれんそう、こまつななど)

酸味を適度に(柑橘類、キウイ、お酢など)

赤・黒食材(レーズン、ひじき、レバーなど)

※香味野菜など香りのよいものをバランスよく

腎を養うためにとりいれたいもの

黒い食材(小豆、ひじき、昆布など)

鹹味(塩味)を適度に(わかめ、かになど)

元気を補う食材(やまのいも、くるみなど)

※食が細くなってきても、少量ずつ種類を多く少しずつを心がける

「成長」と「衰退」は、人によって持って生まれたエネルギー【先天の気】に加えて、

食べ物や生活環境で育まれる【後天的の気】の質で大きな差があらわれることは

言うまでもありません。

食材は、生命力がいちばんあふれた旬のものを食べ

心も体もいつもまでも若々しくありたいですね。

スポンサーリンク&関連コンテンツ
スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます